2022.07.01

「女性を知る。社会を知る。自分を知る」ーー arca代表の辻愛沙子が伝えたい日本の社会課題

クリエイティブ・アクティビズムを掲げ、「社会性とパーパスを軸にしたコミュニケーション」と「世界観に拘るブランディング」の2つの軸で企業の課題解決を行う株式会社arca。2022年4月10日より、女性の健康や社会課題を明らかにし、その解決を目指す「Ladyknowsを自社事業の一環として再スタートさせた。

前回は2019年に実施した同プロジェクト。その後の約3年間で社会を取り巻く現状は大きく変わり、コロナ禍を経た現在も様々な課題や問題が日々議論されている。今回は株式会社arcaのCEO・辻 愛沙子さんに、再始動した「Ladyknows」の取り組みや女性の健康にまつわる社会課題の現状と未来について伺った。

PROFILE|プロフィール
辻 愛沙子
辻 愛沙子

株式会社arca CEO
「クリエイティブ・アクティビズム」を掲げ、「思想と社会性のある事業作り」と「世界観に拘る作品作り」の2つを軸として広告から商品プロデュースまで領域を問わず手がける越境クリエイター。
リアルイベント、商品企画、ブランドプロデュースまで、幅広いジャンルでクリエイティブディレクションを手がける。
2019年春、女性のエンパワメントやヘルスケアをテーマとした「Ladyknows」プロジェクトを発足。2019年秋より報道番組 news zero にて水曜パートナーとしてレギュラー出演し、作り手と発信者の両軸で社会課題へのアプローチに挑戦している。

社会・事実を知ること

まず、株式会社arcaで展開されているLadyknowsはどのような経緯で立ち上がったのでしょうか。

元々のルーツを辿ると、その名の通り女性にまつわるknowsを社会に届けたかったことからスタートしました。それで、「女性を知る。社会を知る。自分を知る。」というキャッチコピーを掲げています。Ladyknowsには大きく分けてDataとVoice、Eventの3つのカテゴリがあり、それぞれキャッチコピーに基づいた活動をしています。

Ladyknowsは、女性のエンパワメントだけでなく、ジェンダーギャップに関する課題提起に力を入れています。ここ最近、相次ぐ企業炎上やフェムテックの台頭、選択的夫婦別姓の議論など、ビジネスから政治まで様々な領域で女性が抱える課題や女性蔑視から来る問題発言などが注目されています。しかしその一方で、広く取り上げられる話題にもかかわらず、ジェンダー差別の問題はそれぞれの主観で話をされがちです。たとえば「私は大丈夫」「僕は見たことがないから差別はない」というように、議論の中で不可視化されてしまう痛みや課題が存在するように思います。

このようにジェンダーのトピックは、立っている場所や視点で見える課題がまったく異なるため、男性と女性、家庭に入っている女性・働いている女性、生理が重い人・そうでない人といった不必要な対立構造が生まれてしまうことがとても多い。でも、実際に起こっている課題は二項対立ではなく、"社会の構造"自体に目を向けないと解決し得ない。どちらかが悪いのではなく、ステレオタイプを前提に成り立ってしまっている社会構造そのものをまず紐解いていく必要があると思うんです。ですから、まず一度、問題を俯瞰してみることが大切です。

そこで「社会・事実を知る」を伝えるところから始めるのが良いと考え、様々なジェンダーギャップにまつわるデータをまとめた「Data」のページを作りました。また、その一方で"データ"にしてしまうことで透明化されてしまう個々人の思いや人それぞれ形の違う痛みがあるのではと考え、より多様でリアルな「声」に重きをおいた「Voice」のページも同時に立ち上げました。そのように、寄りと引きの両方の目線で女性・社会を知るということをLadyknowsで挑戦しています。

Ladyknowsのサイトには様々な課題についてのデータが可視化されています。

データを元に現状を“引き”の目線で見るために、国税庁が出している民間の給与のグラフなどのファクトをまとめています。官公庁が出すデータは見づらかったり、読むのに時間がかかったりしますよね。私たちは普段クリエイティブの領域で仕事をしているチームなので、データを分かりやすくリデザインするのが、Ladyknowsの役割でもあるんです。一つひとつのデータを分かりやすくすることで社会全体の構造が「見える化」されると思っています。

画像: null

一方で、データやファクトだけが全てではありません。たとえば日本の上場企業の女性役員数は全体の7.5%で、女性の昇進の機会が極端に少なく課題である、というのがデータで見た時の現状の結論です。

しかし、その昇進の機会が少ないことの理由や、圧倒的マイノリティである7.5%の女性たちが本当に自分らしく働けているかなどの「痛み」については、データだけ見ていては抜け落ちてしまうと感じていました。データ化することで当事者の「痛み」が不可視化されてしまう。そのジレンマをできる限り解消し、個人の声を大事にしようとの思いから「Ladyknows Voice」というコンテンツを始めました。

画像: null

Ladyknows Voiceは様々な方の目線の話を届けるテキストコンテンツです。筆者には男性・女性問わず様々な年代の方がいます。美容皮膚科の看護師の方で元々医療脱毛のお仕事に従事していた方が「ルッキズムに出会ってどう変わったか」をテーマに執筆するなど、それぞれの立場で感じる違和感や気づきを書いていただいています。

加えて、テキストコミュニケーションだけではなかなか伝わりきらない部分はイベントを通して直接伝えることもあります。コロナ禍以前は育休、ルッキズムなど、ジェンダーに関する様々な視点でのイベントを行っていました。ようやくコロナが落ち着いてきたので、少しずつイベントも再開させていきたいと考えています。

そのようなオフラインのイベントやデータをまとめているなかで、若年層の女性が健康診断をほとんど受けていないというデータに出会ったんです。日本は世界に比べて、予防医療に対する意識が遅れていると言われています。データを見ても、健康診断を受けていない人の割合は他の国と比べて相対的に高く、そのなかでも特に20〜30代女性の未受診者率が圧倒的に高いんです。

画像: null

その理由を探るために他のデータを見てみると、20〜30代女性の正規雇用の比率が下がっていることが分かりました。20〜30代は女性が結婚・出産を経験することが比較的多い時期であるためか、正規雇用者の割合、それに伴って平均年収も下がっています

健康診断は正規雇用の会社員であれば、会社の仕組みの中で受診することができます。ですが、それ以外のケースは各自治体の案内に沿って健康診断を受けなければなりません。ただでさえ忙しい毎日のなかで、時間を割き、数万円もの額を自己負担で支払って健康診断を受けるのは中々の負担です。

このような現状を少しでも変えたいと思い、企画したのが2019年の「Ladyknows Fes」です。20〜30代女性の健康診断・人間ドック受診率の低下の理由はコスト面にもあると思うのですが、それに加えてタスク化してしまっていることが未受診に繋がっていると考えました。そこで、そのタスクを「エンタメ化」していこうと考え、渋谷の結婚式場を丸ごと借りて、そこに健診所を設けることにしたのです。

画像: null

1階のミュージアムにはチェスの形の身長計や、生涯の経血の量をトマト缶で可視化したアートなどのフォトスポットを置いたり、筋力が測れるパンチングマシーンを置いてみたりと、エンタメ要素をふんだんに取り入れ、思わず「行きたくなる」場所作りを心がけました。

2階ではトークイベントを実施し、研究者・クリエイター・タレント・メディアなど各領域の最前線で活躍するゲストをお招きし、女性の生き方や働き方、そして社会を知ることを目的としたシンポジウムを開催しました。

3階では、自己採血の血液検査や視力検査などのベーシックな健康診断と、「ビューティードック」と称した美容にまつわる診断を行うフロアです。頭皮診断やパーソナルカラー診断、3Dで顔をスキャンできる機械など、外側の健康や美容も診断できる「心ときめくクリニック」を設置しました。“内側”の病気を診断するだけでなく、“外側”の健康や美容も診断できる、“プラスを測れる場所”が健康診断所に一緒にあればいいのにと思ったことがきっかけです。

そして4階では、このイベントの最大の目的である「ワンコイン・レディースドック」を提供しました。婦人科検診は通常、1〜3万円ほどかかります。それをワンコイン=500円にすることで、年収や雇用形態に関わらず誰でも気軽に婦人科検診を受けられるようにしたんです。「ワンコイン・レディースドック」が実現したのは、Ladyknowsの思いやFesの趣旨に賛同してくださった多くの企業のおかげでもあります。

他にもTwitter社さんとの母の日企画や、渋谷109さんとの生理のプロジェクトなど、私たちの思いに共感してくださる企業との共同プロジェクトもいろいろ行ってきました。

画像: null

3年越しに再始動したLadyknows

2019年から約3年越しにLadyknowsは再スタートを切りましたよね。

再始動に伴い、心斎橋PARCO10階のWelpaにギャラリーを展開させていただいています。Welpaは、私たちがクリエィティブディレクションを担当した女性のヘルスケアにまつわる医療モールです。美容皮膚科や婦人科、漢方のお店などもあり、LadyknowsはそのWelpaのなかで3か月に1回コンセプトを替えてギャラリー展示を行っています。

画像: null
前回のFesから約3年間の月日が経ちましたが、先ほどの様々な課題は解決の方向へ前進していると思いますか。

あまり前進していないと思う一方で、解決の少し手前である“課題の民主化や見える化”は進んでいる感覚もあります。たとえば、Ladyknows Fesを行った2019年の時点では「ジェンダー」という言葉は今よりも浸透していなかったように思います。現在ではジェンダーという言葉も比較的認知されていますよね。フェムテックに関しても女性の健康課題に対するアクションを起こす企業は近年増えている体感があります。

ウェルネス領域や生理のトピックなど、まだまだ女性たちが抱える課題はありすぎるくらいですが、問題がなかったことにされたり、問題として扱われなかったりした時代から、様々な課題提起やときに炎上すらも頻繁に起こるような時代になってきて、議論が起こるたびに問題が見える化されたり、その問題に取り組んだり考えたりする人が増えています。まだまだ課題が山積みだと思うのですが、かつては同じ問題があってもトピックにすらならなかった時代があることを考えれば、今はかなり連帯できる人が増えてきたなという感覚がありますね。

このような課題が世間に認知されるにあたって、やはり炎上は変化の分岐点となっているのでしょうか。

炎上そのものよりも、問題提起する声によって議論が起こっていくことに意味があると思っています。問題をなかったことにせず、声を上げられるようになったり、課題が認識されることによって抑止力になったり、今までなかったことにされていた痛みが見える化されたり、そこに対してどうやって向き合うべきなのかを社会全体で考えられるようになってきた時代ではあると思っています。

ですが炎上だけが社会を変えるかと言ったら、そうではありません。私はよく「北風と太陽」に例えるのですが、たとえば「保育園落ちた日本死ね!!!」のブログや、Metoo運動などの悲鳴に近い叫びによって社会が初めてその問題を意識するのは、「北風」的なアプローチだと思います。重みのある言葉や批判的な炎上は当事者の「痛み」を社会に訴える上でもちろん大事。ですが、Ladyknows Fesで目指していたことは、「太陽」の役割なんです。未受診者が増えているデータがあって、そこに対する課題提起を北風的アプローチでするのはもちろんですが、その上でその課題を解決するために健康診断を少しでもエンタメ化し、より多くの方に健康診断や婦人科検診に目を向け受診していただく。課題自体には誠実に向き合い、ストレートに課題提起をしていく。それと同時に、世界観や空間をリデザインすることで1人でも多くの方がその課題を認識し行動に繋がっていく、そんな"きっかけ作り"がクリエイティブに出来ることなのではと思っています。

今後、日本社会のなかでどのような変化が起こっていくと思われますか?

Fesを開催した当時は、まだ今ほどジェンダーギャップに関するメディアの注目度やプロジェクトが多くはありませんでした。しかし、今はLadyknows Fesのようなプロジェクトがどんどん増えています。そういう草の根の活動が増えることで、気がついたら社会がちょっとずつ変わっているのではと。

そうやって生活者の意識が変化すると、企業にも影響を与えます。生活者側の意識や目線が変わり、今までなんとなく違和感を持っていた物事に対して声を上げたり、アクションを起こすと、その輪が広がり、企業を動かすケースは増えています。

アメリカではマザーズの新規上場の審査項目のなかに、女性の役員比率が必須で求められるような時代になりました。そういうアクションを取れない企業にはお金も集まらないし生活者からの支持も得られない時代に少しずつなってきているんですよね。日本のビジネスや政治のフィールドに女性はまだまだ少ないので、もっと女性の意思決定層が増えて、着目されていなかった痛みがちゃんと可視化されるようになったり、SRHRの分野など必要な領域で法整備が進んでほしいですね。それが日本で起こりうる未来だといいなと思います。

2022年のLadyknowsではどのような活動をされていくのか、お聞かせください。

Twitter社さんとの母の日の取り組みのようなプロジェクトは、これからもいろいろな企業としていけたらと思っています。企業とタッグを組むことでしか起こせないムーブメントもあると思っているので。Welpaのギャラリー展示はアートやデザインなどの表現を通して、社会課題を伝えていくことを引き続き模索していきたいです。イベントも久々にやりたいと思っています。たとえば乳がん、子宮頸ガンなど若年層のガンに関する問題はワクチンや予防医療の認知だけでなく、抗がん剤治療の副作用や手術跡とルッキズムの問題など、向き合う必要のある課題が本当に沢山あるのが現状です。他にも、若年層に気軽に来てもらえる性病検査のポップアップや約3年越しのFes第2弾など、やりたいことはたくさんあるので、これからのLadyknowsの展開を楽しみにしていただけると嬉しいです。

Text by Aya Hino

LINEでシェアする