2022.09.30

「いけないのファッション展」は問いかけるーーどこがいけないのか、本当にいけないのか

ファッションの歴史を振り返ると、その当時は好ましいファッションとして流行したが、価値観の変化や新たな知識や技術の更新によって「環境に悪い」「差別的である」「健康被害がある」など、様々な理由から「身につけるべきではない」とされたものが多数存在する。

そうした、現代の価値観では忌避されがちなファッションに関する素材から資料までを集めた展示で、注目を集めているのがアクセサリーミュージアムで開催中の「いけないのファッション展」だ。

同展は、「毒で光るガラス、人型のアクセサリー、生き物たちの毛皮。みんなみんな文化的でオシャレだった。」というフライヤーのメッセージに象徴されるように、現代的な視点で「いけないのファッション」を単に否定するのではなく、来場者自身に考えてもらうことを促す展示となっている。

今回、同展を担当した同館の学芸員・北村理沙子さんに、企画の成り立ちから展示に込めた想いまで聞いた。

今回、「いけないのファッション展」を開催することになった経緯について教えてください。

当館は、常設展や企画展を行うとともに、修理工房で「コスチュームジュエリー」の修理やリメイクをお受けしています。その際、現代では使えない素材が含まれているケースがあるんですね。

たとえば、素材の入手自体が難しくなったものや、現在採取できないもの、なかには鉛のように体に影響があると考えられるものまであります。その場合は、今後も使えるように素材の変更などをご提案しています。

こうしたものがお客様から持ち込まれるたび、当館館長と私たちスタッフの間で「この素材は今はもう使えないのよ、最近の若い子は知らないわよね」「本当ですか、初めて聞きました」といった会話が積み重なっていきました。

そうしたなか、「それならば、若い世代に向けて、現代では使えなくなったものをテーマに企画展をしましょう」という館長の鶴の一声で、企画がスタートしました。

最初は、展示に関して当館所蔵の象牙などの素材を中心に検討を始めました。でも、素材だけではインパクトが弱いと感じたんです。また、「この素材は今は使えません」「ダメなものです」と説明する展示は簡単ですが、そういう単純な見せ方をしたくありませんでした。

そこで思い出したのが、ヴィクトリア&アルバート(V&A)博物館の「Fashioned from Nature」展でした。ドレスの横に使われた素材である蚕や染料の草花、動物の剥製などを展示し、人々の意識を喚起し、ファッションと自然を結びつけるにはどうするべきかを問いかける展示を行ったそうです。

また、コスチュームジュエリーを常設展示し、修理工房を持つ当館としては、ファッションに関する企画展をする以上、来場者の方々に対して「ファッションの入り口になりたい」「デザインの力にじかに触れてほしい」と考えました。

画像: null
たとえば、リアルファーに関して単に素材として並べておらず、スタイリストがコーディネートした形での展示となっているのが印象的です。

私は世代的に、リアルファーについて「カッコいいものである」という認識はありませんでしたし、周囲でも「悪いもの」とみなす人は多いと思います。

それに対して館長は、「今の時代に良いとか悪いとか色んな目で見られる素材であっても、まずは知ること、その上で選択することが大事である」という想いがありました。

そこで私も今回の企画展において、現代の観点では一般的に「悪いもの」であっても、その時代のファッションであり、生活の中に確かに存在しており、愛されていたことだってあるのだ、という視点で展示をしたいと思いました。

また、今回の企画展スタイリストである高橋紀子さんと、どんな見せかたをするか相談した際、当館の役割について「来館した人に対して、おしゃれをしてみたいという気持ちにさせることが一番ではないか」とおっしゃっていて、確かにその通りだと思ったんです。そこで今回はファーやレザーを高橋さんにカッコよくコーディネートしていただき展示しました。

あえて詳細な説明はしていませんが、一つひとつ30年代イメージ、90年代イメージなど、当時のファッションとしてお見せしています。

画像: リアルファーとフェイクファーのコーディネート
リアルファーとフェイクファーのコーディネート

また、ここでは来場者の方々から人気の高い、フライヤーにも掲載しているアルマジロのバスケットも展示しています。「どこで作られたんですか?」と聞かれることが多いですね。

アルマジロにまつわるファッション産業は1900年頃から始まり、珍品やお土産品として人気となり世界中に流通しました。このバスケットもその際に制作されたものと考えられますが、明確ではありません。

アルマジロはブラジルなどでは普通に食されていますし、そうした地域の民芸品でもあり、ファッションとして展開されている場所もあるんです。

画像: アペルト・アルマジロ・カンパニー(テキサス州)で製作されたと考えられるココノオビアルマジロのバスケット<br>20世紀前半(推定)本館蔵
アペルト・アルマジロ・カンパニー(テキサス州)で製作されたと考えられるココノオビアルマジロのバスケット
20世紀前半(推定)本館蔵
展示の説明文では、リアルファーの廃止の流れがある一方で、フェイクファーも環境負荷があることを示しており、動物性素材との付き合い方を考えさせられます。

たとえば、ファッションデザイナーのカール・ラガーフェルドは存命中、自身のブランドのフェイクファーに反対していましたが、それはリアルファーに魅力を感じていただけではありません。

彼は、リアルファーに関わる人たちの雇用を守ることの重要性を訴えるとともに、文化としても受け入れていたのだと思います。ファッション産業はチームプレーであり、雇用のない場所に仕事を届けながら、ものを作るという考えがあったんです。こうした観点は、捉え方によってはサステナブルな側面もあると思うんです。

もちろん、フェイクファーはエコファーと呼ばれるようになり、環境負荷の少ないものに進化してきていますが、「毛皮」という素材一つとっても、単純に「リアルファーはダメで、フェイクファーならいい」と言えるわけでもありません。

もちろん、動物系素材の展示に対して抵抗感を持つ方もいらっしゃると思います。そうした方々の気持ちを尊重しながら、まずは知ってほしい、関心を持ってほしいという想いで、展示の構成を心がけています。

画像: ワニ革のバッグとテンの襟巻<br>20世紀前半(推定)本館蔵
ワニ革のバッグとテンの襟巻
20世紀前半(推定)本館蔵
そのなかで、担当者目線で印象的な「いけないのファッション」はどれになりますか?

まずは、ゴリウォーグをモチーフにした香水瓶ですね。今回の展示用に鉛入りの白粉をコレクターのアダチヨシオさんからお借りした際に、「こういうものも企画展に合うのではないか」と見せていただいたものです。

私自身は不勉強でゴリウォーグについて知らなかったんです。そこで、まずは原作である絵本を探すところから始めて、いわゆる「黒人のモチーフ」として議論になったことを理解しました。

画像: ゴリウォーグの絵本 《二つのオランダ人形の冒険》 (作:フローレンス・ケイト・アプトン)<br>1985年再販 ほるぷ出版 個人蔵
ゴリウォーグの絵本 《二つのオランダ人形の冒険》 (作:フローレンス・ケイト・アプトン)
1985年再販 ほるぷ出版 個人蔵

その上で感じたのは、香水瓶の色の再現度の高さです。絵本には他にも黒人の女の子が出てくるのですが、ゴリウォーグの肌は濃紺で描かれており、瓶のガラスもその色を再現しています。賛否の議論とは別に、当時の作り手からも一般の市民からも愛されていた事がよく分かります。

画像: ヴィニー《ゴリウォーグ》 20世紀初め 所蔵:アダチヨシオ<br>顔の部分に濃紺のガラスを使用している
ヴィニー《ゴリウォーグ》 20世紀初め 所蔵:アダチヨシオ
顔の部分に濃紺のガラスを使用している

合わせて、ケイティ・ペリーが発売した自身のブランドのシューズ「Ora Face Block Heel Sandal」も展示しています。何色ものパターンを作った中で、この黒色が「人種差別を想起させる」と批判されました。

この批判に対して本人は、「そういった意図は無く、苦痛を与えてしまった事を悲しく思っています」と製品を撤去しました。

画像: Katy Perry 《Ora Face Block Heel Sandal》の黒色<br>本館蔵
Katy Perry 《Ora Face Block Heel Sandal》の黒色
本館蔵

こちらに関しても、賛否さまざまな議論を呼びました。いずれの立場にせよ、私たちが生活していく中で、これからどういう風にお互いの想いをすり合わせていくかは本当に大事なことだと思います。その意味で、この2つを揃えられてよかったと感じています。

また今回の展示では、素材やファッションアイテムから一歩踏み込んで、こうした人種問題や、ジェンダーに関わるもの、盗作として議論になったものなども含めた、幅広い展示となっています。

最後の展示スペースでは、ananの創刊号と、裏側に春画が描かれた帯留めを一緒に展示して、「性とファッション」に関してもお伝えしています。

ananの創刊は1970年で、ヒッピーブームやベトナム戦争の真っ只中に出版されました。

画像: anan創刊号 表紙 1970年3月20日号<br>本館蔵
anan創刊号 表紙 1970年3月20日号
本館蔵

そうした背景もあってか、女性誌なんですけれど、特集で「男性に触られても嫌がらない」「触ることは愛情表現」というふうに書かれているんです。今の私たちが見ると「えっ」とは思いますが、男女の間で触る、触ってもらうという文化がその時代のファッションの1つとして提示されていたんです。もちろん、当時これを実践していた方々は、この姿勢のままでは通じない時代になったことを考えなければいけませんが。

画像: anan創刊号の特集ページ
anan創刊号の特集ページ

そして、帯留めは20世紀初頭くらいのものです。どうして裏側に春画があるかはっきりとは分かりませんが、粋筋の方が着けるとも言われています。

また春画は勝絵とも呼ばれていて、身につけていると勝負ごとに勝つという意味合いがありました。火事になりたくなかったら家の中に春画を飾るという、おまじないとしても伝わっています。

画像: 裏側に春画の描かれた帯留 20世紀前半(推定)<br>所蔵:羊亭社
裏側に春画の描かれた帯留 20世紀前半(推定)
所蔵:羊亭社

春画は江戸時代に文化として流行し、芸術作品でもあります。ただ、2015年に日本で「春画展」が開催された際には年齢制限が議論になり、配慮が必要な時代であることも実感しました。そのうえで、今回はあえて春画が丸ごと見える状態で展示しています。

時代によって、良いものも悪いものも変わっていく。それがananと春画が描かれた帯留めを見ていただいた時にわかるんじゃないかと思い、全く脈絡のない2つを並べたという経緯があります。

画像: anan創刊号の特集ページと帯留めの裏側の春画
anan創刊号の特集ページと帯留めの裏側の春画
それでは最後に、企画展のタイトル「いけないのファッション展」に込めた想いについて聞かせてください。

今回、タイトルについて非常に悩みました。「いけないファッション展」と言い切ることもできましたが、「ダメだけにしたくなかった」というのがとても大きいんです。

タイトルの裏側にある想いとしては、「いけない」という言葉に漢字を入れるとしたら、ちゃんと考えなくてはその先に「行けない」という意味も込めています。

また「の」には、「いけないと言われてるものを集めました」という意味、「ファッション」には、決してモードではなくて、あくまで一般の人たちまで楽しんでいたファッションであることを強調して「いけないのファッション展」に決定しました。

どんな素材で作られたものであっても、ファッションとして生まれた瞬間はあったんですよね。どこがいけないのか、本当にいけないのか、当時いけなかったものは、もう着てはいけないものなのか、それぞれご自身で判断してほしいなと思っています。

ご覧になった後も、きっとどこかでふと思い出していただけるような展示になっていると思うので、ぜひ足を運んでいただけたらと思っています。

「いけないのファッション展」
会期:2022年9月1日(木)~2022年12月17日(土)
開館時間:10:00 〜 17:00(最終入館時間16:30)
休館日:月曜日、第4・5日曜日
入場料:一般 1000円、学生(小学生以上)・障害者手帳提示と付き添い1名 600円
会期中、テーマとなるモチーフを身につけて来館すると入場料が割になる「オシャレ割」がある。くわしくは公式サイトを。
会場:アクセサリーミュージアム
住所:〒153-0051 東京都目黒区上目黒4丁目33−12
TEL:03-3760-7411
URL:http://acce-museum.main.jp/exhibition/
LINEでシェアする