2022.12.28

多様な身体のためのファッションを諦めないSOLITの挑戦

ファッションと身体は切り離せない関係にある。しかし、世の中に溢れているファッションは果たして全ての身体に適応できているだろうか?本当に、S、M、Lなど規定のサイズで事足りるのだろうか?

そんな問題に根本から取り組むのが、ファッションブランド「SOLIT!」を運営するSOLIT株式会社だ。SOLITはオール・インクルーシブな社会の実現を目指し、多様な身体を持つ人々に完全受注生産のファッションプロダクトを提供している。

そこで今回、SOLIT代表取締役の田中美咲さんに、多様な身体のためのファッションを可能にするための工夫や課題についてインタビューを行った。

PROFILE|プロフィール
田中美咲
田中美咲

SOLIT株式会社 代表取締役
1988年奈良県生まれ。2018年2月より社会課題解決に特化したPR会社である株式会社morning after cutting my hair創設、代表取締役。2020年9月より「オール・インクルーシブ経済圏」を実現すべくSOLIT株式会社を創設、代表取締役CEO。世界3大デザインアワード「iF DESIGN AWARD 2022」にて最優秀賞GOLDを受賞。

ファッションを楽しむために

SOLITを立ち上げた経緯について教えてください

原体験として、自分自身が日本におけるプラスサイズの体型だったことがあります。私は「本当はかわいい服が着たいけれど自分の体で着られない」など、試着室に持って着ようとしたときにコンプレックスを感じてしまっていました。

この時は「この服を着るために私は痩せなければならない」「可愛くならなければならない」といった社会的なプレッシャーを感じていたと思います。つまり、ファッションを楽しんだ経験があまりなかったのです。

そんな中で、最近まで大学院に通い直していたのですが、同級生には元車椅子バスケの選手や、信仰上着られない服がある方がいらっしゃいました。このように、障害や宗教、セクシュアリティといった、自分の性格や好み、自己表現ではない理由でファッションの選択肢が制限されている人々がいることを知りました。

それと同時に、私は気候変動や自然災害に関する非営利団体を運営していたこともあり、ファッション産業が大量生産大量消費、人権問題などの課題を多く抱えていることも知っていました。

一方ではある地域では服が大量にあることによって困っている人たちがいて、また一方ではある地域では着られる服がなくて困っている人々がいらっしゃったんです。この問題意識が立ち上げに繋がっていきました。

これまでは環境系の非営利団体にいらっしゃったとのことですが、ファッションに関する試みはどのように始められたのですか?

当初は、ファッションに関することを何も知りませんでした。そこで、友人の中からファッションに携わっている人を探して、そこから生産管理やパターンができる方を紹介してもらいました。途中からSNSなどを活用して共感いただいた人々を募り、徐々に人が集まるようになり、今はほぼ全員プロボノで40名ほどの組織になっています。

現時点でどういった方がご利用になられたのでしょうか?

サービスを始めた当初は、身体に障害のある方や、セクシュアルマイノリティの方などが利用してくださっていました。このような方々は、今まさに課題を感じている方であることが多かったです。 たとえば、脊髄損傷で指が動きにくい方がいらっしゃいます。そういう方はボタンの着脱という行為がしにくいことがあります。なので、彼らにとってボタンのある服は選択肢から無くなってしまいます。

セクシュアルマイノリティの方で生物学的には女性ですが、胸を目立たせたくないとか、ヒラヒラしたかわいらしい服やピンク色の服を着たくないという方がいらっしゃいます。そういう方にとって、ウェストがシェイプされていたり、胸元が大きくなっている従来の”女性向け”の服は価値観の押し付けや、違和感を助長させます。SOLIT!をご利用いただくみなさんは、既存のファッションの仕組みに苦しさを感じています。そのような方々の課題解決のためにもSOLIT!の服はあります。

設立してして2年経ちますが、徐々にスペシャルニーズの方だけではなくて、「実はゴルフをやっていて左腕だけ筋肉質なんです」とか、「実は下半身が太り始めているからウェストがゴムでかっこいい服がほしい」など、ちょっと気になることがある方にもSOLIT!を求めていただいています。

画像: SOLITが独自開発したマグネットボタン、指に麻痺があったり、四肢欠損している人でもボタンの着脱がしやすくなっている
SOLITが独自開発したマグネットボタン、指に麻痺があったり、四肢欠損している人でもボタンの着脱がしやすくなっている

病院との連携によるパーソナライズの実現

パーソナライズが難しい試みにみえますが、サービスを続けていくうちに考えた工夫や課題感を教えてください。

たとえば、肩の可動域がどれくらいあるか、指の麻痺の度合いなどによって着られる服が変わっていきます。

同じ脊髄損傷の方でも、肩が45度上がる人と90度上がる人で、皮のジャケットが着られるか着られないかに壁があったり、コットン100%の硬いデニムだと全く着られないという方もいます。その人がどれくらいの身体の部位ごとの可動域があるのか、でもその人が本当はどういう服が着たいのか、そして私たちがどんな服が提供できるのかを掛け合わせて、服を考えます。それは対話を積み重ねながらご提案をしていきます。

少し補足をすると、SOLIT!は生産・企画の過程でリハビリテーション病院や研究所と連携を進めています。たとえば、身体が退化していくのは全ての人類に共通なので、筋肉は徐々に細くなっていきます。元気な時に採寸したとしても、ぶかぶかになっていくんですね。こういう身体の退化に対して私たちがどう対応できるのかということが重要でした。

それとは別に、20〜30代の障害を持っている方は、リハビリをすることで身体が成長したり、可動域が大きくなるといった、退化に対して逆の方程式をたどることもあります。今はパジャマしか着られないけど、リハビリ頑張れば皮のジャケットが着られるかもしれない。このような背景から、病院と連携しながら進めることによって「このファッションを着るためにがんばる」という目標設定もできます。

もちろん、障害は千差万別なので、重度の障害の方や自己表現が定まっていない方に関しては私たちが到達しきれていない部分もあります。

画像: SOLITのPOP-UP、インターンの2人が来場者の身長に合わせて鏡を動かす
SOLITのPOP-UP、インターンの2人が来場者の身長に合わせて鏡を動かす

自己表現から社会参加へ

現在まで、SOLITに対してどのようなリアクションをいただきましたか?

大きく分けて2種類のパターンがあります。1つ目に利用していただいた方から、問題意識のクリアに対するリアクションをいただく場合です。この場合、環境や人権の問題に対する意識が高い方によく利用していただきます。このような方々は環境に配慮しているサステナブルなファッションを日々選ばれているんですが、サステナブルなファッションも実は大量に生産していたり、多様性には配慮がかけていたりすることもあります。実は人権と環境の両方に配慮できるファッションは世の中にはまだ少ないんですね。

SOLIT!は環境と人権の両方を解決していきたいという意思があるブランドなので、そういう方が罪悪感なく選んでいただけるのはとても嬉しいです。

2つ目はどちらかというと、今までさまざまな壁から着れなかった服があった方々が、「初めてジャケットを着ました」「初めてシャツを着られました」という声を頂いたことがありました。ジャケットとかシャツは普通に買って着ている人たちが大半だと思いますし、こういうコメントは信じられないと思います。

これらを初めて着用して涙している方を見ると、ファッションは「問題」にもなりうるけど、人々を幸せにしたり「解決策」にもなりうる力を持っていることを強く感じます。

また、そのような方々が「初めてデートに誘えた」「初めて就職活動ができた」などとおっしゃっている姿を見ると、ファッションが自己表現だけでなく、社会参加を担うようなきっかけ作りにもなっていると気づきました。

画像: 視覚障害者や車椅子ユーザーが使いやすいバッグのプロトタイプにコメントをもらっている
視覚障害者や車椅子ユーザーが使いやすいバッグのプロトタイプにコメントをもらっている
ファッション業界全体に対して、お感じになられていることを教えてください。

マジョリティに向けて、売り上げが立ちそうなところにターゲットを絞って、物をたくさん作って販売することはビジネスとしては正解かもしれません。ですが、ファッションはもともとビジネスだけではなく人々の生活に密着しているものですので、誰かだけが楽しめるものになっている一方で、誰かを除外するものになってはいけないと思います。その影響力を自覚しながら、多くの人が楽しめるファッションを進めていく必要があります。

私は、サステナビリティやダイバーシティ、インクルージョンを表層的に語ってしまう動きも疑問に思うことがあります。たとえば「一部の素材を再生素材にしました」という試みだけ行い、マーケティング用語のようにこれらの言葉を使用している企業がすごく多いように見えます。

素材は表層的にはSDGs「っぽい」のですが、長いサプライチェーンの流れの中で素材だけを変えても仕方がありません。素材を変えるときに使った水分量、生産する人々への人権意識などがそこに隠れています。

資本政策として、”やさしい株式”のシステムを展開しているのも、業界への違和感から生まれたのでしょうか

そもそも株主はステークホルダーの一部で、株主のために存在しているわけではないということを、株主に理解をしてもらうこと、 そして成長拡大を前提として投資をしないで欲しいというのがやさしい株式の趣旨です。

多くのアパレル企業が大量に作ることによって安価を可能にし、効率を求める産業構造になっています。ですがその産業構造によって必要以上のものを作ってしまったり、人権を侵害する問題が生じています。

そこでは、意思決定に携わる投資家が成長することを前提にリクエストを行っている背景もあると思います。売り上げが上がるビジネスではなく、目の前の障害のある方1人が喜ぶものを作れる可能性があるにもかかわらず、成長や拡大を前提とした投資を行わなければならなくなります。

SOLIT!では、そういった人々のために活動をしたいと考えているため、株式の在り方も私たちのありたい姿に合わせて形を変えることにしました。

最後に、今後どのような想いでファッション業界に関わっていきたいか、聞かせてください。

私は結論、生前説に立ちたいと思っているので、人は本当は誰も傷つけたくないし、より良い社会になった方がいいとみんな思ってるはずだと信じたい。無意識に誰かを、何かを傷つけ続けるのではなく、自分たち以外の多様な存在を知りつつ性善説を諦めないことが、ファッション業界がもっと変わるきっかけになると思います。

画像: 高齢者から指・手に麻痺のある方でも着やすいSOLITのThought Shirts
高齢者から指・手に麻痺のある方でも着やすいSOLITのThought Shirts
#Sustainability
LINEでシェアする