2022.11.22

南極観測隊のダウンを手がけるZANTER JAPAN(ザンタージャパン)の−60°に耐えられるものづくり

南極昭和基地で活動する南極観測隊のダウンは日本の企業が製造している。そんな噂を聞きつけ、とある工場へと向かった。過酷な環境で使用されるダウンの提供の歴史や、そのノウハウを存分に注ぎ込んだオリジナルブランド『ZANTER JAPAN(ザンタージャパン)』について(株)ザンター営業課長 比多賀 尚也さんに話を訊いた。

きっかけは日本のマナスル登山隊と共同制作したダウンウェア

自然の驚異と共にある南極観測隊へダウンウェアを提供するというのは、並大抵の事ではない。提供のきっかけは、とある日本の登山隊が起こした快挙だった。
 
「1956年当時は『羽毛装備』と呼んでいたダウンウェアを南極観測隊に提供し始め、現在でも続いています。
 
きっかけは、まず世界で8番目に高いマナスルという山に登る、日本のマナスル登山隊に羽毛装備を作りました。そして登山の過酷さは世界一と言われるマナスルの登頂に成功して、その装備を作ったノウハウが南極観測隊への提供のきっかけになったと聞いています」

画像: ザンター社が保有している南極観測隊の写真。古い物だが年代は不明との事
ザンター社が保有している南極観測隊の写真。古い物だが年代は不明との事

ダウンジャケットが産声を上げた1950年代から現在までのダウンウェアの進化

技術の進歩や、経験の積み重ねによって進化してきたザンターのダウン。日本で初めて作られた1着のダウンから、そんな歴史を継ぐオリジナルブランドのアイテムまでをその移り変わりと共に解説して頂いた。

「弊社は、1951年に日本で1番最初にダウンジャケットを作りました。当時を知る者はもう居ないのですが、親会社が羽毛布団の東洋羽毛工業なので、羽毛に関しては背景があり、そこからダウンジャケット作りに着手して行ったと考えられます。
 
南極観測隊に1番最初に提供したダウンジャケットはアイテムも写真も残ってはいないのですが、最初に提供したマナスル登山隊の頃は、雨に弱い羽毛を守るために傘で使う生地『傘地』でダウンジャケットを作って、さらにヤッケみたいなものをダウンの上から着て登山していたようです。更にその当時は『ダウンパック[1]』という概念も無く、生地と生地の間に直接羽毛を入れていた時代があったようです。
 
弊社にはZANTER JAPAN というオリジナルブランドがあります。そこでリリースされている『VINTAGE MODEL DOWN JACKET』通称『ヴィンテージ』というモデルがあるのですが、その当時のダウンジャケットが原型となっています。
 
今は製品にする為に最上のクォリティに仕上げ『 Ventile(ベンタイル)[2]』というコットンなどを使っていますが、 デザイン自体はほぼ同じ物になります」

ダウンのクォリティが上がれば、それはそのまま極寒地作業のパフォーマンス向上に繋がるだろう。徹底的な品質へのこだわりで世界基準までになったダウンのスペックはどのようにして生み出されるようになったのだろうか。
 
「当時と今で大きく変わったのはダウンそのものだと思います。羽毛のクォリティは、昔はかさ高と呼んでいましたが『フィルパワー[3]』という言葉で表現します。フィルパワーの高いダウンを作るには羽毛を洗う工程が大事になってくるのですが、昔は世界的にその技術が今ほど優れてはいなかったと思います。
 
当社では『エコテックス®[4]』という規格に沿ってしっかり洗い、不純物を取る事でフィルパワーを上げています。不純物の無い精度の高いダウンは、少ない量でも暖かく、世界基準のクォリティに仕上がるということなのです。
 
羽毛は国内外の契約農家から入ってきて、まず選別という作業があります。風を送って軽い羽毛だけが飛んで、ほこりなどの不純物は下に下がって行くという機械で調整してから最後に洗浄する事で品質の高いダウンが出来上がります。

例えば100kgの羽毛を仕入れたら、30kgぐらいは不純物として出てきます。福島県阿武桑川のキレイな水で洗って、使った水はまた自社でキレイにして川に戻すという循環をしながら洗毛しています」

画像: 精毛されダウンジャケット中に入れられる直前の羽毛
精毛されダウンジャケット中に入れられる直前の羽毛

変わることと変わらないこと。今も南極観測隊で実際に使っているダウンジャケットにはそんな技術と想いが詰まっている。

「南極観測隊で実際に使っている物と全く同じモデルがそのまま製品になった『JP ORIGINAL DOWN』という商品があります。ダウンの性能はもちろん最高のものになっていて、表生地は透湿性と撥水性に富んだ3層構造の東レ『ブリザテック[5]』という生地を使っています。 

以前はナイロンも分厚いものを使っていましたが、3年前から使用しているブリザテックは軽く、だいぶ軽量化出来ていると思います。素材は進化して変わっても、基本的なデザインはもう何年も大きく変わっていないのも特徴かもしれません」

画像: 現在も南極観測隊が使用している下の装備ダウンパンツ。上着同様-60°Cまで耐えられる本格的な設計。国内精毛の800フィルパワーダウンを使用している
現在も南極観測隊が使用している下の装備ダウンパンツ。上着同様-60°Cまで耐えられる本格的な設計。国内精毛の800フィルパワーダウンを使用している
画像: 今現在ザンター社に残っている、上下が揃っている最も古い羽毛装備。おそらく80年代後半から90年代初頭の装備と思われ、現行の装備と比べると進化が分かる
今現在ザンター社に残っている、上下が揃っている最も古い羽毛装備。おそらく80年代後半から90年代初頭の装備と思われ、現行の装備と比べると進化が分かる

極寒冷地仕様で培ったノウハウが詰め込まれた最強の街着

これまで紹介してきた極限の状況で使用されるハイクォリティなアイテムのノウハウを詰め込んだ、最強の街着と呼び声高いアイテムを放つオリジナルブランドZANTER JAPAN。その誕生と注目アイテムを見てみよう。

「元々販売目的のダウンジャケットはレディースしかやっていませんでしたが、2012年に南極観測隊のバックボーンをもったブランドを始めようと、社名の“ザンター”「山を登る人(山登人)」からイメージしてZANTER JAPANが誕生しました。

南極観測隊の『JP ORIGINAL DOWN』に劣らないクォリティで、街着としてはオーバースペックなところを調整して作られた『WP-H』というモデル1型のみでブランドをスタートし、今ではブランドを代表するアイテムになりました」

きちんとリサイクルすればダウンは100年持つ

自然素材から作られるダウンウェア。海外へ向け、日本での素材の循環にこだわりつつも、クォリティは決して妥協しないザンター社のSDGsへの取り組みを訊いた。

「数年前からヨーロッパに向けてセールスを開始したのですが、そこで海外のバイヤーの方達から1番言われたのは環境事業やSDGsへの取り組みの事だったんです。それを受けて弊社もライトダウンのカーディガンとべスト。そしてマフラーの3型をリサイクル素材で作り始めました。

生地は『ECOPET®(エコペット)[6]』素材というペットボトルか作られるリサイクルポリエステルを使っており、ダウンは100%リサイクルの物を使っています。

羽毛自体は耐久性があって、きちんとリサイクルすれば100年ぐらい使えるといわれています。拘っているのは、国内のダウンで100%リサイクルするという事なので、親会社の東洋羽毛の古布団からリサイクルした羽毛を使っています。東洋羽毛の布団は良質なものなので、リサイクルをしても600フィルパワーが維持でき、かなりクオリティの高いものになっています。

今はみんなが食べた北京ダックなどの副産物がダウンとなって市場に出回っていますが、そういった動物の毛を使ったものは、これから未来どうなっていくかわからない。なので上質なダウンを作ってそれをリサイクルしていくという循環ができればより良いのかなと思います」

画像: カーディガンタイプ、べストタイプ、マフラーいずれもライトダウンで インナー等に最適。ECOPET®生地、ダウンは国内100%リサイクルの物を使用
カーディガンタイプ、べストタイプ、マフラーいずれもライトダウンで インナー等に最適。ECOPET®生地、ダウンは国内100%リサイクルの物を使用

最後にザンター社の工場内を見せて頂いた。どれも見慣れないながらも、歴史を感じ、数々の名品を生んできたと言わんばかりのオーラを放つ機械ばかりが立ち並ぶ。

画像: 神奈川県大和市にあるザンター社の工場、提携の工場が福島と岩手にもある
神奈川県大和市にあるザンター社の工場、提携の工場が福島と岩手にもある
画像: 吹き出し口から必要グラム数のダウンが出てくるという機械
吹き出し口から必要グラム数のダウンが出てくるという機械
画像: 生地の隙間から羽が出てこない様に生地の密度を測る機械
生地の隙間から羽が出てこない様に生地の密度を測る機械
画像: このミシンでサンプルや製品を縫っている
このミシンでサンプルや製品を縫っている

様々なものが移ろう時代だからこそ、長く愛せるものを大事にしたい。日本のダウンの歴史そのものが詰まったザンターのダウンジャケットは、熱い想いを包み込んで遠い未来まで運んでいってくれるはずだ。これからのザンターから目が離せない。

[1]ベンタイル(Ventile)とは、綿の糸を限界まで打ち込み、織り機の密度を限界以上に上げて織った高密度の生地。

[2]ダウンパックとはダウンジャケットの表地から羽毛が出てこないように中にダウンを包んでおく縫製方法。
 
[3]フィルパワーとは数値が大きいほど空気を多く含むため、保温性に優れた良質なダウンといえる。フィルパワーが大きいと、少ない量のダウンでかさ高いダウンが作ることができるため、軽いウェアとなる。
 
[4]エコテックス®とは、世界最高水準の安全な製品の証明をはじめ、繊維ビジネスにおける、世界に通ずる安全の証。

[5]透湿防水素材「ブリザテック」は、生地表面は水をはじくとともに生地の内部まで水を浸透させず、撥水、防水性能と内部に滞留した湿気を外部に放散する性能を兼ね備えた素材。

[6]ECOPET®とは回収された使用済みペットボトルを原料とし、「マテリアルリサイクル工程」を経て生産された帝人フロンティア株式会社が開発したポリエステル繊維。

PROFILE|プロフィール
比多賀 尚也(ひだか なおや)
比多賀 尚也(ひだか なおや)

(株)ザンター営業課長 ザンターに携わり20年、国内外のセールスと取りまとめ、企画も担当している。

LINEでシェアする