2022.12.26

試行錯誤の末に花咲いた、超異形中空断面糸「オクタ」の可能性

スポーツやアウトドアウェアのインナーに求められる汗処理機能と、ミドラー(インナーとアウターの間に着るもの)に求められる保温機能を兼ね備えたポリエステル生地「サーモフライ」。これは2021年から海外のアウトドアブランドを中心に採用され始めた注目の機能テキスタイルだが、このパフォーマンスの立役者である超軽量繊維「オクタ」は、実は15年以上も前に開発されていたという。
 
テクノロジーは使い方ひとつで新たな価値を創造できる、ということの好例であるが、果たして「オクタ」はどのような素材で、どのような経緯を経て脚光を浴びることになったのか。今回は開発元の帝人フロンティア株式会社を訪ね、開発を担当した尾形暢亮さんに話をうかがった。

高機能素材の開発は快適な生活の裾野を広げる

夏は涼しく、冬は暖かく。日頃私たちが着ている一見なんともないカジュアルウェアにも、速乾性や冷感性、保温性や断熱性に優れた機能素材が使われることは当たり前になっている。重いより軽い方がいいし、脆いより丈夫な方がいい。成熟しきった市場で消費者の目は肥え、より快適性を求められているからこそ、マテリアル開発の現場はさらなる高性能素材の開発に奮闘しているわけだ。

画像: null

帝人フロンティアは、ポリエステルを中心に化学繊維の研究・開発と衣料繊維から産業資材繊維までの原料・テキスタイル、製品の製造・販売を幅広く事業展開するメーカーと商社の機能を併せ持つ、日本のハイブリットカンパニーである。その事業の中でスポーツ向けの高機能繊維を研究・開発し、ファッションやライフスタイル分野にも落とし込んでいるという。
 
「もともとファッションでは見栄えやデザインが主体になっていたと思うのですが、最近は普段着にも快適性が求められ、スポーツウェアとの境界線が薄くなってきています。

顕著な例で言うと、“アスレジャー”というスポーツスタイルのファッションが浸透してきたことで、国内のセレクトショップでもハイテクウェアがあるのは当たり前になっていますよね。だから、ファッション用途の素材を開発する場合にも、まずハイエンドなスポーツ用途の高機能素材を作って、その後でどうファッションのテキスタイルに落とし込むかを考えるケースが多くなっているんです」
 
尾形さんによれば、繊維開発と消費者のニーズは切っても切り離せない関係で、時代感も漏れなく反映されるもの。また、近年は化学繊維においても環境対応が基本的な考えとなっているため、それらも欠かすことはできない。

例えばリサイクルポリエステルの使用や、マイクロプラスチックが排出されにくい繊維づくり。そしてリアルファーやレザーをなるべく使わないこと。これらをベースにどれだけパフォーマンスを向上させられるかが、繊維メーカーが評価される焦点となっているのだ。

世界が驚いた、奇妙なタコ足形断面?「オクタ」実用化までの長い道のり 

画像: null

本記事の主役である機能繊維「オクタ」は、穴のあいた中空糸に8本の突起を放射線状に配列した、タコ足形断面を持つポリエステル繊維。この特殊な形状が空気を含む空間を生み出し、保温性・遮熱性を確保。吸汗速乾性能も向上させた。

また嵩高性かさだかせい(※体積が大きいまま「かさばる」性質)の高い繊維構造となっており、同じ直径のポリエステル繊維にくらべて2分の1程度という圧倒的な軽さも誇っている。
 
「温度をコントロールすることはとても重要で、夏物では冷却をどうするか、冬物では保温性をどうするかが永遠のテーマです。オクタは生地の中に最大限空気を溜め込める構造に着目し、新しい中空糸を開発しようと15年ほど前に開発されたもの。科学的に検証してみて理論上最も効率の良い形ということで生まれたものが、この変わった断面構造だったんです」
 
しかし、軽量で暖かいという機能は市場のニーズとマッチする素材であるはずだったが、すぐにオクタが世の中に受け入れられたかというと、そうではなかったという。
 
「断面のインパクトはありますし、リリースした直後は『すごい画期的だ!』と驚かれたのですが、その流れで生地にしたものを見せると引かれちゃうことも多かったんです(笑)。というのも、プラスチックのストローを想像するとわかりやすいのですが、ポリエステル素材のオクタは繊維としてかなり硬いもの。いくらミクロの直径の糸にしてもハリがあり、はじめは服地として使えるものにはなりませんでした」
 
その後、改良を重ねた末に衣料用途で活用できるようになったものの、そのままのオクタの素材だけでは差別化できないという壁にも直面。それでも帝人フロンティアは、高機能であるという揺るがぬ自信をもとに、他素材と組み合わせることで新しい活路を見いだした。

画像: null

2018年に開発された「ソロテックスオクタ」は、ストレッチ性や形態回復性、クッション性などの特性を有するプロモーション素材「ソロテックス」に、オクタの構造を採用した超異型捲縮繊維。嵩高性・軽量性と共にストレッチ性・形態回復性も備え、羽毛代替用の軽量中綿素材として、冬物衣料に採用されはじめている。
 
「素晴らしいものができたらそれが世間を席巻するというものではないんですよね。良いものを作ったうえで、時代にマッチした市場の要望を叶えるものであって初めて受け入れられるんだと。今ではそう思っています」
 
尾形さんは経験を振り返りながら、しみじみと語ってくれた。

オクタの性能を引き出し時代に合わせた新素材「サーモフライ」

画像: null

もちろん、10年以上の研究開発を経て生まれたのは「ソロテックスオクタ」だけではない。オクタを使用したマテリアルがいくつもあり、「サーモフライ」という近年アウトドアウェアで急激に存在感を増している新作もある。
 
「防水透湿素材のアウターに、フリースのミドラー、ウールのインナーというレイヤリング3点セットというのが、これまでのアウトドアの定番的な格好でした。しかし、トレイルランナーがインナーの上にウィンドブレーカーを着るように、昔と違って今は様々なスタイルがあります。

できればレイヤードを簡略化したいというのがユーザーの本当の声であり、今の消費者は軽くてコンパクト、イージーケアで高機能なものを求めているんです。
 
そんな昨今のニーズを汲み取ってプロダクトに落とし込んだのが「サーモフライ」で、ミドラーとインナーの機能を一枚で果たしてくれるウェアに活用されています」

画像: サーモフライの構造図
サーモフライの構造図

オクタの糸をダブルラッセル構造(2枚の編地の間に繊維をタテに編み込んだ、3層構造の生地)で編んだのち、中間接結部を半分に裁断して立毛感を生み出す。これにより“起毛しない”嵩高立毛構造体が形成され、捲縮構造(縮れた構造)のデッドエアによる高い保温性を実現している。
 
毛先が均一な立毛構造により、汗の拡散性が向上し、発汗時のべとつきや汗冷えも防止。また長繊維で起毛していないため繊維が抜け落ちにくいなど、オクタの特性が十二分に発揮された。

ハイテク繊維が変える私たちの生活

地道な技術開発はこうして実を結び、国内外のアウトドアメーカーがオクタを使用した製品のラインナップを拡大中。今では他社の競合繊維と比較した上で採用されることも増えているそうで、今後は市場でオクタやサーモフライの姿を見かける機会も増えていくであろう。そして近い将来はライフスタイルシーンでも活用されることになるとのこと。
 
「とはいえ、繊維開発に終わりはありません。オクタは原料や繊維長を変えるなど、別の可能性もまだまだあると思っています。
 
エンドユーザーは価値のあるものを買おうとしていますし、コロナ禍の後はよりモノにシビアになるはずです。10〜20年前は機能素材の下げ札を付けるだけで売れたものもあったでしょうが、今は体感できるリアルな機能性や、ファッション対応できるルックスを持ち合わせてなければいけません。
 
私たちが繊維を販売するお客さんはメーカーなのですが、結局使っていただくのはエンドユーザーなので、その目線は今後も大切にしていきたいですね」

PROFILE|プロフィール
尾形暢亮(おがた のぶあき)
尾形暢亮(おがた のぶあき)

帝人フロンティア株式会社
技術開発部 衣料テキスタイル・製品開発課 課長
1993年帝人株式会社入社。繊維研究所に配属。その後、帝人加工糸株式会社(現帝人フロンティアニッティング株式会社)や帝人株式会社加工技術部機能衣料開発グループに所属。2014年からは現職である帝人フロンティア株式会社の技術開発部機能テキスタイル・製品開発課課長として、一貫して高機能素材の開発を担当している。

Text by Noritatsu Nakazawa(ALTANA inc.)

LINEでシェアする