2022.12.27

アイスブレイカーの【メリノウール】が長年愛され続ける理由とは?

ニュージーランド産の高品質なメリノウール製品で有名な、アウトドアウェアブランド「アイスブレーカー」。過酷な状況下でのパフォーマンスが求められるアウトドア業界において、天然素材の製品を主力としている稀有な存在なだけあり、彼らの独自の取り組みには常に注目が集まっている。
 
2022年秋には、ブランド史上最も細くてソフトな15.5μm(マイクロメートル)[1]の“スーパーファインメリノ 300ウェイト”素材を使用した新作インナーも発売し、テックウェアというものは何も化学繊維のものだけを指すものではない、ということを改めて示してくれた。
 
今回は株式会社ゴールドウインのアイスブレーカー事業部マネージャー・幸村大悟さんにお話をうかがい、アイスブレーカーというブランドを掘り下げながら、あらためてメリノウールの魅力について教えていただいた。

アウトドア大国からやってきたアイスブレーカー

画像: null

日本と同様に海に囲まれ、起伏に富んだ雄大な大地を抱くニュージーランド。自然の宝庫として知られるこの国は、世界で愛されるアウトドアブランドをいくつも生み出し、世のアウトドア好きたちを魅了してきた。

「アイスブレーカー」もその数あるNZブランドのうちのひとつ。日本ではゴールドウインがディストリビューターを務めていることで、私たちも国内の至る所で商品を手に取ることができるわけだが、そもそもアイスブレーカーとはどんな背景を持つブランドなのか? 幸村さんに、まずはブランドの成り立ちについてうかがった。
 
「アイスブレーカーは1995年創業。グローバルで展開しているアウトドアブランドとしては、比較的新しいブランドだと言えます。
 
私たちの旗艦事業である『ザ・ノース・フェイス』はそれよりも倍近くの長い歴史を持ち、1960年代以降のバックパッキングブームで生まれたブランドです。特に1980年代から1990年代にかけてアウトドアのマーケットも成長してきたこともあり、常に繊維の開発によって高いパフォーマンスを求めて来ました。
 
その点アイスブレーカーは、最新の技術開発がアウトドア業界のベーシックであった時代に誕生した、自然素材を主としたブランド。そこに時代の差が現れているようで面白いですよね。

創業者であるジェレミームーンは、偶然メリノステーション(メリノウールの牧場)でメリノウールの魅力を知ることになり、日常からアウトドアまで快適な着心地を生む天然素材に将来性を感じてアウトドアウェアの事業を起こしたんです」
 
今では多くの人がメリノウールのインナーを着用しているが、当時は登山では化学繊維の速乾素材が最良の選択肢とされていたはず。それにも関わらず、メリノウールのインナーからスタートして世界で知られるブランドになったのは、先見の明がある、のひと言では片付けられないだろう。

メリノウールに見出した、自然由来のテクノロジー

画像: null

そもそも“メリノウール”とはメリノ種の羊から採取されるウールのことで、繊維が太くて重い普通のウールと比べて繊維が細く、軽量なのが特徴。そのため細い糸を紡ぐことができ、結果としてウールなのに素肌に着てもチクチクすることなくしなやかな生地に仕上げることができる。
 
「メリノウールの性能は、アウトドアはもちろん日常着としても魅力的です。熱伝導率が低くて吸湿性も高いので汗冷えしにくいという特性もあり、高温多湿な日本の夏でもドライな状態をキープしてくれます。さらに、吸着熱が快適なコンデションを整えてくれる性質があるので、寒い冬では逆に保温機能を発揮します。

また、抗菌性があって汗の臭いを防いでくれるという点や、長く着続けていても不快感が少なく、結果として荷物の量をコンパクトにできるというのもアウトドアウェアとしては大きなメリットになっています」
 
何種類もの異なる細胞から成るウールの構造は、いわば自然のナノテクノロジー。化学繊維では再現不可能という話を聞くと、神様が与えてくれたギフトなのかとも思えてくる。

自然環境を保ちながら、より良いものを

画像: null

アイスブレーカーは、2018年よりグローバルで展開する製品の脱プラスチック化を進めており、自然または植物由来の素材が占める割合が当初84%だったところを、2022年時点では95%までに引き上げることに成功。ますます天然素材での製品作りに舵を切っている。
 
では同ブランドはテキスタイルに進化を求めていないのかというと、むしろそれは逆で、強度などの理由でこれまで頼らざるを得なかった化学繊維の役割を、ニッティングや異なる素材などで代替するという技術向上を続けているという。
 
「ウールに関しても、より良い飼育環境作りにも力を注いで、さらに羊や環境にストレスをかけないプロセスから上質な原毛が取れるようにしています。

また従来通り寒暖差の激しいニュージーランドの高地で育まれたメリノ種羊の原毛を使用することは変わらないのですが、2022年7月からは全ての契約メリノステーションがZQRX認証[2]となり、品質とサスティナビリティに対する意識の統一がはかれるようになりました」

ブランド史上極細となる繊維を投入

こうした努力が幾重にも重なった成果として、この度も新しいプロダクトが生み出された。
 
「これまでアイスブレーカーで使われてきたメリノウールは、繊維の太さが約17〜19μmの極細のもの。これでも十分高級ニットの部類なのですが、今シーズンはさらなるパフォーマンスを求めるアウトドアユーザー向けに、新しいインナーを発表しました。

画像: M MERINO LS ROLL NECK(メンズ メリノ ロングスリーブ ロールネック)価格:30,800円(税込)
M MERINO LS ROLL NECK(メンズ メリノ ロングスリーブ ロールネック)価格:30,800円(税込)
画像: M MERINO LEGGINGS(メンズ メリノ レギンス)価格:27,500円(税込)
M MERINO LEGGINGS(メンズ メリノ レギンス)価格:27,500円(税込)

『メリノ ロングスリーブ ロールネック』『メリノ レギンス』は、“15.5μmのスーパーファインメリノの300ウェイト”を使用した、ハイエンドなアウトドア用インナー。スノーアクティビティにおける快適な温度調整を目的として開発したもので、従来モデル以上のシルキーな肌触りに仕上がりました。

暖かいのにしなやかで軽く、レイヤリングやパッキング面でのメリットがありながら、従来同等の高い機能性も備えています」
 
15.5μm細さの繊維は採れる量も少ない上、誰しもが必要なスペックではない。しかしこれらのハイエンドモデルを見るだけでも、アイスブレーカーが有する原毛や紡績技術のクオリティの高さをうかがい知ることができる。

自然のものを活用して、自然に適応する

アイスブレーカーのモノづくりを知れば、なぜ彼らが「すべては自然と人々との関係」という考え方を大切にしているかが理解できるはずだ。そして、何を選んで使うかという消費者の選択一つでさえ環境に対するアクションになり得るのだと、再認識させてくれる。
 
「アウトドアアクティビティを楽しむというのは、その環境あってのこと。アウトドア業界に携わる身として、私たちも自然環境が今以上壊れることのないようどのような観点で仕事をしなければならないか、アイスブレーカーの活動を見て考えさせられます。
 
モノを作って販売することが仕事である“メーカー”という立場ですが、我々ができることとして、お客様が使い古したものや素材の有効活用に取り組んでいるところです。

また最近のトピックで言えば、ゴールドウインではリペアプログラムのための工場も新設しました。アイスブレーカーの製品に関しても2022年からリペアが可能になり、小さい虫食いのような穴でも元通りの見た目に仕上げることができるようになりました」
 
長く使える製品作りからアフターケア、そして再利用までをも見据えた総合的なアプローチで、環境に対するインパクトを少なくしていく。彼らのテクノロジー開発は今の最上級を突き詰めているようでいて、常に未来に向けられているのだ。

[1]15.5μm=0.0155mm
[2]メリノ生産者が元来の自然環境を活用して、自然の再生原理に基づいた持続可能な環境を改善するためのプログラム。
 

PROFILE|プロフィール
幸村大悟(ゆきむら だいご)
幸村大悟(ゆきむら だいご)

株式会社ゴールドウイン
アイスブレーカー事業部マネージャー
2017年からアイスブレーカーを担当。ブランドの日本での展開に際して創業者のジェレミー・ムーンをはじめ、ニュージーランドの本社担当者との連携を進めてきた。
https://www.goldwin.co.jp/icebreaker/

Text by Noritatsu Nakazawa(ALTANA inc.)

LINEでシェアする