2022.01.12

Joyfaの高度なCG技術による、フォトリアルなデジタルファッション

heroImage

デジタルファッションの試みが多岐に渡って展開されるなか、日本で近年設立された会社が株式会社Joyfa(ジョイファ)だ。ジョイファでは主に制作、NFT化、合成といったデジタルファッションのエコシステム全体の開発を手掛けている。

今回は、デジタルファッションとCG技術の活用可能性や、技術的な課題などについて、株式会社ジョイファ代表取締役の平手宏志朗さんにお話を伺った。

PROFILE|プロフィール
平手宏志朗
平手宏志朗

2017年よりブロックチェーン事業に携わり、日本およびシンガポールの企業においてデータ管理・証券取引・エネルギー取引といった分野における、ブロックチェーンプロジェクトをリード。2020年4月に NFT x エンターテイメントのエコシステムを開発しているEnjinにジョインし、同社が発行する仮想通貨の上場や、国内外の企業との事業提携を推進。2021年5月に株式会社ジョイファを創業。

フォトリアルなデジタルファッション

まず、ジョイファの事業内容について教えてください

ジョイファは最先端のCG技術を活用した、フォトリアルなデジタルファッションのエコシステムを開発しています。手掛けている内容は主に3つあり、1点目は社内外のデザイナーと共同した、デジタルファッションの制作です。2点目は、制作したデジタルファッションをNFTとしてブロックチェーン上に発行し、販売しております。そして3点目が、発行されたデジタルファッションと、ユーザーの写真を合成するという試みです。つまり、ユーザーの手持ちの写真にデジタルファッションを合成して、本当に着ているかのように表現しています。

ジョイファを設立された経緯を教えてください。

私自身もともとNFTの業界に関わっており、EnjinというNFT×エンターテイメントの会社で、NFTを使った事業開発や仮想通貨の上場などを担当しておりました。そちらでNFTのユースケースは一通り見ることができ、どういったものが今後面白くなってくるんだろうと考えた時に、ちょうどEnjinがThe FabricantDRESS Xとコラボしてデジタルファッションのユースケースを作ろうとしている現場に立ち会い、デジタルファッションの可能性を強く感じました。デジタル空間で新しい自己表現ができたり、NFTという要素が加わることによってデジタルを資産に活用できるファッション分野は、次に必ず盛り上がると。そこでTFLというファッションの専門学校に通い、今年の5月に起業しました。

合成はどのようなプロセスで行われるのでしょうか?

当初はAIの画像合成の技術を使って、すべてフル自動で着用できることを想定していました。ただテストしてみると、まだSNSなどで共有ができるようなクオリティではなく、さらなる開発が必要だという結論に至りました。

現在は、手作業でユーザーとデジタルファッションを合成するという形をとっています。手作業だと何回も修正・合成をするということは厳しいので、直近のプロジェクトでは1回きりで対応させていただいています。ただ手作業ですと細かい表現が可能ですので、クオリティの高い合成を行うことが可能です。並行して完全フル自動のAIも開発中で、将来的には何回でも着脱ができるような形にしたいと考えています。

手作業での合成について詳しく教えてください。

手作業での合成は、たとえばフォトショップで単に服を上から被せても、なかなかうまく行きません。弊社ではもともと映像制作などで関わっていたメンバーもおり、光の位置を服に反映させて影を投射したり、人の体格に合わせて最適な形でプロダクトを表現しています。具体的にはMarvelous Designerを使ってシミュレーションをかけるなど一部既存の技術を組み込んでいますが、それだけでは不十分なので、影や違和感の調整の仕上げなどは複合的なアプローチで実現しています。

また、こういった画像処理や映像処理に強い人間が、AIの開発にも携わっています。なぜならAIを開発する上では、本当に「着ている感」を出すにはどういった表現にすべきかということから考えなければいけません。手作業での経験がある、画像処理や映像処理の経験がある人間がAIの開発にも携わることで、より優れたAIを目指しています。

画像: null
同じ型として販売されるデータの数は、どのように設定されているのでしょうか?

1点ものにするか、複数枚販売にするかは、デジタルファッションを含めてNFTを販売する上で、重要な点です。弊社ではケースバイケースで考えています。たとえば、ドレスであれば1点ものとして売り出すのは自然ですが、ブランドの意向によっては100ほど作成するということも視野に入れています。

日本の規制上、全く同じNFTを多く発行すると問題になる可能性があるものの、ある程度の枚数あれば問題ないと考えられています。ブランドと相談するなかで、どの程度限定性を持たせるかを考えています。

デジタルファッションで楽しむ非日常性

ジョイファのユーザーはどのような方がいらっしゃいますか?

そもそも、なぜデジタルファッションを着るのかというと、いくつかポイントがあると思います。まず、現実世界ではありえないようなドレスを着ることができるという点です。デジタルならではの新しい自己表現をしたいという、ニーズがあるのかなと。次に、現実に存在するドレスでも、街中で着れないものはたくさんあります。特にコレクションで出てくるようなドレスなどは、現実世界で着用しようとすると、どうしても着用の難しさがあります。そういったものを、デジタル空間で楽しめるような試みを作りたいと考えています。

今の段階ではデジタルファッションとNFTに特化しているので、NFTを日々利用しているユーザー層、そのなかでもファッションに関心の強い方達に利用していただいています。ユーザーから色々とフィードバックをいただいていますが、「デジタルならではのものを着てみたい」という声がやはり多いです。また、ファッション感度が高い人はインスタなどで投稿することを前提にされていますし、より一般的な方の場合だと、結婚式や成人式、出産祝いなど特別なイベントに際してデジタルファッションを写真上で着用したいというニーズがあります。

コインチェック・TOMO KOIZUMIとのコラボレーションはどのように実現したのでしょうか?

前職からコインチェック様には大変お世話になっていました。その関係で、デジタルファッションでの協業を相談し、そこからTOMO KOIZUMII様を紹介いただいて今回のコラボレーションとなりました。

TOMO KOIZUMIのドレスは非常に美しいですし、デジタルで簡単に着用できるようになると、ニーズが更に広がると確信しました。そういった意味で、今回のコラボレーションはとても相性がよいと考えています。

<p><span style="color:#000000">前職からコインチェック様には大変お世話になっていました。その関係で、デジタルファッションでの協業を相談し、そこから</span><a style="color:#1155cc" href="http://tomo-koizumi.com/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">TOMO KOIZUMI</a><span style="color:#000000">I様を紹介いただいて今回のコラボレーションとなりました。</span><br><br><span style="color:#000000">TOMO KOIZUMIのドレスは非常に美しいですし、デジタルで簡単に着用できるようになると、ニーズが更に広がると確信しました。そういった意味で、今回のコラボレーションはとても相性がよいと考えています。</span></p>

AIの開発による大衆化へ

日本のデジタルファッション/バーチャルファッションの現状はどのように映っているのでしょうか?

デジタルファッションのなかでもDRESS Xや弊社のような、写真上で着せ替えするというモデルに限定して話すと、メタバースとはまた少し違った部分が論点になるかと思います。

まず、海外も含めて、デジタルファッションは黎明期です。これから色々な企業、色々なアプローチが登場すると思いますが、日本の場合はNFTからのチャレンジが最も多くなるのではないでしょうか。

技術的にはやはり、合成の部分が課題です。現状では、本当に着ているように見せるためには、どうしても手作業が必要となってきます。手作業となると製作費がかかるので、販売価格が高くなってしまいます。そこに一般に普及しにくいジレンマがあると考えています。

なので、最大のポイントはAI開発です。これが進めば、デジタル上で気軽にファッションを楽しめるような時代がやってくると思います。具体的な開発上の課題は、AIで合成するには写真上の人間を正しく判別すること、その人間に服のデータを違和感のないように合成することが重要となります。後者であれば、服のシワ感や影、質感を反映させることが重要です。

今後、挑戦したい領域やトピックなどがあれば教えてください。

今はNFTとデジタルファッションに関わる事業を行っていますが、今後はスマホアプリやNFTを用いることのないデジタルファッションも手掛けていきたいです。数年後になるかもしれませんが、ARグラスでのデジタルファッションは動き出したいと思っています。ARグラスをしたらリアルとは異なる服を着ているように見えて、他の人も別の服を着ているように見えるような世界ですね。ここ数年でARグラスは着実に進歩しているので、十分実現可能かなと思います。夢物語なところはありますが、将来的には挑戦していきたいです。

画像: null
#3DCG
LINEでシェアする