2021.12.27

デジタルファッションの土壌をつくる プラットフォーム:DRESSX

DressX(ドレス・エックス)は、米ロサンゼルスを拠点とするデジタルファッションストアであり、現在デジタル・オンリーの衣服、NFTファッションアイテム、ARルックを取り扱うメタクローゼットを展開している。これまでコンテンツ制作やオンライン会議などで数回着用され返品・廃棄されていた衣服の代替としてのデジタルファッションを提案する。当プラットフォームサービスは、ユーザーが着たいデジタル衣服を選択・購入し、写真を提出すると24時間以内に新しいメタルックを入手できる仕組みだ。2021年8月からはiOSに対応したアプリの提供を開始、アプリ上ではARルックの試着が可能になっている。11月にはFAST COMPANY主催の各業界の期待値の高い新しいテクノロジーの選出プログラム「NEXT BIG THINGS IN TECH 2021」にノミネートされ、世界中から期待の目が向けられている。今回創業者のDaria Shapovalova(ダリア・シャポバロワ)とNatalia Modenova(ナタリア・モデノヴァ)にインタビューを行った。

ファッションのワクワク感を維持するために

画像: 左から:共同創業者のDaria Shapovalova(ダリア・シャポバロワ)と Natalia Modenova(ナタリア・モデノヴァ)、DRESSX着用
左から:共同創業者のDaria Shapovalova(ダリア・シャポバロワ)と Natalia Modenova(ナタリア・モデノヴァ)、DRESSX着用
DressXを創業したきっかけについて教えてください。
ダリア:

私たちは伝統的なファッション業界で15年過ごした後、より持続可能で手ごろな価格のデジタルな未来への大幅なシフトに貢献したいと思うようになりました。ファッション業界が世界最大の汚染源のひとつと考えられていることは、もはや隠せてはいません。繊維や衣服の生産と流通はすべて、水質汚染、大気汚染、土壌汚染といった環境汚染の原因となっており、さらにファッションアイテムの過剰生産と過剰消費は、汚染を生み出す主な要因です。バークレイズ銀行の調査によると、一部の先進国では、9%の顧客がソーシャルメディア用の写真を撮る用途のためだけに新しい服を購入し、写真を撮った後に返品するという結果が出ています。そこで私たちは、フィジカルなファッションが生み出す美しさや興奮を維持しつつ、その生産量の削減やより倫理的な生産、あるいはまったく生産しないという方法もあるべきだと考えたのです。

ナタリア:

さらに独自の調査を実施した結果、デジタルウェアの生産はフィジカルウェアと比べて、CO2の排出量が97%少ないことがわかりました。また、私たちのチームが日常的に飲んでいる水以外に、デジタル製品の生産には水が必要ありません。したがってデジタル製品の生産では、平均して1つの製品につき3300リットルの水を節約できるのです。 これは、1人の人間が1日2リットルの水を3年半飲むのと同量です。

物理的な衣服のわずか1%をデジタルウェアに置き換えることは、5兆リットルの水の節約と、ファッション業界の年間二酸化炭素排出量を 3,500万トンの削減に貢献できるのです。 これは2017年のデンマークの二酸化炭素総排出量に相当する規模です。
想像してみてください。これらのことは、私たちのワードローブの1%をデジタルに切り替えるだけで実現できるのです!これは誰にでもできる地球への貢献であるだけでなく、ファッションを楽しいものとして維持しながら新しい服を買うワクワク感を味わえ、素晴らしいファッションコンテンツの作成を行いながら実現できることなのです。

画像: null
立ち上がり時期から、どのような心境の変化がありましたか?
ナタリア:

DRESSXは2020年8月1日にスタートしましたが、それ以来、デジタルファッションの盛り上がりを間近でで観察することができました。最初は、デジタルファッションはまったく現実味がないと認識されていましたが、DRESSXは市場で最大のデジタル専用ファッション小売店としての地位を築けたと感じています。ますます多くの新しいお客様が、初めてのデジタルガーメントをDRESSXで試してくれており、さらに彼らが2回目、3回目と購入を繰り返してくれていることは、私たちのデジタル製品が彼らのニーズに応えられていることを証明してくれているように思っています。

これまでに有名ブランドのデジタルコレクションを発表されてきましたが、どのような反響がありましたか?
ナタリア:

私たちは、デジタルファッション領域で拡大・成長することを目指しています。そのため、ファッション業界の人気のブランドから多くの関心を寄せられたことは、とても幸運だと感じています。 最近、DRESSXはFARFETCHとデジタルファッションのパートナーシップを立ち上げ、バーバリー、ドルチェ&ガッバーナ、パームエンジェル、バレンシアガ、ナヌーシュカなどのデジタルインフルエンサーキャンペーンを実施しました。

そしてGoogleと共に、彼らの新製品Google Pixel 6の発売サポートの一環として、DRESSXのウェブサイトですぐ入手できるMaterial Youデジタルコレクションを作成しました。他にも、Vogue Czechoslovakiaの表紙を飾ったMaye Muskの着用ドレスや、 Vogue Singaporeの表紙を飾ったBalenciagaとMiss Soheeのクチュールドレスをデジタル化し、誰でも無料でARの試着を試すことができ、表紙を飾るようなスターの気分を味わえる仕組みを試しました。

DRESSX x FARFETCH キャンペーン
ダリア:

伝統的なファッションブランドをバーチャル空間に誘導する点において、多くの前向きなフィードバックを得ています。当然ながら、物理的には購入できない、もしくは購入する勇気のない製品をデジタル上で試着できるのは、とてもエキサイティングです。私たちはDRESSXプラットフォームを開始したその日から、伝統的なファッションのクリエーターたちと協力してきました。そして通常1000〜2000ドルの価格で販売されている実際の衣服をデジタルフォーマットにし、50ドル以下でリリースしてきました。

伝統的なファッションブランドは新しいアプローチを導入することに消極的な傾向がありますが、これまでの活動を通じて、私たちは既存のファッションハウスにとって、デジタルファッションへの挑戦がインフルエンサーマーケティングキャンペーンの最適化からデジタルガーメントの収益の創出まで、多くの数々の事例や市場機会があることを証明してきました。

デジタルファッションの可能性

現在、DRESSXで人気の商品はありますか?
ダリア:

DRESSXで最高のパフォーマンスを発揮している服は、いくつかのカテゴリーがあります。まず、シンプルな「エブリディ」メタルックです。たとえばデジタルTシャツやスウェットシャツなど、自社のアートコレクションから出しているものです。他にはバーチャル世界外では存在しえない、ハイファッションのデジタルクチュールが挙げられます。

ルックを試す方や昔の写真にデジタル・クロージングを利用する人もいれば、憧れに近づくために利用している人もいます。明るい色の服を着てみたり、スタイルをガラリと変えたり、ハイファッションで自分を表現してみたり...。デジタルファッションは限界がないからこそ、自分自身や自分の個性を探求するための安全かつ簡単な素晴らしいツールだと言えるでしょう。

画像: DRESSXのシグネチャーARバケットハット
DRESSXのシグネチャーARバケットハット
現在のDressXのファングループはどういった人が多いのでしょう?
ナタリア:

DRESSXではオーディエンスを限定していません。そのため、7歳から70歳までの世界中のお客様にご利用いただいています。しかし特にソーシャルメディアに多くの時間を費やすミレニアル世代やZ世代から需要が高いため、主なユーザーの年齢層は18~24歳と25~34歳となっています。

ダリア:

彼らは主にInstagramやTikTok、Twitterなどのコンテンツプラットフォームから来ています。そしてゲームやビデオ通話、XR(拡張現実・仮想現実)などの新しい領域からの声も拡大しています。 メタファッションは完全に物理的な衣服に取って代わるわけではありませんが、近い将来、より多くの社会的な場面で着用・贈与・取引が可能になり、ファッション・メタバースの不可欠な要素になっていくでしょう。

画像: マーク・ザッカーバーグ氏のアバターがDRESSXを試している様子
マーク・ザッカーバーグ氏のアバターがDRESSXを試している様子
サイトに参加しているブランドには、どのようなサービスを提供していますか
ダリア:

DRESSXは、ユーザーが私たちのプラットフォーム上で服を購入してソーシャルメディアに投稿する、D2Cの手法を導入することでスタートしました。なぜなら私たちはこの分野の最初のプレーヤーであり、デジタルファッションの市場を根本的に創造する必要があったからです。ですが、初期の段階から、B2B領域でも多くのサービスを提供してきました。

現在のDRESSXは、ブランドやデザイナーにとってデジタルコレクションをデザインしたり、既存のコレクションをデジタル化したりする場になっており、さらにデジタルネイティブな3Dデザイナーに収益源を提供するプラットフォームとなっています。また私たちのサービスを通じて、ブランドは自分のブランドのインフルエンサーにデジタルな衣服を提供可能となります。これにより、シーズンごとのインフルエンサーギフティングやキャンペーンのコストを60%以上削減できるだけでなく、物理的な衣服の生産から配送に関連する環境負荷を削減することも可能となります。このように、ブランドの顧客のためのデジタル試着、デジタル製品の作成や、マーケティング目的のデジタルファッションなど、伝統的なブランドにとってもデジタルファッションの可能性は無限にあると言えます。

現在のシステムでは、お客様は静止画に商品をバーチャルに合わせることができますが、将来的には他のフォーマットのデータを入手できるようになるのでしょうか?
ナタリア:

顧客の写真にデジタルに3Dファッションを着せるという事例から始めましたが、現在では写真やビデオに即座に試着できるAR試着を提供しており、さらに出来上がったデータはDRESSXアプリから簡単に主要なソーシャルメディアプラットフォーム上で共有できるようになっています。またDRESSXのメタファッションは、例えばDecentralandにある私たちのフラッグシップストアや、アクセンチュアとマイクロソフトがAltspaceVRプラットフォーム上に作成したバーチャルリアリティショールームのように、バーチャル専用の環境でアバターに着せることもできます。将来的には、メタファッションのさらなる使用例を紹介する予定です。そのひとつが、ビデオ通話中に3Dアイテムをリアルタイムで着用することです。すでにチーム内でこの機能をテストしていますが、つい先日、Yahoo!Financeとのインタビュー中にこの機能を披露しました。DRESSXは、ARウェアラブルNFTをテレビの生放送で提供する史上初のプラットフォームとなり、再び業界全体の標準を押し上げました。

DRESSXアプリでのARルック

物理的な衣服の生産量の1%を代替へ

現在のデジタルファッションの動向をどう見ていますか?
ダリア:

私たちが考えるに、デジタルウェアはミレニアル世代やZ世代が切望しているものだと言えます。持続可能な活動を支援しながら、イノベーションを通じて未来に近づくことができるためです。さらに、自己表現の欲求、新しさやユニークさをあきらめることなく、好きなだけショッピングを楽しむことができるという利点もあります。現在のデジタルファッション業界は、そのファンベースを急速に拡大しています。私たちも多様なバックグラウンドを持つ人々から毎日たくさんの連絡をもらっており、3Dファッションはすべてのクリエイターにユニークな機会を豊富にもたらしていると言えるでしょう。

画像: Daria Shapovalova(ダリア・シャポバロワ)氏、Auroboros試着の様子
Daria Shapovalova(ダリア・シャポバロワ)氏、Auroboros試着の様子
計画されているNFTマーケットプレイスの立ち上げについてお教えください。
ナタリア:

現在、デジタルファッションはブロックチェーンコミュニティから注目を集めています。その理由は、デジタルアートやNFT分野での成功例があるため、人々がデジタル資産の価値を見出し始めているためです。ハイファッションではトレーサビリティや原産地がますます重視されてきているため、デジタルファッションにおいてNFTやブロックチェーンを導入することは、間違いなくその製品の付加価値を高めることができます。

そこでDRESSXは2022年初頭に、独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げ、デジタルファッション資産にさらなる有用性をもたらしていきたいと考えています。これはDRESSXアプリ上で、所有者に限りARで写真や動画にファッションNFTの着用が可能になることを意味しています。

DRESSXの構想するメタファッションについて教えてください。
ダリア:

私たちは、デジタルファッションが完全に物理的な衣服に取って代わることがないことを理解したうえで、少なくとも、現在の状況下では、メタファッションがファッション業界の未来を決定づけると言い続けてきました。物理的な生活がある以上、物理的な衣服も必要になり続けるでしょう。そのため私たちは、毎年1,500億点の衣服が生産されていると言わているなかで、少なくともその1%をデジタルの代替品に置き換えることを目標としています。該当する使用ケースには、通話やオンライン会議といったオンライン・プレゼンスを高める場合や、コンテンツ制作などの限定した利用があります。

ナタリア:

将来的には、ラグジュアリーブランド、オートクチュールブランド、ストリートウェアブランドなど、すべてのファッションブランドがデジタルファッションラインを持つようになると考えています。ラグジュアリーブランドが香水やアクセサリーのラインをを持っているのと同じことです。物理的なアイテムとは異なる価格帯でありながら高い精度を誇るデジタルファッションは、環境への負荷を軽減しながら、顧客がハイファッションの世界に足を踏み入れ、買い物をする新しい方法となると同時に、デザイナーの作品をデジタルで身につけることで、これまでと同様のファッションへの興奮も感じることができるでしょう。DRESSXアプリのリリースにより、デジタルコンテンツの制作はより簡単に、より早く、より楽しく、より直感的になっていきます。私たちのチームは、すべての体験を完全にシームレスにするために、常に改善を続けています。

今後についてお聞かせください。
画像: 左から:共同創業者のDaria Shapovalova(ダリア・シャポバロワ)と Natalia Modenova(ナタリア・モデノヴァ)、DRESSX着用
左から:共同創業者のDaria Shapovalova(ダリア・シャポバロワ)と Natalia Modenova(ナタリア・モデノヴァ)、DRESSX着用
ダリア:

直近では、DRESSXのイベントや発表会が目白押しです。主要なファッションイベントに参加したり、より有名な伝統的ブランドや大きなステークホルダーと提携したり、より多くの自社製3Dファッションコレクションを発表したり、DRESSXアプリの新機能を発表したり、可能な(そしてまだ不可能な)あらゆる方向からメタバースを探索していきます。

私たちはDRESSXをメタクローゼットとして捉えています。つまり、消費者、デジタル及び伝統的なファッションブランドがメタバースに参入するための究極の目的地です。バーチャルな服を販売するだけでなく、物理的なコレクションのデジタル化、ゼロからのデジタル衣服の作成に始まり、ファッションNFTに新たな実用性のレイヤーを加え、DRESSXのアプリを通じてコレクターが拡張現実でそれらを着用することを可能にしたりと、あらゆるサービスを提供していく予定です。

ナタリア:

私たちの大きな目標は、世界中のすべての人たちに、創造的に自己表現をするための境界線のないデジタル・クローゼットを提供することです。3Dアーティストやファッションデザイナーなどのクリエイターも同様で、私たちは才能ある人たちに力を与え、彼らが創造し、プロとして成長するための安全な場所を提供したいと思っています。メタファッションは、ファッション業界が次のレベルに到達し、新しい機会を開き、新しい市場を創造し、デジタル・クリエーター・エコノミーに統合するための素晴らしい機会を生み出していくと考えています。

DRESSXは、デジタル・オンリーの衣服・NFTファッションアイテム・ARルックのメタクローゼットです。
DRESSXは2020年7月にDaria ShapovalovaとNatalia Modenovaによって立ち上げられた、史上初の二酸化炭素と製造時の化学物質の廃棄量がゼロの、デジタルガーメントのプラットフォームです。DRESSXでは、伝統的なファッションデザイナーや3Dファッションデザイナーと協力し、従来のファッションに代わる持続可能かつ楽しい選択肢を提供しています。そしてコンテンツ制作時に使用するような限定的に利用されてきた物理的な衣服の代わりとして、様々なデジタルプラットフォームで、写真やビデオで、デジタル衣服の着用を可能にします。 DRESSXは、最終消費者のファッションをより民主化するために、すべてのクライアントに、着たいと思っていた衣服をデジタルで着用する機会を提供し、さらにソーシャルメディアやその他のフォロワーからすぐに反応を受けることができるようにするものです。DRESSXは立ち上げ以来、150人以上のデザイナーが参加し、何千ものアイテムがデジタル化され、さらにそれらをウェブサイト上で購入できる、デジタルファッションの最大のプラットフォームとなりました。2021年8月、DRESSXはApp Storeで初のアプリを発表し、新しい衣装によるコンテンツ制作がさらに容易になりました。デジタルルックは、リアルタイムの動画や写真に拡張現実(AR)で利用が可能です。 DRESSXのデジタルファッションは、Vogue Singapore、Vogue Business、WWD、HighSnobiety、Forbes、Financial Timesなどの有名メディアで取り上げられ、L'Officiel Vietnam、L'Officiel Ukraine、Glamour Hungaryの印刷号で表紙を飾りました。

Text by Hanako Hirata 

#Augmented Reality
LINEでシェアする