2022.11.16

GREGORY(グレゴリー)のテクニカルモデルはスゴかった! 90年代から今へのルーツとものづくりの進化

90年代、日本で大ブームとなり、その後定番的にカジュアルシーンで愛されている「GREGORY(グレゴリー)」のバッグ。登山やキャンプ等、様々なアクティビティのシーンで本格的なバックパックが沢山リリースされており、そのどれもがハイスペックなクォリティの物ばかり! そのバッグづくりにおける様々なテクノロジーを紐解いてみた。

GREGORYの歴史とものづくりの進化について〜“世界で最も優れたバックパックをつくる”という信念〜

GREGORYは1977年にアメリカのサンディエゴで、バックパックデザイナーのウェイン・グレゴリーが “世界で最も優れたバックパックをつくる”という信念を掲げて創業したブランド。90年代には日本でも大流行し、今日まで定番アイテムとして長年愛され続けている。創業当時から今日までのアイテムの移り変わりや、ブランドを取り巻く環境の変化をGREGORY・ブランドディレクターの中島健次郎さんに伺った

画像: ウェイン・グレゴリー氏の写真。おそらくブランドを始めた70年代後半の写真と思われる
ウェイン・グレゴリー氏の写真。おそらくブランドを始めた70年代後半の写真と思われる

90年代日本で大ブームとなったGREGORYのバックパック。ブームの理由とその時代背景についてGREGORY・ブランドディレクターの中島さんは語る。
 
ブームのきっかけは諸説ありますが、1986年に日本代理店ができて、1990年代初頭にアメカジブームがあり、『DAY PACK(デイパック)』というモデルを中心に流行しました。
 
当時セレクトショップやアメカジのショップに商品が並んでショップスタッフの皆さんが流行らせたという印象ですが、渋谷や原宿の街で『DAY PACK』を持っている人をよく見る様になり、ファッション雑誌も沢山紹介してブームになったと考えています。当時は全てアメリカ製でアメカジのファッションと相性が良かった事も要因の一つだと思います」

画像: ブランド40周年を記念して数量限定で販売された復刻版。タグも創業当時のデザインになっている。現在は販売終了
ブランド40周年を記念して数量限定で販売された復刻版。タグも創業当時のデザインになっている。現在は販売終了

90年代初頭のアメカジブームとの相乗効果で流行したGREGORYのバックパック。定番アイテムとして人気となった要因を中島さんはこう語る。
 
「定番的な人気アイテムになったのは、一つは品質の高さ。そしてニーズと機能性がマッチしたことが受け入れられた要因だと考えられます。

元々『DAY PACK』は創業当時からあるモデルで1日で完結するアクティビティ用に作られたものです。デイハイキングとか1日分の装備がちょうど収まって快適に使えるサイズ感で考えられています。それが普段使いにフィットしたという事も日本で流行った理由の一つだと思います」

テクニカルパックと呼ばれる技術の粋を集めたアイテムたち

バックパックといえば、背負いやすさはもちろん、中の荷物へのアクセスのしやすさや、拡張性、様々な人の生活やアクティビティにフィットするように考えられた機能性が挙げられる。そんな今となっては当たり前になったバックパックのイメージの基本となったモデルが、実は今から40年も前にGREGORYでは作られていた。
 
「日本でのブームとなった『DAY PACK』と同時に、本国アメリカでは本格的な大型のバックパッキング用のアイテムも作っていました。『CASSIN(カシン)』というモデルで、35年前当時での最新作の機能が詰め込まれたアイテムで、これが基本となり今ではより軽く、より丈夫に進化しています」

画像: テクニカルパックの源流となった「CASSIN」写真は当時の製品で現在は非売品。
テクニカルパックの源流となった「CASSIN」写真は当時の製品で現在は非売品。

「アメリカから取り寄せた資料を見ると、今では多くのブランドがやっている仕様が、GREGORYが先駆けという機能が色々あります。
 
昔バックパックは物を出し入れする時はトップローディングと言って一番上の巾着部分の口しかなかったのをパネルローディングと言うサイドからアクセスして物が取り出せる仕様を作りました。これは先駆けとして1977年からあったようです。
 
さらにバッグの大きさは同じですが、体の大きい人、小さい人、様々な人に合わせられる様に背面のサイズが調節できる仕様も先駆けだと資料に記されています」

現行のアイテムからテクノロジーを紹介

様々なテクノロジーの進化によって、世の中はどんどんと便利に、そして快適に進化し続けている。しかしその反面、求められる機能が高くなったり、持ち歩くものが変化していく中で、快適なバックパック、そして最高のバックパックとは何か、というものも日々変化し続けている。
 
 
「素材はどのモデルも軽くて丈夫で、撥水機能のあるナイロンを使っています。まず見てもらいたいのは『BALTORO(バルトロ)』というフラッグシップモデルです。これが一番プレミアムでみんなの憧れのモデルです」

「機能は沢山ありますが、まずショルダーの付け根が可動式で肩の動きに合わせて柔軟に動いてくれる仕様です。長時間背負っていると違いが出てきます。背面はエアメッシュという体積の90%が空気という素材で出来ていて通気性が良く蒸れにくく、さらにポリジンというバクテリアの発生を防ぐ(抗菌・防臭)加工も施しています。
 
中は大きい袋でポケットが1つ背面内側についており、他のポケットは全て外側についています。パネルローディングは正面について荷物の取り出しがしやすくなっています。更に本体のボトムは二重底で、底側にもボトムアクセスが付いており寝袋やスペアの靴等を入れておくと外側から直接アクセスして取り出せます。
 
ウェストベルトにはスマートフォンが入るようなポケット、ショルダーにサングラスが掛けられる様になっていたり、頻繁に取り出すものをバッグを下ろさずに取り出す事が出来ます。
 
さらにウォーターボトルが入るポケットは向きが斜めになってボトルの取り出しやすさを追求しています」

画像: null

「BALTORO」の様に最上級モデルではなくても十分高スペックなモデル「PARAGON(パラゴン)」。軽くてシンプルなデザインが特徴で基本の丈夫さや撥水等の機能はもちろんパネルローディングやウェスト部分のポケット、背中のサイズ調節などを搭載しており人気のモデルだ。

フラッグシップモデルに注ぎ込まれた最高のテクノロジーや考え尽くされた機能を出来たらもう少し身近に体感してみたい……そんなモデルもGREGORYにはある。使用用途や好みのスタイルに応じて選べる多様性も魅力の一つだ。

GREGORYの考えるサステナビリティー

今やものづくりの現場で環境への配慮は欠かせない。特にアウトドアブランドは自然の中で使うものを作るために特に慎重な配慮を行ってきた。その中でも新しい技術や判断基準を常にアップデートし、ものづくり、そしてデザインにまで活かしていくという。
 
「ライフサイクルアセスメントツールというシステムを使って、通常の作り方で作った時よりカーボンフットプリント[1]が減らせるように計算をして数値化する事によって、より環境負荷を抑える事ができ、それをものづくりやデザインに活かしていくようにしています。
 
あとは商品が長持ちすればもう一つ商品を買わずに済み、メーカー側も余分に作らなくても良くなるのでデザインや開発をしていく中で修理がしやすかったり、パーツが交換しやすかったりというものを考えて作っています。そもそも壊れないというのもとても大切です」
 
当たり前だが「運ぶ」という事のためにバックパックはある。そのブランドならではの環境への取り組み、考え方を中島さんは最後に語った。

「自分たちはバックパックのブランドなので、流通の方法なども変えて梱包資材を削減したり、梱包も一度に運べる数を変えて、船便の量を減らすという事も大事な取り組みになってくると思います。
 
アウトドアのフィールドで品質が下がって、バックが壊れたりすると、極地など場所によっては命に関わるケースもあるので、品質だけは下げずに、それで長持ちすることが結果一番環境に負荷をかけないことなのではないかという考え方も持っています」

画像: タグに25と書かれているのは通常生産した時より25%のカーボンフットプリントが削減されたアイテムだという事を表している
タグに25と書かれているのは通常生産した時より25%のカーボンフットプリントが削減されたアイテムだという事を表している

品質の向上が、環境への負担を減らす。そんな好循環が持続するからこそ、バックパックの代名詞的存在として長い間GREGORYは愛されてきたのかもしれない。
 
“世界で最も優れたバックパックをつくる”という信念のもと進化を続けるものづくり。今後の展開にも注目していきたい。

[1]CFP(カーボンフットプリント)とは、Carbon Footprint of Products の略称で、商品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して、商品やサービスに分かりやすく表示する仕組み。

PROFILE|プロフィール
中島健次郎(なかじまけんじろう)
中島健次郎(なかじまけんじろう)

GREGORY・ブランドディレクター。GREGORY が大好きで勤続10年目、先日富士登山をし、毎年の恒例にしたいとの事。

LINEでシェアする