2022.09.21

オンラインリセール市場を席巻してきた StockX(ストック エックス)が実店舗オープンで見据える未来

スニーカーにおけるオンラインの世界最大リセール市場で、確固たる地位を築いてきたStockX(ストック エックス)。7月にニューヨーク、香港、ロンドンに続く、常設ストア「StockX Tokyo ドロップオフ&ストア」をオープンした。いま日本にオープンした理由や狙いを、StockXジャパンの責任者であるシニア ディレクター、デュイ・ドーン氏に話を聞いた。

原宿はスニーカーとストリートカルチャーの結びつきが強い街

 現在、二次流通の市場規模はスニーカーだけでも100億ドルに達しているといわれる[1]。しかも2030年には、スニーカーとストリートウェアの世界のリセール市場が約300億ドル規模になるとも予想され[2]、盛り上がりを見せている。そのなかでレアなアイテムが適正価格で手に入ると、ユーザーから支持を得ているのが「StockX(ストック エックス)」だ。

2016年にアメリカのデトロイトで設立された同社は、当時のオンラインコミュニティーにおいて、個人間での取引が信頼性に欠ける状況だっため、それを解決すべく誕生した。

StockXジャパンのシニアディレクターであるデュイ・ドーン氏はこう語る。

画像: StockXジャパンのオフィスの机の中には、お馴染みのタグが収納されている。この光景は圧巻だ
StockXジャパンのオフィスの机の中には、お馴染みのタグが収納されている。この光景は圧巻だ

「オンラインマーケットで取引されるアイテムが、まるで株などの資産のように取り引きされるイメージを投影するために『Stock』というワードを使いました。スニーカーにこだわらず、色々なアイテムを取り引きして欲しいという願いから『StockX』と名づけました」
 
設立以後、世界規模で確固たる地位を築いてきたのは周知のとおりだが、オンライン市場だけにとどまらず、StockXが仕掛けたのは、実店舗(ストア)の展開だった。ロンドンでの期間限定ストア、そしてニューヨーク、香港に続く、3店舗目の常設店として2022年7月、原宿に「StockX Tokyo ドロップオフ&ストア」をオープンさせたのは記憶に新しいだろう。
 
「実店舗をオープンさせた各都市が、StockXにとってとても重要な意味を持っています。ニューヨークはアメリカにおけるストリートカルチャーの聖地で、スニーカーはもちろんファッションでも欠かせない場所。しかもヒップホップカルチャーなどが生まれた場所でもあるので、ここは外せませんでした。ロンドンは欧州におけるファッションと音楽の中心地で、香港もトレーディングという面でアジアのハブ(集約点)になっているという要素が強かったですね。
 
今回、日本にストアをオープンさせましたが、東京というより“原宿”に展開したかったのは、世界に向けてストリートカルチャーを発信してきた歴史があり、スニーカーとストリートカルチャーが密接に結びついている都市だったから、原宿にこだわりたかったのです」

画像: ショップのオープン時に発売されたStockXとBlackEyePatch(ブラックアイパッチ)と、ニートTOKYOのトリプルコラボTシャツ。プリントによっては人気のため即完売だった(参考商品)
ショップのオープン時に発売されたStockXとBlackEyePatch(ブラックアイパッチ)と、ニートTOKYOのトリプルコラボTシャツ。プリントによっては人気のため即完売だった(参考商品)

商品のキュレーションによってさまざまなカルチャーを発信する

 StockXは日本のスニーカー市場をどう分析しているのだろうか。
 
「日本市場を見ていて特徴的だなと思うのは、スニーカーだけに限らず、コラボや限定品に人気があるという部分ですね。例えばシュプリームとエミリオ・プッチとのコラボアイテムでいうと、ベルリンや香港、ロサンゼルス、ソウルといった世界の重要都市と比べても、日本は9倍も多く取り引きされているというデータが出ています。コラボというレア商品に関して感度の高さは際立っていますね。自分もコラボアイテムに関してはアンテナを張っているので例外ではありませんが……(笑)」
 
とデュイ・ドーン氏は笑う。

今年7月にオープンした「StockX Tokyo ドロップオフ&ストア」は、他にはないショップ体験ができるそうだ。彼はこう言葉を続ける。

画像: ストアでは取引が成立した商品を持ち込むことができるし、実際に商品を手に取ることができる。キュレーションされたアイテムも注目したいところ
ストアでは取引が成立した商品を持ち込むことができるし、実際に商品を手に取ることができる。キュレーションされたアイテムも注目したいところ

「ニューヨークや香港などストアを展開する他の都市で立証されているように、売り手が直接ストアへ持ち込むことができるのは利点ですよね。これまでは、商品が売れたらStockXの認証センターへ配送する必要がありましたが、ストアに直接持ち込むことによって、梱包や発送の手間をかけずに手続きができるようになります。そして文化的な面の話になりますが、おもてなしではないですけど、日本ではお客様に対する接客やスタッフとのコミュニケーションが重視されるので、そこにも注目しました。
 
また、日本の店舗では、StockXが商品をキュレーションして店頭に展示しています。私たちが発掘する新しいカルチャーを紹介していく点もポイントです。もちろん店頭に置いてあるアイテムはそのままStockX上で購入できるのもメリットのひとつ。ストアに来てもらい、実際に買い物をしてもらうことで、“StockXはこういうメッセージを発信したいんだな、こういう商品を取り扱っているんだな”という体験を実際にしていただけるのです。
 
原宿という日本のストリートのメッカで、人が集まり、各コミュニティがどんどん広がりながら繋がっていく。世界へ向けて日本のカルチャーを発信していけたらと願っています」
 
現に、ストアのオープン時にはBlackEyePatch(ブラックアイパッチ)と、ニートTOKYOとのトリプルコラボのアイテムを発売店頭限定発売(即完売し現在品切れの商品もあり)し、話題を呼んだ。さらに人気のストリートブランドMAGIC STICK(マジックスティック)やFR2(エフアールツー)ともコラボを展開し、新たなコミュニティの場所となる役割を果たしている。

画像: コラボ第2弾として登場したMAGIC STICK(マジックスティック)とのコラボパンツ。吸湿速乾にUVカット加工など機能的なうえに、ジャージ素材で動きやすい
コラボ第2弾として登場したMAGIC STICK(マジックスティック)とのコラボパンツ。吸湿速乾にUVカット加工など機能的なうえに、ジャージ素材で動きやすい
画像: ヴァンキッシュの石川涼氏が立ち上げた新ブランドFR2(エフアールツー)。TシャツとショーツのセットアップはStockXのカンパニーカラーであるグリーンが効いている
ヴァンキッシュの石川涼氏が立ち上げた新ブランドFR2(エフアールツー)。TシャツとショーツのセットアップはStockXのカンパニーカラーであるグリーンが効いている

スニーカーやストリートはブームではなくカルチャー

 冒頭にも記述したが2030年には、スニーカーとストリートウェアの世界のリセール市場が約300億ドル規模になるといわれている。デュイ・ドーン氏は、これからのリセール市場をどのように見ているのか。
 
「自分自身、90年代後半から2000年代初頭にかけてスニーカーヘッズとして過ごしました。当時はナイキのダンクが人気を極めていました。それ以後、その人気は収まりましたが、そこから現在のようにまたダンクの人気が復活するとは思いもしませんでした。流行は繰り返すように、その時代のテイストメーカーが履くことで、流行が繰り返され、市場は盛り上がり続けています。
 
さすがに5年後、10年後にどのスニーカーがトレンドになっているかまでのフォーカスは難しいですが、自分の過去の経験則から言えることは、スニーカーへの注目はすでにブームではなくカルチャーになっているのではないでしょうか。何かのきっかけでトレンドに上がるスニーカーが入れ替わることで、その市場が廃れることがないと予想してます。StockXで取引されているのはスニーカーではなくカルチャーです」

画像: StockXジャパンのオフィスにはレアな奈良美智のデッキが飾られている
StockXジャパンのオフィスにはレアな奈良美智のデッキが飾られている

第2次スニーカーブームとされる90年代後半から2000年代初頭は、今ほど情報に溢れていなかったので、スニーカーに興味があるユーザーだけが盛り上がっていた。もちろん、それでもスニーカーにおける市場規模は相当大きなものだった。しかし現代では、インターネットが発達し情報にあふれる時代になったことで、スニーカーに興味がない人でも、その情報を簡単に入手できるようになった。スニーカー好きだけじゃなく分母が増えたことで、現代ではスニーカーの市場規模は拡大の一途を辿っている。
 
当時、スニーカーは情熱を向けられるコレクションアイテムという対象だったが、今は自分が好きなコミュニティの情報の中にスニーカーが含まれるなど、カルチャーの一部として捉えられている。

画像: 「スラムダンク」が好きというデュイ・ドーン氏。取材日の足元はジョーダン6。気分は桜木花道だとか
「スラムダンク」が好きというデュイ・ドーン氏。取材日の足元はジョーダン6。気分は桜木花道だとか

「第2次とか第3次とかスニーカーがわかりやすいブームになってないのは、カルチャーになってきているからだと思います。今後もStockXからさまざまな発信を通じて、スニーカーをカルチャーにしていきたいですね。だからこそ、ストアを展開する都市選びは重要。カルチャーを作り出せるような意味のある都市にストアを展開していきたいですね」
 
スニーカーやストリートをブームからカルチャーへ。それらが確固たる地位を築くための牽引者に、StockXはなっているのだ。

[1]    出典:Piper Sandler, Innovator Spotlight: StockX; Feb 2021
[2]    出典:Sneakers As An Alternative Asset Class Pt.2; July 2020

PROFILE|プロフィール
Duy Doan(デュイ・ドーン)
Duy Doan(デュイ・ドーン)

StockXジャパンのシニアディレクター。NBAからスニーカーへの興味を持ち、アメリカで90年代のスニーカーブームを体感した元祖スニーカーヘッズ。漫画「スラムダンク」が大のお気に入りで、ジョーダンシリーズは「ジョーダン11」のブラックが好みだとか。

Text by Yasuyuki Ushijima

LINEでシェアする