2023.01.06

多くのランナーにアシックス「GEL-KAYANO(ゲルカヤノ)」が選ばれる理由

アシックスの「GEL-KAYANO(ゲルカヤノ)」シリーズは、誕生以来、四半世紀以上に渡って多くのランナーに支持されてきたブランドが誇るロングセラー。特にこれからランニングを始めようとするビギナーランナーが最初の1足として、「ゲルカヤノ」を選んできた。
 
ビギナーランナーが履くシューズに必要とされる3大機能は、クッション性、安定性、フィット性と言われるが、その3要素を高いレベルでバランス良く備えているのが、人気の理由だと考えられる。

「ゲルカヤノ」はどのようにして3大要素をバランス良く備えることに成功しているのか、そしてシリーズ最新作「GEL-KAYANO 29(ゲルカヤノ29)」は前作からどのようなアップデートを遂げたのか。開発担当者である中村浩基さんに話を聞いた。

安定性を維持したままよりスムーズなライド感を実現

「ゲルカヤノ」は言わずと知れたアシックスの大定番シューズ。フルマラソンを走るレースシューズとして、日々のトレーニングシューズとして、長く愛用し続けているランナーも多いはずだ。定番であり、ロングセラーであるからこそ、アップデートポイントは非常に気になるところ。「ゲルカヤノ29」は、前作からどのような進化を遂げたのかを確認していきたい。最も大きな変更点はミッドソールの構造だ。

画像: ビギナーランナーに寄り添う高機能シューズ。ゲルカヤノ29 17,600円
ビギナーランナーに寄り添う高機能シューズ。ゲルカヤノ29 17,600円

「着地時に踵が過度に内側に倒れ込むランニング挙動のことをオーバープロネーションと言います。従来のゲルカヤノでは、オーバープロネーションを抑制するためにDUOMAX(デュオマックス)という少し硬い素材をミッドソールの内側に採用していました。

また、ランニング時に起こる中足部のねじれを防ぐために、TRUSSTIC(トラスティック)という樹脂製のパーツを搭載していました。今作から採用したLITETRUSS(ライトトラス)は、適度な硬度を持つフォーム素材で、DUOMAXとTRUSSTICの両方の役割を果たしています」
 
今まで2つのパーツでやっていた役割を1つの素材が担うことで、機能性が低下してしまうことを心配する人もいるかもしれないが、ご安心を。安定性はしっかりと維持されている。兵庫県・アシックススポーツ工学研究所で、安全性について前作同様もしくはそれ以上のものがあると、数値検証がしっかりと行われているのだ。

そして、樹脂製のパーツをなくすことで得られるのが、よりスムーズで、よりナチュラルなライド感。簡単に言えば走っている際の心地良さが増している。
 
「樹脂製パーツとフォーム素材を組み合わせたシューズだと走るときに違和感があるというわけではないですし、もしかしたら気がつかないレベルかもしれないのですが、よりナチュラルな履き心地にしたいという思いから、進化を決断しました」

画像: シューズ底面の写真。前作までは搭載されていた中足部のTRUSSTICがなくなった
シューズ底面の写真。前作までは搭載されていた中足部のTRUSSTICがなくなった

クッション性、フィット性も向上している

LITETRUSSとともにミッドソールを構成するのが、FF BLAST PLUS(エフエフ ブラスト プラス)という軽量性とクッション性に優れたフォーム素材。FF BLAST PLUSは、以前、Fashion Tech Newsで紹介した「MAGIC SPEED 2(マジックスピード 2)」にも採用されている素材だ。
 
「前作、ゲルカヤノ28では、FF BRASTを採用していました。FF BLAST PLUSとFF BRASTのクッション性は同等なのですが、FF BLAST PLUSの方が軽量性に優れています。軽量な分、厚みを2mm増やして、クッション性を向上させることができました」

画像: シューズの右足内側からの画像。ミッドソールのイエローグリーンの部分がLITETRUSS。ホワイトの部分がFF BLAST PLUS。この組み合わせで、安定性とクッション性の絶妙なバランスを実現している
シューズの右足内側からの画像。ミッドソールのイエローグリーンの部分がLITETRUSS。ホワイトの部分がFF BLAST PLUS。この組み合わせで、安定性とクッション性の絶妙なバランスを実現している
画像: 踵部分、ミッドソールに挟まれたクリアパーツは衝撃を緩衝するGEL。ミッドソールの上層、ホワイト&ブルーのところがFF BLAST PLUSだ
踵部分、ミッドソールに挟まれたクリアパーツは衝撃を緩衝するGEL。ミッドソールの上層、ホワイト&ブルーのところがFF BLAST PLUSだ

アッパーに採用しているのは、軽量で通気性に優れたエンジニアードニット。部位によって密度が異なる設計により、通気性とサポート性を両立。快適なフィット感も実現している。
 
「前作はエンジニアードメッシュのアッパーだったのですが、今回はニット調の素材にすることで、足あたりをソフトにしています」
 
ニット系のアッパーは、伸縮性に優れ足あたりがソフトな一方で、サポート性が高くない印象があるかもしれない。しかし、「ゲルカヤノ29」のアッパーは、サポート性を損なわない生地と編み方が採用されている。

ロングセラーをアップデートすることの難しさ

「ゲルカヤノ」シリーズは絶えずアップデートを繰り返し、29代目を迎えた歴史あるシューズ。ロングセラーであるということは、その分だけファンがいるということだが、それゆえのアップデートの難しさがあるはず。

おそらくアップデートをすると「前作の方が良かった」「変えすぎだ」「やっぱり●●代目がベスト」といった声も上がるのではないかと思う。
 
「確かに前作の方が良かったという声がまったくないということはないのですが、それをゼロにしたい気持ちを持ちながら常にアップデートをしています。年々、アシックスとしての知見は蓄積していきますし、より良い新素材が開発されることもあります。

評判が良いからといってアップデートをしなければ、ランナーの方たちに最良のものを届けられなくなってしまいます。ゲルカヤノが築いてきた信頼や伝統は守らなければいけませんし、ビギナーランナーに寄り添うという軸がブレることはないのですが、常に最高のカヤノを届けられるよう、今後もアップデートを続けていきます」
 
そして当然、生半可なアップデートでは社内のゴーサインも出ない。新素材を採用する際も、まずは試作品を作り、兵庫県・神戸市にあるアシックス スポーツ工学研究所で、テストが繰り返され、テストランナーによる試走も何度も行われる。さまざまなデータを検証し「ゲルカヤノ」に求められる機能を失わずに、よりよくなっていると判断されれば、新素材の採用には至らない。

好みに合う、合わないはあるかもしれないが、新しい「ゲルカヤノ」は、クッション性、安定性、フィット性といったビギナーランナーに必要とされる機能は常に前作以上で、データ上の総合力は必ず上がっているということになる。

圧倒的な安心感。やっぱり凄いゲルカヤノ

足を通してまず感じるのは、踵の確かなホールド感と、足首周辺のソフトなフィット感。ビギナーに寄り添う「ゲルカヤノ」シリーズとしては当然のことなのだろうが、履いた瞬間に足とシューズとの一体感が感じられ、長時間・長距離のランニングをしても大丈夫だろうと思わせてくれる安心感がある。

今年こそランニングをスタートしようと思っている方、正月太りの解消のためにちょっと走ろうと思っている方には、ぜひ一度足を通してみてほしいシューズだ。
 
走り出しても安心感は変わらない。クッション性が程よくあり、着地時のブレも感じない。LITETRUSSが上手く機能しているようだ。決してスピードを出しやすいシューズというわけではないが、足運びはとてもスムーズに行え、とてもナチュラルに走れる印象。足にやさしく、いつもよりちょっと長く走りたくなる。そんなシューズだ。

画像: クッション性と安定性の絶妙さはもちろん素晴らしかったのだが、足首周りのフィットがかなり好みだった
クッション性と安定性の絶妙さはもちろん素晴らしかったのだが、足首周りのフィットがかなり好みだった

最後にビギナーランナーがどうやってシューズを選ぶべきかを中村さんに尋ねた。
 
「クッション性、安定性、フィット性を備えたシューズを選ぶのはもちろん大切なのですが、正しい自分の足のサイズを知ることが大切です。計測してみると、自分が思っていたサイズと0.5〜1cm違ったというのはよくあることですし、サイズが合っていなければ、シューズの機能は十分に発揮されません。

それができるショップが近くにあるのならば、プロネーションの有無を計測してからシューズを選ぶのがベターだと思います。そして、マラソンを走りたいのか、のんびりジョギングをしたいのかなど、目的を整理しておくと、より自分にフィットしたシューズが選べるはずです」

PROFILE|プロフィール
中村 浩基(なかむら ひろき)
中村 浩基(なかむら ひろき)

株式会社アシックス スタビリティサイロ開発チーム。ゲルカヤノシリーズの開発担当をメインに、ソーティーマジック等のレーシングシューズからゲルトラブーコ等のトレイルシューズまで幅広く携わってきた。オフの日は子どもと公園で遊びながら、こっそりランナー達の足元もチェックし、商品開発のヒントを探っている。

Text by Fumihito Kouzu

LINEでシェアする