2022.12.09

ファッション業界とテクノロジー業界をナビゲートする、Web3企業「BNV」が目指すメタバースのあり方

近年、ファッション業界ではメタバースなど様々なテクノロジーの導入が相次いでいる。そのなかで、今年のパリ・ファッションウィークにおいて、ジャン=ポール・ゴルチエの弟子として知られる気鋭のデザイナー、Victor Weinsanto(ヴィクトル・ウェインサント)と、K-POPの女性グループ「LIGHTSUM」とコラボしたNFTを発表して話題を呼んだのが、2016年に創業したBNV(Brand New Vision)社だ。

前回の記事では、BNV社のCEO&FounderであるRichard Hobbs(リチャード・ホッブス)さんに、パリ・ファッションウィークにおけるコラボの裏側やアジア市場について聞いたが、引き続き今回も同社の取り組みや、ファッション業界におけるテクノロジー活用について聞いた。

ファッション業界の人間が創出するメタバース

御社は3Dプロダクトの作成、トークン化、ローンチ、コミュニティ構築、メタバースに対応したウェアラビリティまで扱っていますが、創業のバックグラウンドについて教えてください。

まず私たちは、何よりもファッション企業です。私自身もこれまでストリートウェアと呼ばれるデニム商品を主に扱ってきましたが、小売、流通、製造、調達、ライセンス、その他あらゆるファッション業界のさまざまな側面を長年にわたって経験しています。

従来のアパレルビジネスは、コストと時間がかかり、無駄や損失が大きいものでした。それらを改善しようと2016年に立ち上げたのがBNV社です。ファッション業界にテクノロジーをどう応用するかを検討するために、さまざまな分野の調査を開始しました。

調査により、どのようなことがわかったのでしょうか。

2018年に3Dプロダクトを作成しようと調査をした際、それがこの数年で大きく進歩していることに気づきました。主にゲームの世界から多くのインプットがあったためです。

AAAタイトル(莫大なリソースで製作されたゲーム)を作るために使われていたツール、その一部が変容し、あるいはベンチマークとして使われて、アパレルやスニーカー、アクセサリーを本物とほとんど区別がつかないように再現する、本当に優れた方法を作り出していたのです。

適切なライティング(照明)と環境でレンダリングされれば、それがデジタルであることさえ分からないほどです。さらにゲームエンジンには物理マテリアルというものがあり、風になびいたり、動きに合わせて動いたり、体に貼り付けたりするだけでなく、アニメーション的な要素もあり、それがひとつの魅力になっていました。

ブロックチェーンやNFTを活用されていますが、その点についてはいかがですか。

ブロックチェーン技術や分散型台帳技術について、当初は最終的に製造される商品の出所を確保するための方法として、サプライチェーンや工場とメーカー、輸入業者との関係などを調べました。

やがて、それをブロックチェーンにのせれば、その商品がどこから来たのか、きちんと作られたものなのか、さらに持続可能性やサプライチェーンの倫理に関わる信頼性を証明できる可能性もあると見込んだのです。

また、NFTは数年前から存在していましたが、我々もそれが単に何かをデジタル化するだけでなく、実際に価値を与え、意味を持たせることができるものだと確信しました。未来のある時点で、人々がデジタルワードローブを持つようになるだろうという信念からです。

人々はデジタルワードローブを持つことで、実際の洋服とつながったり、つながらなかったり、予測可能なものから空想的なものまで、さまざまな洋服を手にすることができるようになる。つまり自分で身につける機会のある、ブロックチェーンで保護された自分の持ち物がデジタルワードローブなのです。

御社が成長した背景には、技術に対する先見性があったと。

合わせて、技術畑出身の共同設立者2人と一緒だったことも大きいです。彼らとは過去にファッション業界関連のプロジェクトで一緒に仕事をしたことがあり、ファッション業界の複雑さや期待についてよく理解していました。

ファッション業界とテクノロジー業界の力学はほぼ正反対で、ファッションは真実と美、誠実さ、細部へのこだわり、情熱であり、テクノロジーはスケーラビリティと最適化で、この両者が一緒に働くことはありません。ですから、我々がすべきは、その間の空間をナビゲートすることでした。

2つの業界の期待値が完全に一致するわけではありませんが、メタバース内で高忠実度、高解像度の製品を実際に設計、配送、装着、起動できるような技術を開発し、それらが最善の状態というポイントに到達するまで、人々を同じ方向に向かわせておかなければならないのです。

2021年初めにローンチした当時は「単なるファッションNFT市場」と呼ばれたりもしましたが、実際我々は調査開始から2年半以上かけて、デジタル製品、トークン化、メタバース、Web3経済をカバーする「Web3ファッション企業」として本格的に始動しています。

画像: The G2s Collection by BNV
The G2s Collection by BNV

メタバースにもアイデンティティーが必要

相反するファッションとテクノロジーをどう結びつけていったのですか?

もう少し詳しくお話しすると、1940年代から50年代にかけてのファッションやファッションムーブメントは、スポーツ、音楽、ファッションの相互作用の「ベン図」を中心にして発展してきた傾向があります。そこで多くの文化やサブカルチャーが育まれ発展する、すなわちそこでDNAが育まれて外に出て行くのです。

しかし近年では、そのような創世記を必要としない時代になってきました。ニューヨークや東京やロンドンで始まったと言わなくても、ある場所から突然ブームが起こるのです。

この発展過程で、テクノロジーが入り込んできます。90年代にはインターネットが登場し、それがブログをはじめとするソーシャルメディアになり、同時にゲームもどんどん成長していったのですが、完全に交わることはありませんでした。人はそれぞれ自分のスタイルを持っていて、各々のトライブ(共通の興味や関心、ライフスタイルを持つ集団)に属しており、ゲーマーであっても、そこでは交差しなかったのです。

私が思うに、確かにゲームはメタバースを構築する上で重要な側面ですが、必ずしもゲームである必要はなく、ゲームエンジン、ツール、モノやコトを生み出す能力、そしてインタラクティブ性を構築する能力が重要なポイントなのです。

つまりファッションのゲーミフィケーションをどう作るかが問題なのではなく、ファッションに対する人々の反応をどう再解釈するか、すなわち、アイデンティティが問題になってくるのです。

この2年間で、Bored Ape Yacht ClubやCryptoKittiesといったPFP(ProFile Pictures:SNS等で使用するアイコン画像)プロジェクトが大きな原動力となったことは周知の通りで、それらは人々が自分自身を識別するためのものです。その一方で、現実生活においては、自分がどのように服を着たかで自身を認識するということです。

その意味では、まだPFPなどにとどまっているとも言えますね。

そうですね。東京では、日曜日にキャットストリートや代々木公園に行けば、原宿の女の子やミュージシャンに出会えます。彼ら/彼女たちは自分たちのアイデンティティ、仲間、ネットワークを作り上げています。人々がそれに反応して、彼ら/彼女らは、写真に撮られ、共有されるのです。

しかし、メタバースでは、ファッションはまだそのような働きをせずに、顔やPFPプロジェクトだけで動いています。

私たちが目指しているもの、あるいは信じているものは、ただアバターに服を着せて、頭のてっぺんからつま先まで覆ってしまうのではなく、自分自身で着飾ることで、自分らしさやスタイルを確立することです。

シャツとジャケット、スニーカー、帽子を、様々なブランド、様々なテーマから買ってきて、色を見て、スタイルを作り、うまくいけば仲間から賞賛され、そうでなければ落胆される、そういう仕組みです。

ゲーム性よりファッション性に重点を置くメタバースを

御社と他社の違いや、メタバースに関する課題について教えてください。

まだビジネスの初期段階であるため、競合の企業については話せませんが、この分野にいる多くの人がやっていることとは違うと思っています。

デジタルファッションをやっている人たちはいます。完全なWeb3もあれば、それに触れている人もいるし、「Web2.5」の人もいます。

しかし我々は、バーチャルグッズを所有し、それを使って特定の環境に自分をアバターとして着せることで、自分のアイデンティティを安定させることはまだ「第一段階」であると考えています。

現在稼働している他社サービスのひとつとしてDecentraland(ディセントラランド)がありますが、それはベストではないし、将来的にリーダーになることもないでしょうが、現時点ではきちんと機能していますよね。

人々はアバターを作り、バックパックを作り、そこに入るものを手に入れ、帽子を変え、空間を移動し、さまざまな場所に行くことができます。つまり誰かが作った土地で、小売店を非常に退屈に再解釈したかもしれないメタバース空間を動き回るのです。

もちろん、中に入って、スクリーンキャプチャーやビデオキャプチャーを行い、それを共有することができます。しかし、ある程度はクリエイティブになれますが、手に入れたアイテムを身につけているのは、やはり決められた環境の中で、ということになってしまうのが現状です。

そのなかで、御社は現在どんなサービスを開発しているのでしょうか?

我々が開発しているものは、もっともっと多くのことができます。

アバターとして自分が持っているもの、借りているもの、もらっているもの、身につけているもの、環境、つまり背景や空間など、自分の周りにあるものをベースにしています。

何かに近づけば身に着けているものが変わったり、向かっているものがあなたの衣服の状態を反映したり、誰かとぶつかれば、まったく別のものに変身するかもしれません。一つの空間に多くの人が集まり、それが引き金となって何か新しいものを得ることができるかもしれません。

さらに、音声も追加できるので、アバターに話しかけると、着ているものや着用しているときの見え方が変わることもあります。 私が「飛べ」と言えば、突然地面から浮き上がることもできます。カメラを使って、幸せな顔をしていれば服装も明るくなり、怒っていれば真っ黒になって、地面に沈んでいくようなこともできます。

例えばあなたがゲームをしている時に、中断して立ち去ると、アバターはただそこに座っていて何も起こりません。でもアバターが動かなくなったことを通知して、別のことをさせることができれば……。

つまり、ゲーム技術は、誰が、どこで、どのように、これらのものすべてが相互作用するかによって、何が可視化され、何が生み出されるかという、ほとんど無限の可能性を与えてくれるということです。

静止画やビデオキャプチャではなく、メタバースに入るたびに、まったく新しいユーザー生成コンテンツができるかもしれません。

それを共有することで「いいね!」や「シェア」をもらったり、私たちのバージョンで報酬やチップをもらうことができれば、メタバースにおけるファッションのあり方にまったく異なる概念をもたらすことができると考えています。

Text by Max Agency Co., Ltd
トップ画像:CFDA Michael Kors NFT by BNV 
 (CFDA : Council of Fashion Designers of America)
#3DCG
LINEでシェアする