2023.01.20

歴史ある日本の工具メーカーが新たに立ち上げた、注目のアウトドアナイフの機能美に迫る

日進月歩で進化するスポーツ&アウトドアのテクノロジー。アクティビティや屋外で過ごすリラックス時間をより便利で快適なものにしてくれる先進技術だが、伝統や定番が劣勢かというと、もちろん一概にはそうとは言えない。長きにわたり愛されているものやその裏側には、ときにテクノロジーだけでは凌駕することのできない大切なものが見えることがある。
 
まさにそのことを見せつけてくれたのが、今回紹介する「ミュートス ホムラ」のブッシュクラフトナイフ。長年培ってきたものづくりの知識・経験と先進のテクノロジーの融合、そして随所にこだわりが光るこのナイフの魅力について、開発を担当した株式会社小林工具製作所のプロダクトデザイナー・酒井智幸さんにうかがった。

オリジナルブランドだからなし得た、制約と妥協のないものづくり

画像: null

古くから刃物や金属加工製品の街として知られる新潟県三条市に拠点を置く小林工具製作所は、その名の通り“工具”を中心に手掛ける企業として1963年に創業。約60年にわたりプロ向けのさまざまなツールを手掛けてきたが、社内でのワンストップによる一貫した生産体制とともに、特筆すべきは熱間鍛造と呼ばれる加工技術にある。
 
「金属には一定温度以上に熱せられると柔らかくなり、歪んでいた結晶が正常な結晶に変化する『再結晶』という特性があります。この再結晶温度以上に熱せられた金属に対して行う鍛造加工のことを『熱間鍛造』といって、素材の強度や靭性を飛躍的に高めることができるんです」
 
約1,200℃に熱された金属の素材を用いて「型鍛造」と呼ばれる工法で工具や道具類を作ってきた同社だが、現在では堅牢性が求められる自動車部品なども手掛けているという。ただし依頼のほとんどがOEM(依頼を受けて他社ブランドの製品を製造すること)であり、それゆえの葛藤があったとも。
 
「OEMの場合は、製造工程において何らかの制約が発生してしまいがちです。そのため、『自分たちには本当はもっと良いクオリティの製品が作れるのに』と思う場面も多々ありました。良いものを適正価格で世の中に出していきたい。これって当たり前のようですが、ものづくりの現場からすると実は簡単ではないことなんです」

画像: null

何ものにも縛られずにものづくりをすること。いわば「自分たちのものづくり」を実現すべく、同社は自社ブランドの発足を決意。そうして誕生したのがアウトドアブランド「Muthos Homura(ミュートス ホムラ)」だ。

ギリシャ語の「神話」と日本語の「炎」を掛け合わせたブランド名には、同社の熱間鍛造の要である炎とともに、焚き火の炎の意味が込められている。2022年に発足し、同年には早くも製品もリリース。この具現化までのスピード感は、一貫した製品管理を行ってきた同社ゆえの賜物とも言える。
 
「アウトドアにターゲットを絞ったのは自社のものづくりにおける強みが生かせるとともに、これまでのBtoBとは別形態のD2C(Direct to Consumer)も活況なアウトドア関連用品が最適だと考えたからです。また、間接的な費用を排除して高付加価値のものを適正価格でユーザーに届けることができるため、現在はECによる直販のみで商品を展開しています。

ブランド発足からまだ日は浅いですが、自分たちが全力を発揮して“本当に良いものを作る”ことが結果としてユーザーや環境、メーカーのすべてに良い循環を生み出すとすでに実感しております」
 
何よりも「安物買いの銭失いにはさせない」と話す酒井さん。こうして提供できる「妥協なき本物」を追求して生み出されたのが、ブッシュクラフトナイフ「Prominence(プロミネンス) MH-001」だ。

先進技術と職人の技を融合。理由ある左右非対称の極厚刃

画像: null

「発端は2018年のこと。釣りやキャンプが趣味の弊社社長が発した『焚き火に特化した究極のナイフを作れないか?』という何気ないひと言でした。社長自身が20本以上のアウトドアナイフをコレクションするほどナイフに対する造詣が深いことから、制作にあたりまずはコレクションを分析することからスタートしました」
 
そこからたどり着いたのが、蛤刃(はまぐりば)と直刃を融合した左右非対称のブッシュクラフトナイフ「Prominence MH-001」。プロ向けの工具製造で培ってきた素材へのこだわりと熱処理、そして精度と、長年培ってきた技術を余すことなく盛り込んで作られたこのブッシュクラフトナイフは、堅牢性に優れたロングライフな作りが特徴。

さらに、アフターケアのための体制(専門業者での刃研ぎサービスなど)も整えることで、より長く付き合うことができるという。焚き火に適した設計や刃形状の意匠出願、左右非対称刃という特殊工程をどうやって製造していくかなど、その制作過程はまさに試行錯誤の連続だったと酒井さんは振り返る。

画像: 製品は右利き専用で、全長約230mm、刃渡約107mm、刃厚約5.5mm。斧やナタに迫るほど肉厚な刃厚を誇り、ナイフを薪などで叩いて薪割りを行うバトニングにも難なく対応。蛤刃(はまぐりば)と直刃を組み合わせたアシンメトリックな構造は、焚き火の焚き付けに使用するフェザースティックを作りやすくするために考案された独自の意匠だ
製品は右利き専用で、全長約230mm、刃渡約107mm、刃厚約5.5mm。斧やナタに迫るほど肉厚な刃厚を誇り、ナイフを薪などで叩いて薪割りを行うバトニングにも難なく対応。蛤刃(はまぐりば)と直刃を組み合わせたアシンメトリックな構造は、焚き火の焚き付けに使用するフェザースティックを作りやすくするために考案された独自の意匠だ

「特に苦心したのは刃の構造です。単なる直刃はどのメーカーでも製造が容易ですが、本作で採用している『セイバー刃』(幅の2/3程度が刃)は加工量が多く、コストが掛かるため一般的ではありません。

また、蛤刃はただでさえ量産困難とされている刃形状。これを高い精度で量産するため、3Dモデリングによる設計、3D加工による粗加工、そして職人さんによる研磨という、新旧技術を融合した独自の工程を完成させました」

自分だけの一本に育てる楽しみ。唯一無二の探究と今後の展望

画像: null

使い込むほどに馴染む木製グリップに、風合いの変化とともに柔らかく馴染む栃木レザーの専用シース(鞘)と、長く付き合うための創意工夫も随所に盛り込まれた「Prominence MH-001」。アフターケアの手厚さについては前述の通りだが、自分だけの一本に育てることはもとより、唯一無二の一本をカスタムできるという点でも抜かりがない。
 
「ユーザー側に対する自由度も兼ね備えたかったため、ハンドルにはマイナス専用ネジを採用してメンテナンスや追加ハンドルの交換などが容易にできるようにしました。今後はカスタムサイトを通じて、3Dプリンターを用いた特殊形状ハンドルなどの展開も予定しています」
 
伝統にすがらず、新たな技術も積極的に取り入れながら、愛着を持って製品と長く付き合ってもらうために多角的な視点でものづくりを追求するミュートス ホムラのプロダクト。最後に今後の展望についてもうかがった。

画像: 現在開発中のプロダクトの一部。斧頭とグリップを交換してカスタムできるハンドアックスや、料理用ナイフなどがすでに具現化されている
現在開発中のプロダクトの一部。斧頭とグリップを交換してカスタムできるハンドアックスや、料理用ナイフなどがすでに具現化されている

「目下開発中ではありますが、今後はオリジナルのハンドアックスやプロナイフ(包丁)、ナタ、アパレルなどを展開する予定です。ただし、1品1品自社の高い選定基準をクリアしない限りはブランドの価値を下げてしまうため、引き続き厳しい視点でものづくりに取り組んでいきます。これからも『唯一無二』『ユニーク』『イノベーション』というキーワードを胸に、孤高のブランドを目指していきたいと考えています」

PROFILE|プロフィール
酒井智幸(さかいともゆき)
酒井智幸(さかいともゆき)

株式会社小林工具製作所
プロダクトデザイナー
新潟県出身。工学修士(物質工学)、富山大学大学院修了。前職では国内外メーカーのゴルフクラブ開発および生産技術、自動車部品メーカーでの開発・生産技術・品質管理などに従事。2019年、株式会社小林工具製作所に入社。工具事業部にて設計に従事。
https://muthos-homura.jp/

Text by Noritatsu Nakazawa (ALTANA inc.)

LINEでシェアする