2022.09.01

レジェンドが語る、スケートボードの 「過去・現在・未来」

日本におけるスケートボード黎明期の90年代からシーンを牽引してきたプロスケーターの岡田晋。日本と世界のスケートレベルを縮め、日本のスケートシーンの進化と構築に貢献したパイオニア的存在だ。

現在のスケートシーンは、東京五輪で堀米雄斗が金メダルを獲った影響から、さらに進化するフェーズを迎えようとしている。日本のスケートボード界の礎を築いてきた彼に、自分が通ってきたシーンを、自身が履いてきたスニーカーとともに、俯瞰して振り返ってもらった。さらに過去、現在、未来という3つの軸にシーンを分けて、それぞれどう感じていたのかを聞いた。

~過去~ エアウォーク、ヴァンズなどが隆盛を極めたスケボー黎明期

岡田さんがスケートボードを知るきっかけになったのは80年代中盤~後半を席巻したローラースケートブーム。そこから友人の兄が持っていたスケートビデオ(パウエルの“プロパガンダ”)を観て、色々なトリックを覚えていったそうだ。

「本場アメリカのスケートビデオを観たことで、アメリカのスケートカルチャーに憧れましたね。俺もここに行きたい! という想いも強くなりました」

当時、今のような整備されたパークは存在していなかったので、公園などに手作りのランプやカーブボックスやレールを置いて滑るのが日常だったようだ。当時、岡田さんはどんなシューズを履いていたのだろう。

「80年代後半~90年代初頭は、エアウォーク(エニグマ、ベロシティ、ディザスター)、ヴァンズ(ハーブキャブ、ジャズ)、ヴィジョンでした。90年代に入り、エアウォークも第2期に入ってきて、ワンやネクスト、ジムといったモデルが出てきた時期。当時としては独自のスケートスタイルを確立し、俳優としても活躍している人気のプロスケーター、ジェイソン・リーのシグネチャーモデルがでたところで、エアウォークが第2次最盛期を迎えていました。

スケートを始めて一番多感な時期がちょうど、それまでのスケートスタイルからストリートをスタンダードにした新たなスタイルがビックバン的に盛り上がりを見せる変革期に入っていました。自分たちは80年代後半から90年代でガラッとスタイルが変わる瞬間を体験した世代だったんですよ」

画像: 笑顔を絶やさないナイスガイの岡田さん。海外のビデオパートに登場していた当時から、スケーターとしてのバイブスは変わらない
笑顔を絶やさないナイスガイの岡田さん。海外のビデオパートに登場していた当時から、スケーターとしてのバイブスは変わらない
画像: 90~00年代にかけて岡田さんが履いていたスケートシューズ、エメリカ。当時としてはボリューム感のあるそのフォルムが、ストリートでも人気だった(岡田さん提供)
90~00年代にかけて岡田さんが履いていたスケートシューズ、エメリカ。当時としてはボリューム感のあるそのフォルムが、ストリートでも人気だった(岡田さん提供)
画像: あのコンバースもスケートモデルを展開していたのは驚き。これは貴重な資料だ。(岡田さん提供)
あのコンバースもスケートモデルを展開していたのは驚き。これは貴重な資料だ。(岡田さん提供)

~現在~ 堀米雄斗の活躍に象徴される現在のスケートシーン

現在は全国各地にスケートボードパークも増え、スケボー人口も爆発的に増加。あれよあれよという間にスケートボードは東京五輪からオリンピックの正式種目になっている。岡田さんは現在のスケートシーンをどう見ているのか聞いてみた。

「やはりオリンピック効果で、世界的な盛り上がりを見せていますが、競技的な部分がフォーカスされすぎて多少先走りしているようにも見えます。スケートボードのコアなところってやはりカルチャー的な部分だと思うし、もっというとストリートでビデオを撮って作品で世界中に表現していくというのがスケーターの醍醐味で、それは普遍的だと思っています。

そしてそこにはアートやファッション、音楽などスケートボードをハブにしてさらに多様な世界が広がっている。それこそがスケートボードの1番の魅力だと思います今はオリンピックで競技的なものが入り口だとしてもです。だからこそ、五輪で金メダルを獲った堀米雄斗の存在は大きいと思いますよ。彼は本当のプロスケーター。L.A.のストリートでビデオパートをとりつつ、大会でも優勝する。両方できるからこそ本物のプロだと思うんですよ。スケートボードのすべての要素を異次元で体現していますから」

岡田さん曰く、彼がスケートを始めた90年代初頭は、大会で優勝して、スポンサーから物品提供を受けることがプロとしての認識だったが、現在ではその様相も変わっている。

「自分たちの時代は、スポンサーからギアを提供してもらうことが嬉しかった。ただ、それだけじゃいけないということで、自分たちはプロとして契約するために物品提供+契約金がもらえるステータスを作るように尽力しました。その甲斐あって、自分たちの世代はプロになれば少なからず契約金という報酬をもらえるようになりました。もちろん、ライダーによって報酬はピンキリですが、自分たちの時代は、日本人で様々なメーカーと契約してスケートボードだけで年間1000万円程度稼ぐことができたらトップ オブ プロという認識でしたね」

そういった時代を経て、現在は爆発的に状況が良くなっていると岡田さんは続ける。

「堀米雄斗はおそらく、そこから桁がひとつかふたつ違うぐらいの報酬をもらっていると思いますよ(笑)。それこそ、そこにはオリンピックの効果が間違いなくあるので、僕自身、大会とストリートを分けて考えたり、一方が一方を否定したりするのは見たくないんです。どちらもスケートボードを構成する大事なエレメント、それぞれが相互作用しながらシーンが膨らんでいく時代を間近で見れるのは幸せなことです」

画像: 東京五輪の金メダリストである堀米雄斗さんとのショット。岡田さん曰く、「堀米雄斗の功績は大きい」<br>(岡田さん提供)
東京五輪の金メダリストである堀米雄斗さんとのショット。岡田さん曰く、「堀米雄斗の功績は大きい」
(岡田さん提供)
画像: 軽快にプッシュする岡田さん。足元のシューズは、ジャパンブランドである“アシックス”のGEL-VICKKA PRO。日本から発信するスケートシューズなのだ
軽快にプッシュする岡田さん。足元のシューズは、ジャパンブランドである“アシックス”のGEL-VICKKA PRO。日本から発信するスケートシューズなのだ

~未来~ 日本の老舗ブランドが世界のシーンを変える

東京五輪が終わった現在、遊びだったスケートボードがれっきとした“スポーツ”に変化している。そういった状況の中、現在、岡田さんは国内メーカーであるアシックスと協力し、プロスケートボードチームのプロデューサーとして活動する。

画像: シュータンには“アシックス スケートボーディング”のロゴが! シュータンもホールド感を増すように分厚くなっている
シュータンには“アシックス スケートボーディング”のロゴが! シュータンもホールド感を増すように分厚くなっている
画像: かかと部分にはアシックス独自のGELテクノロジーを内蔵。トリックなどで着地した時の衝撃をしっかり吸収するクッショニング性を備えている
かかと部分にはアシックス独自のGELテクノロジーを内蔵。トリックなどで着地した時の衝撃をしっかり吸収するクッショニング性を備えている

「来年、アシックスのスケートボードラインが、グローバル展開されます。それに向けたシューズの開発においてライダーの意見をフィードバックしたり、プロチームのライダーを決めたり……と、色々動いています。今までのスケートシューズは海外ブランドが主だったので、海外のイニシアチブで動いていました。ただ、これからは自分たちがすべてを決められる。もちろん海外のライダーも自分たちで決めることができます。日本が組んだプロチームに海外のスケーターがどんどん入ってくる……。そういう状況はワクワクしますよね」

岡田晋というスケートボード界のパイオニアがアメリカに渡り、25年以上が経った現在。堀米雄斗というオリンピアンでもあり、アメリカのストリートでも認知される天才スケーターが生まれた。今後、日本から発信したスケートシューズを履いたプロスケーターがアメリカのスケートシーンを席巻する日もそう遠くはないだろう。日本のスケートボード界の未来は明るい。

PROFILE|プロフィール
岡田晋(おかだ しん)
岡田晋(おかだ しん)

日本人として初めてアメリカのスケートカンパニーにオフィシャルにフックアップされ世界デビューを果たしたプロスケートボーダー。日本と世界とのスケートレベルを縮め、日本スケートシーンの進化と構築に貢献したパイオニア的存在。現在はプロスケーターとしての活動にのみならず、ブランドやイベントのプロデュース、 企業とのアドバイザー契約、コラムニストとしても活躍中。 多岐に渡りスケートボードの普及活動に尽力している。

Photo by Hiroyuki “Lily” Suzuki(STUDIO LOG)
Text by Yasuyuki Ushijima(NO-TECH)

LINEでシェアする