Fashion Tech News symbol
Fashion Tech News logo
2023.04.21

アプリ不要で没入感を実現する「バーチャル試着サービス」で、ECの課題を解決:株式会社Sally127

アパレル系ECにおいて、「購入してみたらイメージと違った」「サイズが思っていたものと違う」といった消費者の課題を解決するとともに、販売促進ツールとしても注目されている技術「バーチャル試着」。

各社がさまざまな取り組みをしているなかで、アプリ不要でECサイトに直接埋め込む形のバーチャル試着サービスを開発したのが、株式会社Sally127(サリーワンツーセブン)だ。

同社のサービスは、AIとARを活用することにより、スマホ上で没入感が高いバーチャル試着を体験することができる。ECサイトを持つ企業は、同サービスのコードを埋め込むだけで利用可能になるため、専用アプリやシステムを開発する必要がない。

そこで今回、この画期的なバーチャル試着サービスを開発した同社の代表取締役を務める鳥巣彩乃さんと、取締役CTOの小野沢敦さんに、サービスを開発することになったきっかけ、技術的な特徴、今後の展開などについて聞いた。

アパレル業界の課題解決を目指す

同社は、鳥巣さんが学生時代から抱いていた「アパレル業界の課題を解決して役に立ちたい」という想いから創業されたという。そのなかで、鳥巣さんはなぜバーチャル試着のサービスを提供したいと思ったのだろうか。

「バーチャル試着に取り組もうと思ったのは、『消費者目線』と『クライアント目線』の2つにあります。

消費者目線としては、ECサイトで世界中の洋服が試着できたら、ものすごく楽しい体験になるという想いがありました。

そしてクライアント目線としては、この十数年でたくさんのブランドが倒産したり、なくなったりしたなかで、もっとECで洋服が売れる状態を作れたら、アパレル業界が盛り上がるはずだという想いがありました。

また、私は大学生のときにアパレル志望で販売員のインターンをしていたのですが、当時の会社が試着をKPIに置いていたことで、試着してもらうかどうかで、購入率がまったく変わることを学びました。

売り上げにとって一番大事なポイントは試着してもらうこと。その時の経験が今につながっています」

アプリではなくウェブである理由

鳥巣さんは就活をした結果、アパレル業界にそのまま進むのではなく「アパレル業界の役に立つ事業を生み出す力をつけたい」と考えるようになり、進路を変更してリクルート社に入社。そこで小野沢さんと出会い、2人で会社員をしながら開発したのが今回のバーチャル試着サービスだ。

最大の特徴はアプリではなくウェブでARを追従させていることだが、なぜこの仕様での運用となったのだろうか。

「やはりクライアントや消費者にとって、使い勝手の悪いものは浸透しないと考えたことが一番です。リクルートの業務の中で学んだことのひとつです。

クライアントからすると、業務の中で新しいアプリを導入するとなると、システム開発などの費用やノウハウも必要でハードルが高い。また、消費者からしても、今までさまざまな試着アプリが生まれましたが、結局馴染んだものはありません。そのため、開発当初からアプリは一切考えていませんでした」

それでは、今回のバーチャル試着サービスの開発は、どのような点に苦労したのだろうか。外注せずに1人で開発を担当した小野沢さんは次のように語る。

「一番苦労したところは、WebでARを高い精度で体に追従させることです。

たとえば、僕たちのAR技術は、スカートをはいている状態で右足を上げると、足の動きに合わせてスカートが持ち上がります。そして、持ち上がったスカートと持ち上がっていないスカートの間の布が、きちんと伸びます。

こうした点に関して、日本で表現ができているのは僕たちだけなので、本当に試行錯誤してたどり着きました。

また、ARで表示された洋服は360度、体に追従するようになっており、後ろ姿を確認できることも特徴です。

今回の開発は、『ウェブ上で洋服を着たい』というイメージだけでスタートしており、プロダクトの詳細を定義せずに、プロトタイプを作っては壊しを繰り返した結果、リアルさと没入感を追求することになりました。開発期間は約4年で、会社員時代に経験した『要件定義をしっかり行ってからシステムを開発する』とは真逆の手法で取り組みました。自分たちが納得するような、芸術作品を作るのに近い感覚だったかもしれません」

バーチャル試着はエンターテインメントではなく、あくまでもリアルで没入感がなければいけないと考えた背景には、鳥巣さんの販売員としての経験も反映されている。

「なぜ没入感が大事かというと、洋服を店舗で買うお客さまは、試着室に入って『私かわいいじゃん!』『私って素敵じゃん!』と感じるような楽しくワクワクする体験がなければ購入につながらないと、販売員時代に実感したからです。

だからこそ、アバター型の試着や写真の合成ではなく、没入感のあるARである必要がありました」

バーチャル試着で今後実現したいこととは

現在、同サービスは同社が運営するECサイト「真夜中のランウェイ」において埋め込みがされており、実際にバーチャル試着を体感することができる。

今後、同サービスをどのように展開していきたいのだろうか。鳥巣さんはアパレル業界への貢献と、消費者の課題解決を改めて強調した。

「今までのバーチャル試着は、エンターテインメント性が強かったと思います。それに対して私たちは、洋服を売るための販売促進として位置づけています。洋服が売れて、アパレル市場を盛り上げていくことが、ミッションです。

そのためには、消費者の困りごとを解決しなくてはいけません。コロナ禍もあり、ネットで洋服を買う人が増えましたが、そのぶん失敗もしています。

ECでの買い物で一度失敗すると、もうネットでは買いたくないとか、知っているブランドしか買わないとか、返品し放題のサイトでしか買わないなどというように、少しずつ行動変容が起きてしまいます。

知らないブランドや高単価な洋服でも、安心してネットで買えるような世界を作っていくためにも、私たちのバーチャル試着を多くのサイトに使っていただきたいと思っています」

そして小野沢さんは、技術を用いながらも、あくまで消費者の体験の向上を目指すと語った。

「僕たちは技術を使って課題解決や、楽しい体験を提供していくことを目指している会社ではありますが、その技術のすごさを伝えようとはしていません。というのも、一番優れている技術は、技術であることがわからないことだと考えているからです。

僕たちがベンチマークしている会社はウォルトディズニー社。ディズニーランドに、どれだけAIやロボットの技術が使われているか、一般の人は全然知らないし、気づかずに楽しんでいますよね。

それと同じように、技術は手段の一つでしかなくて、消費者の皆様が楽しいと感じることが何よりも大事です。

その意味で、現在ネットで洋服を買うのは、実際にお店で買うときとは全然違う体験だと思います。まだまだネガティブな要素が多いと思いますが、これを数年でなくして、リアルで洋服を買うときと同じくらい、さらに言えば、それ以上に楽しく洋服を買う体験を提供することを目指していきたいですね」

PROFILE|プロフィール
鳥巣 彩乃(とす あやの)
鳥巣 彩乃(とす あやの)

株式会社Sally127
代表取締役
07年日本女子大学卒業。
大学時代はアパレルで長期インターンに参画。卒業後はベンチャー企業での事業立ち上げを経て、(株)リクルートマーケティングパートナーズ(現リクルート)に入社。事業企画スタッフとして事業計画の策定やKPI設計に携わったのち、社内新規事業コンテストにてグランプリを獲得、社内起業としてインターネットサービスを立ち上げ責任者を務める。その後、シリコンバレーのアクセラレータープログラムを経て、2022年までリクルートリカレント事業の業績改革を責任者として牽引。2017年Sally127創業。

PROFILE|プロフィール
小野沢 敦(おのざわ あつし)
小野沢 敦(おのざわ あつし)

株式会社Sally127
取締役 CTO/テックリード
94年生まれ。14歳よりプログラミングに目覚め、独学で多数のゲームやツールを開発。高校・大学と情報技術専門コースへ進学した生粋のエンジニア。高校生の時点で国家試験である基本情報技術者試験に合格(東京都内高校生合格者6名のうちの1名)。大学時代は子供向けプログラミング教室の講師として活動しながら当時はまだ珍しかったプロジェクションマッピングを卒業制作として発表。卒業後(株)リクルート100%子IT会社である(株)ニジボックスに入社。リクルート所属の新規事業エンジニアを経て、国内最大級の就職サイト「リクナビ」にて、テクニカルディレクターを務めた。2017年Sally127共同創業。

#Virtual Fitting
LINEでシェアする