2022.11.15

「歩容」でリアルとメタバースを変える:ORPHEのスマートシューズ「EASYRUN SHIBUYA」

ANREALAGEとのコラボや乃木坂46の全国ツアーでも着用された株式会社ORPHEのスマートシューズが新たな進化を遂げた。

「足元から世界を変える」をミッションに掲げる同社は、モーションセンサーをソールに搭載することで、簡単に歩行データを収集・解析するスマートシューズを発表した。今回、同社が発表したシューズにはNFTが同封されており、気軽にメタバースを体験することが可能となっている。

近年ではウェアラブル・デバイスの登場により、誰でも生活の記録を取ることができるようになったが、「歩行」を記録することにどのような狙いがあるのだろうか。先日アシックスとのコラボを発表し、注目を浴びる同社にスマートシューズの可能性について伺った。

PROFILE|プロフィール
宮田 知起(みやた ともき)
宮田 知起(みやた ともき)

ORPHE Inc. フットウェア プロダクトマネージャー

PROFILE|プロフィール
旭岡 瑠々(あさひおか るる)
旭岡 瑠々(あさひおか るる)

ORPHE Inc. アプリケーション プロダクトマネージャー

オルフェシリーズによる「歩容解析」

はじめに、「歩行」に注目された背景や起業の経緯を教えて下さい。

弊社は、代表の菊川が学生時代に「新しい楽器を作りたい」という思いから始まりました。元々菊川はインタラクションデザインを学ぶ研究室の出身で、ダンスの動きをセンシングして、音と光を出力するシューズを開発していました。

そこから「日常を表現する」をミッションに掲げ、ウェアラブルデバイスを軸としたサービスやプロダクトを作っていくために、2014年に株式会社ORPHEを設立しました。2016年には、「ORPHE ONE(オルフェ ワン)」というダンス・エンターテイメント向けの商品を一般販売しています。

その後、Chief Sprint Officerとして加入した元陸上競技選手の為末大さんからアドバイスを頂いたり、資本業務提携を結んだアシックスさんと実証実験を行いながら、試作を重ねてきました。その成果が、2019年に日常に寄り添うプロダクトとして販売した「ORPHE TRACK(オルフェ トラック)」です。

画像: null
オルフェシリーズの鍵となる「ORPHE CORE(オルフェ コア)」の特徴を教えて下さい。

「ORPHE CORE」はモジュール・パッケージになっており、6軸のモーションセンサーや32ビットのマイクロコンピュータに加えて、bluetoothモジュール、バッテリー、フラッシュメモリー、フルカラーLEDなどから構成されています。

詰め込まれたモジュールの量に対して、手のひらサイズに収まっており、そのうえ20グラムと軽量ながら、ipx7相当の耐水性と衝撃に耐えられる設計になっています。消費電力も極力抑えることで、連続駆動時間は7時間ほどになります。そのため、フルマラソンでも安心してご使用いただけます。

弊社の強みは「歩容解析」にあります。普段の歩行で、どのくらいの角度で足が着地したのか、どれだけ足が上がっているかなどを独自のアルゴリズムで解析します。1歩ごとの着地を左右それぞれで算出できることが強みになってます。

また、センサーが動きに応じて光ることにも注目してほしいです。たとえば、つま先から着地すると青色に光り、足全体だと緑色に点灯します。また踵から着地すると黄色に光るなど、全身のモーションキャプチャを付けなくても、動きの判断ができるようになっています。

画像: null

センサー+シューズ=スマートシューズ

リアルとバーチャルを行き来する新コンセプトシューズ「EASYRUN SHIBUYA 3.0」の特徴を教えて下さい。

もともと「楽しく運動する」という観点から、「ランニングやウォーキングを継続的に続けたいと思っているユーザー向けに開発をしたい」という思いがありました。そのためには、シューズの改革が必要でした。

センサーが入るシューズ設計になっていることだけでも、他社の製品には見られない特徴だと思います。ソールに穴をあけるとどうしても他の部分が弱くなってしまうため、中足部には樹脂パーツを設けました。

足の中央は歩いたり走ったりするときに、非常にねじれやすい箇所になりますが、そこをしっかりと剛性がある素材で支えることで、機能的な側面をサポートしつつ、外からセンサーの光を確認できるようにしています。

また、ストレスなく長時間着用いただくという観点から、センサーを入れる場所にもこだわっています。センサーの位置が踵に近いと違和感があったり、つま先に近いと足先が曲がらないという弊害が生じてしまいますが、そこを何も感じさせないような場所に配置することに成功しました。

そして、アッパー部分に通気性の高い2層構造のメッシュを用いることで、長時間の着用にも対応しています。

画像: null
得られたデータは、どのように活用できるのでしょうか。

先ほどお話しした専用アプリ「ORPHE TRACK」を利用して、ランニングのデータを提供しています。こちらはランニングのデータをレーダーチャートによって5段階評価し、着地した足の角度やどこから着地した回数が多かったかなどが確認できます。 それを元に「今後どのように行動すべきか」「どこを鍛えていけばいいか」といったフィードバックを受け取ることができます。

また、企業や大学の研究者向けには「ORPHE ANALYTICS」を提供しています。こちらは解析前のセンサー値など細かく見れるようにしたり、画像解析の機能を用いて、スマホのカメラによってモーションキャプチャーで確認できる関節点などを表示したりできるため、実証実験や研究用途に適しています。

また、現在は医療向けの「ORPHE ANALYTICS MEDICAL」を開発しています。臨床で活用いただくために、セットアップ から計測、レポートの提出という一連の流れを意識して、現場の方にも使いやすいものを目指しています。

アシックスとのコラボでは「EVORIDE ORPHE(エボライド オルフェ)」と「RUNWALK ORPHE(ランウォーク オルフェ)」を発表されましたが、どのような経緯だったのでしょうか。

以前から実証実験という形で、アシックスさんとは取り組ませていただいたのですが、2019年の3月から7月にかけて実施された「アシックス・アクセラレーター・プログラム」で、弊社が最優秀賞を受賞したことが共同開発のきっかけになります。

アメリカのラスベガスで開催されたCES 2020でプロトタイプを出品したのち、ブラッシュアップを重ねてセンサーを搭載できるシューズ「EVORIDE ORPHE」をクラウドファンディングサイトのMakuakeで販売しました。

弊社はセンサーを提供するだけでなく、デザイン面でもご提案をさせていただきました。気づかれない人が多いのですが、EASYRUN SHIBUYAのソール裏面には渋谷の地図が描かれています。こうした遊び心を取り入れてほしいという要望を出しています。

画像: null

そのため「EVORIDE ORPHE」の中敷きをめくっていただくと、地図が見えるはずです。片足は弊社のある渋谷で、もう片方はアシックスの本社の神戸が描かれています。

EVORIDE ORPHEはおかげさまで大盛況となり、「ウォーキングにも対応してほしい」という声を多くいただきました。そこで開発したシューズが、今回発表した「RUNWALK ORPHE」になります。

画像: null
アシックスから提供されるアプリ「ASICS ORPHE WALK」の特徴は何ですか。

こちらはアシックスの研究部署の方と協力して、「心のセンシング」に注目したアプリになっています。すでに実証実験がされており、歩行時に頭を使って物事を考えると歩幅やタイミングが乱れることがわかっています。その結果を応用して、歩き方から精神面がどのような状態にあるのかをスコア化してくれます。

もちろん、歩き方の角度などは表示されますが、それよりもいまの心と身体の状態を把握して、「頑張りすぎてますよ」「もう少し歩くようにした方がいいですよ」といったフィードバックを提供するようになっています。

これまでのランニングアプリよりも、日常に寄り添った優しいデザインに仕上げています。

スマートシューズでリアルとメタバースを歩く

EASYRUN SHIBUYAの注目はNFTの同封だと思いますが、メタバースにはどのような期待がありますか?

メタバースの特徴は、現実世界と繋がることができることです。弊社としては、現実の動作や行動が連動することで、現実とメタバースの両方の空間が拡大していくことを期待しています。

たとえば以前展示用に試作した「ORPHE TRIP」は仮想空間でランニングが体験できるソフトウェアで、現実世界のスマートシューズがメタバースに映し出され、実際に右足を伸ばすと、メタバースの右足も動くといったように連動する形になってます。

現実世界では離れていても、同じバーチャル空間上で一緒に走り、データを共に確認できるといった体験を作り出していきたいと思っています。そうすれば、さらなるコミュニティが誕生して、ブロックチェーンとの連動やデータをNFTやポイントと交換できるような新たなサービスの循環が生まれると考えています。これこそ弊社が目指す「スマートシューズを基軸としたサービスの広がり」です。

今回、EASYRUN SHIBUYAにNFTを同梱したのは、もっと身近にNFTやメタバースを感じていただきたいという思いからです。実際に聞いたことはあるけど触ったことがない方のために、この製品をきっかけにNFTに触れるという体験をしていただければと思います。

画像: null
これまで集めたデータや技術を活用して、挑戦していきたい分野がありましたら、教えて下さい。

弊社としては、これまでのシューズの概念を変え、 スマートシューズをファッションの一部として当たり前のものにしていきたいと考えています。

そうすることで、仕事で行き詰まったときにちょっと散歩してポイントを貯めて、それでコーヒーを買ってリフレッシュできるといった、より良い循環が生まれてほしいです。

#Wearable Device
LINEでシェアする