Fashion Tech News symbol
Fashion Tech News logo
2021.10.15

微生物で分解するという可能性、金澤バイオ研究所の研究開発

ファッション産業の環境負荷をめぐる課題への認識が広まるなかで、多様な方面からサステナビリティへの取り組みが行われている。そのなかでも注目を集めるトピックのひとつが、焼却することなく処分することが可能な生分解素材の使用だ。
こういった素材が広まる一方で、実際に分解するというところを考えていくことも重要となるだろう。土壌微生物を用いて生分解を得意とする研究所に、福岡を拠点とする「金澤バイオ研究所」がある。今回は金澤バイオ研究所の企画担当である金澤聡子さんに、自社の分解できる衣服「DOC」の開発の経緯や、微生物燃焼による生分解への可能性などをめぐってインタビューを行った。
PROFILE|プロフィール
金澤 聡子

東京生まれ。音楽雑誌の編集を経て、フリーランスに。九州大学で微生物の研究をしている父の研究室でアルバイトした経験から微生物の世界に興味を持つ。2007年に立ち上げた「金澤バイオ研究所」で企画を行ない、研究成果を実生活の「衣・食・住」に生かすものづくりを担当。2021年、前職の同僚やJAXAの研究員とともに土に還るウエアブランド「DOC」を立ち上げる。重機の免許を取得し、自社工場で土作りの現場を修行中。

起業のきっかけはバイオハザードフリー堆肥

まず、大学での研究から会社設立に至った経緯について教えてください。
金澤バイオ研究所は、微生物学者の父が大学からのプロジェクトがきっかけで立ち上がりました。父は四半世紀以上の間土壌微生物一筋に研究しているのですが、九州大学時代に「キャンパスゼロエミッションシステム」という医学部と農学部が連携して学内のゴミを循環させるという計画が立ち上がり、そのなかの「九州大学研究拠点形成プロジェクト」にて実際にモノを作ろうという話になりました。通常、製造は外部委託が多いのですが、父の現場一徹主義から大学の付属農場に有機肥料製造工場を作り、「バイオハザードフリー堆肥」作り始めました。研究の傍ら、真っ黒になりながらこだわりの肥料作りをするという(笑)。これが後に漢方処方の有機肥料「土の薬膳」になります。
バイオハザードフリー堆肥ってすごい名前ですが、その名の通り危ないものがない堆肥です。バイオハザートとは大腸菌や病原菌、病害虫、抗生物質耐性菌などのハイリスクな生物群集です。市民の方達に配布したところ評判が良く、大学発ベンチャーをやってみようという話になって会社を立ち上げました。原料調達から製造、販売まですべて行っています。それは2003年当時から今も変わらず、自分たちでのものづくりを大切にしていますね。
これまでは、どういった領域でのプロジェクトを手掛けてきたのでしょうか?
農業分野のほかに、医学部や病院から出るゴミの処分などで医学部と連携をしたり、工学部、薬草の研究で薬学部など、案件によっていろいろな学部と連携していました。企業との共同研究ではサントリーと「天然水の森」の研究者として山に登って土壌調査を担当したり、四国電力と原発の冷却管内に張り付く貝殻の分解の依頼を受けたり、カルビー株式会社とはじゃがいものそうか病の殺菌・除去法を確立したり、コスメ事業や動物のエサなど微生物に関わるあらゆるマターを扱っています。微生物は意外と守備範囲が広く、衣食住に役立つので、様々な業種のクライアントさんのオーダーに研究という形で応えていくという感じです。

分解できる衣服への取り組み

衣服に対する取り組みは分解できる防護服からだということですが、この開発の経緯を教えてください。
もともとは、アパレルや服を手掛けることには自発的ではなかったんです。衣服に取り組むきっかけはJAXAでした。2007年頃に研究室にJAXAの研究者が訪ねて来られて。火星で農業をしたいという内容で、当時父は「地球のことで今は忙しいから」と一度はお断りしたのですが、なんか面白そうだしやってみよう!ということになり共同研究がはじまりました。2011年に東日本大震災が発生し、当時福島入りしていたJAXAの方が「先生の菌で大量に廃棄された防護服を分解処分できるかもしれない」と取り組み始めました。震災時は東レ株式会社さんと開発を進めました。この防護服は土に還るだけでなく、微生物による燃焼マシンで素早く使用済みの防護服を溶かすことができるのが特徴です。医療廃棄物や放射性物質などハイリスクな着用後の防護服をその場で分解できるので廃棄のために動かしたり、焼却処分する必要がありません。
そしてコロナが発生してからは、土に還りつつウイルスをガードするため、ビニールと同じ機能があるものを探しました。ビニールでありながら土に還る素材というのは難易度が高かったですが、アキレス株式会社さんに辿り着き、JAXA、製造を担当するジンナイ株式会社の方と半年ほどオンラインミーティングを行い商品開発が始まりました。アキレス株式会社さんはゆっくり分解するテキスタイルに関する技術をもっておられました。逆に金澤バイオは高速分解が得意なので、お互いの得意分野を生かしながら次なる技術開発を進めています現在防水かつ生分解の特性を生かし、鳥インフルなど患畜の処理に応用する実験を予定しています。
1 / 4 ページ
この記事をシェアする