2022.07.22

「浸透スピードの速さは国内ニーズの高さ」fermataが語るフェムテック市場

アジア・日本のフェムテック市場を牽引しているfermata(フェルマータ)株式会社。2019年の創業以来、「あなたのタブーがワクワクに変わる日まで」をビジョンに掲げ、未だタブー視される傾向にある女性のウェルネス課題を解決・支援する事業を行っている。

“フェムテック”は近年ますます浸透しており、商品をさまざまなショップで見かけたり、イベントなどをはじめとした企業の取り組みなども増えてきた。そんなフェムテックが日本に上陸してから現在に至るまで、どのような過程があったのか。同社のCOOである近藤 佳奈さんに話を伺った。

PROFILE|プロフィール
近藤 佳奈(こんどう・かな)

1989年生まれ。神戸大学卒。ピクシブ株式会社で新規事業立ち上げ、企画営業、サービスディレクションを担当後、2015年から株式会社ディー・エヌ・エーへ。動画配信サービス「SHOWROOM」チームにDeNAグループからのスピンオフを経て約4年半在籍。マネージャーとしてビジネスおよびプロダクト開発を担当した。2019年12月、fermataに参画。事業戦略、マーケティング、営業等を統括する。

フェムテックの浸透スピードはトップクラス

まず、fermata様で展開されているサービスの概要を教えてください。

fermata は、B2C向けにECサービスやイベントの展開、B2B向けにフェムテック市場への参入に関するコンサルティング等の事業を展開しています。欧米のスタートアップ業界で話題となっていたフェムテック市場を日本・アジアにも創出しようと、2019年10月に創業しました。まず何から取り掛かろうか考えた時に、女性の心身にまつわるモヤモヤは全く言語化されていないということに気が付きました。

たとえば生理中のムレが気になったとしても、仕方がないと我慢して過ごしている方がほとんどだったと思います。課題が言語化されていなければ、企業もその課題に対する商品を作ろうという発想に至りませんし、国も動きません。

しかし、ニーズがあると分かれば企業が動き、国も制度を整えていきます。そこで、まずは日本とアジアにフェムテックという市場を作っていこうという考え方に辿り着いたのが創業時のことでした。そこから市場を作るために、消費者に対して啓蒙を行ったり直接物を届けたり、企業に対してコンサルテーションやイベントを行ったりしました。必要だと思うことを1つずつやっていった結果、現在に至ります。

今ではフェムテックは日本国内でかなり浸透してきていますよね。

「日本は遅れているのか」と聞かれることも多いですが、たとえば国が動き出したり、大企業が参入するスピードをみても、日本は相当早かったと思います。元々フェムテックという言葉はスタートアップ企業が投資家に対して使っていたので、特に欧米だと一般の人はあまり知らないですし、日本のようにスタートアップ界隈じゃない企業が、フェムテックという言葉を知っているのは珍しいケースかと思います。

浸透スピードの速さは、日本国内のニーズの高さを表しているのでしょうか。

そうだと思います。あと、いろんな方が関心を向けてくれたので「こんなのあるんだ」と気づいてくれる消費者が増えていったのかなと。私たちが行っている大型イベント「Femtech fes!」もB2C向けにやっているイベントなので、そういった活動から消費者が話題にし始め、企業も動かなきゃという流れになっていったんだと思います。

また、フェムテックという言葉がさまざまなシーンで使われているのも日本の特徴です。日常生活においても浸透してきていますし、日本の大企業では新しい開発資金や新規プロジェクトの立案などの際に使う言葉としても役立っているそうで、色々なカウンターパートが一丸となって市場を盛り上げているのはいいことだと思います。

ショールーム目的の店舗展開

フェムテック商品をどのように流通させているのでしょうか?

誰も見たことない商品なので、手に取れる場は意識的に作るようにしています。既存のECのメソッドを使えば売れるというものではないので、何を書けばユーザーの不安を乗り越えられるかどうかや、法的に問題がない表現かどうかなどはとても気をつけています。EC事業も展開しながら、フェムテック商品を直接手にとって購入できる全国のショップやサロン、クリニックに置いてもらっているんです。実際に訪れた方が「この商品はこんな硬さなんだ」「これだったら私も使えるかもしれない」と、商品を触ってみて初めて購入を考えたり、商品について店員さんに話を聞くこともできます。

実はfermataが取り扱う商品を置いている店舗は、すべて担当者さんから「うちの店舗に置きたい」と連絡をいただき取り扱っていただいています。「いいものだからみんなに広めたい」と少しでもいいから置きたい、という気持ちをもった方たちが各お店にいます。一方で、まだ興味を持っていない人たちに良さを伝えることも私たちの仕事なので、そのような取り組みは今後も積極的にやっていきたいと考えています。

扱っている商品自体の選定はどうされているのでしょうか?

私たちfermataのメンバーが使ってみて、これはおすすめしたいと思った商品を取り入れることが前提にあります。もちろん品質の精査や使用に伴う試験もパスしていますが、今の市場に出して、インパクトがあり、多くの人が使ってみたいと思えて、かつローンチまでに時間がかかりすぎないことも重要です。

画像: null

吸水ショーツの発売からスタートしたのは、この条件をクリアしていたからです。そもそも最初に発売する商品は、より多くの方に自分ごととして感じてもらえる生理にまつわるものにしようと考え、月経カップも合わせて検討しました。ただ月経カップは、膣の中にものを入れる行為がタンポン使用率から見ても日本人にとっては少しハードルが高いという懸念がありました。なので、履くだけで使用できる吸水ショーツがいいと考えました。

最近の人気商品はどのようなものになりますか?

吸水ショーツは2〜3年前に販売し始めたときより使う人が増えていっている印象があります。さらに、吸水ショーツを使った人が、次に月経カップを使い始めている傾向があるというのが、売上数で見ていて感じています。この2つは人気商品ですね。新しい選択肢を知ったら、次の新しいものを取り入れていこうという消費者の気持ちが見てとれます。

あとは、継続的に売れているのが妊活をサポートする商品です。こちらはオランダで生まれた「ファーティリリー カップ」というアイテムで、性交渉後に精子の流出を防ぐ小さい月経カップのようなものになります。一般的に妊活というと、食事改善などの初期段階から本格的な不妊治療の間に取れる選択肢が少ないことが気持ちやお金の面でも負担となってしまう、という課題が日本に限らず海外にも存在しています。そんななかオランダの医療機器の開発者が、自分のパートナーとの子供ができなくて悩んでいた経験を活かして、この商品をつくりました。これはfermataが日本で初めて医療機器として承認をとり、販売した商品でもあるんです。

画像: null

拡大していく更年期市場

今後フェムテック市場はどのように変化するとお考えでしょうか?

今はターゲットも多い生理にまつわることが話題ですが、女性の管理職登用などの流れがあるなかで、次に大きなターゲットとなってくるのが更年期と言われています。本来は、女性の社会進出という名目がなくても取り組まれるべき課題ですが、やっと大きな山が動こうとしています。女性の管理職を増やせば増やすほど、管理職の世代の多くは更年期の世代なので、そこを無視できません。それを受けて国が更年期に関する調査を始めたり、いろんな日本の企業も更年期に対して自社の素材や技術を使いどうアプローチできるか、どう市場に価値を提供できるかと動き始めています。

最後に、展望についてもお聞かせください。

フェムテック商品や市場が消費者や社会にとって当たり前の存在となり、わざわざフェムテックという言葉を使わなくても、市場が健全に発展していくことを目標としています。そもそもフェムテックは生理用品市場、セクシャルウェルネス市場、妊活市場などを合わせた造語なので、概念にとらわれず、みんなのモヤモヤが解消される新しいものがどんどん出てくる状態にしていきたいですね。フェムテックという言葉を使わなくていいような状態にすることが、これからも私たちの仕事だと思っています。

LINEでシェアする