2021.11.19

誰でもバーチャルファッションをデザイン可能に 「The Fabricant Studio」

heroImage

オランダ、アムステルダムを拠点に活動するThe Fabricant(ザ・ファブリカント)は世界初のデジタルファッションハウスである。昨年当社がベータローンチした「LEELA*」は、今年秋に「The Fabricant Studio(ザ・ファブリカント・スタジオ)」として生まれ変わり、本格ローンチされた。このプラットフォームは、誰でもアクセス可能なバーチャルファッションデザインを行え、その服はメタバース空間で着用できるという点から、現在ファッション業界、クリプト界隈を初めに世界中で注目を集めている。今回、コンテンツと戦略の責任者であるMichaela Larosse(ミカエラ・ラロッセ)に当プラットフォームについて、インタビューを行った。

ファッションにおける創造と民主化に向けて

前回のインタビューを経て、「The Fabricant Studio」はこれまでの活動とどのようにつながっているのでしょうか。

前回のインタビューの直後に、プラットフォームのベータテストを行いました。ちょうどパンデミックで多くの人が室内で時間を過ごしていたこともあり、ベータテストでは沢山の素晴らしいフィードバックを得ました。当初から、バーチャル空間での自分のアイデンティティの表現を手助けしたいと構想していました。そして、時間を経てその仕組みは少しずつ進化してきました。

例えば、当初は自分のアバターを作成することが目的でしたが、さらに重要な表現の進化が必要だと考えました。それが現在の「The Fabricant Studio」の焦点となる、メタバースのワードローブを作ることです。なぜならメタバースはインターネットの次の段階、つまり没入型のインターネットになり、誰もが何らかの形で自分を表現するデジタルツインやアバターを持つことになります。 メタバースにおいては取引を始めとした、あらゆることができるようになると言われていますが、私たちはその際に、デジタルの自分に服を着せる必要があると考えています。

つまりそこでのデジタルファッションとは、私たちのアイデンティティをデジタル空間で表現するための手段であり、大きなコミュニケーションツールとなります。ですから、「The Fabricant Studio」はメタバースのためのデジタルファッションを制作・着用する場としていきたいと考えているのです。

「The Fabricant Studio」はどのようなことを可能にしていくのでしょうか。

私たちは、ファッションにおける創造の民主化に重要性を感じています。そしてこれは、私たちThe Fabricantにとっても重要な価値観です。
デジタルファッションの未だ若い歴史を振り返って考えてみると、デジタルファッションを作成するためには、CLO3Dのようなソフトウェアを使用しなければならないという、ユーザーにとっての苦痛がありました。ツールを使いこなすにはかなりの知識が必要であり、さらに自分の脳内にあるアイデアを表現する完璧な服を制作できるようになるには相当な時間を要します。私たちは、クリエイティブな能力を持って自分の服を作りたいと思っているのに、作ることが叶わない人々がいることに気づきました。そこで「The Fabricant Studio」では、誰でもどこでもデジタルファッションを共同制作し、それをプラットフォーム上で取引したり着用したりすることができる、これまでの状況を打破するための手段を提供することにしたのです。

画像: null

ユーザーの声を取り入れたプラットフォームの仕様

「The Fabricant Studio」の仕組みについて教えてください。

現状の仕組みでは、世界中のアーティストや3Dアーティスト、さらに私たちのコラボレーションブランドがまず、まっさらなマスター・ガーメントをプラットフォーム上にドロップします。その後、私たちがコー・クリエーターと呼ぶユーザーによって、マスター・ガーメントがカスタマイズされます。カスタマイズ時には、プラットフォーム上の様々なデジタルファブリックを用いることができます。

先日スタートしたファーストシーズンであるシーズン0では、50人のユーザーを招待しました。招待されたユーザーには、私たちが尊敬するクリプト界隈やブロックチェーン界隈の人々、メタバースをテーマに働くジャーナリストがいました。なぜなら、私たちは彼らの視点やフィードバックを欲していました。衣服デザインのソフトウェアの知識がない人たちが、デジタルファッションやNFTを制作している姿は本当に素晴らしく、デザインされた衣服もとても素晴らしかったです。

そしてマーケットプレイスは10月にオープンしましたが、ここでユーザーはNFTでの取引が可能になります。ファッションはアバターに着せることが重要であると考えているため、単にトレードされる写真とは異なり、これらの衣服は実用性を有し、メタベースで着用が可能です。現段階のモデルでは、Sandboxのゲームの中で着用できるようになっています。さらに現在、Unreal Engineと各シーズンのファッションショーを作っています。実用性は今後も探究していく予定ですが、初期段階のものを見て、これからがとてもエキサイティングになりました。

ゲームでの使用ができることはつまり、人間の形でなくとも着用できる衣服のデザインは可能なのでしょうか。

以前、ブロックチェーンベースのゲームのキャラクターの衣服の制作を、私たちのオーディエンス向けにコンテストの形で行いました。通常で私たちが配布している、胴体と腕と脚を持つ人間の形をベースに作成された型紙とは打って変わり、非常に変わった身体を持つエイリアンのようなキャラクターの衣服を制作するチャレンジです。サンプルとなる型紙を作成してオーディエンスに渡したのですが、とても意欲的にデザインを施し、夢中に取り組んでいました。全員が異なる美意識を持っていて、それぞれの脳内にある、これまで解放されてこなかった創造性を解き放つ、そんなコンテストとなりました。

ゲーム環境では、なりたい姿になることができ、私たちが慣れ親しんできた身体を構成する要素も広く開放されます。さらにそれを超え、もしかしたら流体でできている何かや、あるいはガスや煙でできている何かを考えて服を着せようとすることもできる。そうすると可能性は信じられないほど広がるとともに、とてもチャレンジングです。これはファッションについて今までにないようなクリエイティブなボタンを押す、これまでとは全く違う方法で考えさせられる挑戦だと思います。これらすべては現状、創造的なプロセスにおける進化の段階で、どこまで行けるのか、とても楽しみでもあります。

画像: null
画像: null
Discordでユーザーが交流しているとのことですが、どのように活用されているのでしょうか。

最近、Flowブロックチェーンの「Flow Fest」というFlowブロックチェーン上に構築された、新しいクリエイティブなプロジェクトを紹介するイベントに参加していて、気づいたことがあります。実は「The Fabricant Studio」はFlowブロックチェーン上に構築されており、長年の協力者であるCryptoKittiesのチームによるブロックチェーンです。Flowはプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake)を用い、環境に優しい方法でブロックチェーンをミンティングするのですが、これは環境に配慮してきた私たちにとって非常に重要な要素でもあります。プルーフ・オブ・ステークは歴史のある方法で、これによって二酸化炭素の排出量を約97%削減できると考えられます。

現在も「Flow Fest」は続いているのですが、その間も「The Fabricant Studio」のDiscordチャンネルにはクリプトの界隈の人々、NFTのファンなどのたくさんのフォロワーが新しく増えているのです。これまではクリエイターやアーティスト、そしてファッションの世界に強い関心を持っている人たちが中心であったので、オーディエンス層が変化してきたとも言えます。私たちの活動に興味を持ってくれる層が変化したのは素晴らしいことであるとともに、私たちの実践が広範囲に届いていることがよくわかります。
彼ら彼女らはゲーム環境で衣服を着用したいと考えているため、できるだけ多くの実用性を提供していきたいと考えるきっかけにもなりました。Discordで会話をしていて興味深かったのは、彼らからのフィードバックや質問は我々がこの分野で進むべき方向性に対する示唆を含むところです。これは、これまでのファッション中心のオーディエンスとは異なるニーズや視点を持つユーザーの心に響くようにするため、非常に有益なものです。ですからDiscordでは多様な意見を取り入れ、彼らに共鳴するようなコミュニケーションを取るよう心がけています。

さらにクリプト界隈のオーディエンスは、非常に協力的で忠実だということにも気づきました。彼らは、自分たちが尊敬するクリエイターを心から応援してくれます。そのようなオーディエンスに対して「The Fabricant Studio」が機能するよう、私たちが考えるべきことを教えてくれました。

現在そして今後の、ターゲットユーザーの想定はあるのでしょうか?

基本的に、誰でも参加してもらえます。メタバースは黎明期でDecentralandなど様々な仮想環境があり、誰もがバーチャル空間に入って交流できるようになっています。より完全に実現されたメタバースは、誰と話すかによっても変わるかもしれませんが、おそらく3年から5年先になるでしょう。なぜなら想定する対象によって、また技術的にどの位置にいるかにもよりますが、メタバースはある日はかなり近づいているように見えても、次の日には遠ざかっているように見えたりします。クリプトやブロックチェーンに関心のない人たちがメタバースを試し、親近感を覚え始めるのは、それくらいの時だと思います。

ユーザーが参加できていると感じられることは、とても重要です。有名ブランドが自分たちのプラットフォームに衣服をドロップする一方、3Dアーティストがカスタマイズのための衣服をドロップすることもあるわけです。プラットフォームにおいては、それぞれが対等な立場であることを認識することが重要だと思います。デジタルファッションの世界ではビッグブランドが私たちクリエイターよりも優位に立つことはありませんし、同じ土俵に立つことができるようにするよう設計する必要があります。デジタルファッションにおいて、私たちは互いに共同制作者であり、もっと言えば仲間であり、お互いを見下すようなことは決してしません。ですから、このようにユーザーが感じることのできる環境を作ることが、とても重要なのです。
現段階では、オーディエンスにも同じように、決して彼らを見下しているわけではないということ、そして私たちは彼らの協力者でありインスピレーションの源だと伝えています。彼らのフィードバックは、大きなブランドから得られるものと同じくらい重要です。また他方で、このスペースで創作活動を行っているブランドは、これが彼らにとって新しいスペースであることを理解しています。​​誰にとっても新しい環境なのです。実際のファッションの世界とは明らかに違うので、彼らがその哲学を真に受け入れているのを見るのは、本当に嬉しいことです。

シーズン0ではアメリカの伝統的なワークウェアブランドであるDickiesに参加してもらいましたが、彼らは3Dデジタルファッションの世界に入ることにとても喜んでいました。クリエイターから学び、社内での新たな対話が生まれ、このような新しい環境が広がっていく様子を垣間見ることができました。

画像: null

新しいファッション・エコノミーの創造

シーズンは今後、どのように拡大していくのでしょうか。

最初は2-3ヶ月ごとにシーズンを設ける予定です。シーズン0は9月にローンチし、初期ユーザーとして50人を招待しました。11月末にローンチするシーズン1では、未だユーザーを選別しているのですが、シーズン0より多くの6000人程度のユーザーを招待する予定です。かなり大規模なシーズンになりますが、ここでは誰もが服を作ることができ、本当に素晴らしい体験をすることができることを示していきたいと考えています。その後は、オーディエンスとNFTの数を増やし、プラットフォームのマーケットプレースを拡大していく予定です。
このように段階的な計画を立てているのは、最初から手綱を緩めてしまうのではなく、誰もがその体験を理解できるように管理し、構造化する必要があると考えているためです。最終的にウェアの取引を行いたい人もいれば、それを維持したいと考えている人もいるでしょうし、もちろんマネタイズしたいという人や様々なゲーム環境で着用を行いたいという人もいるでしょう。

私たちの行っていることの大部分は、民主化のアイデアを広げて創造的な参加を可能にする、新しいファッション・エコノミーを創出することだとも言えます。これはファッションにおいて、新しい考え方でもあると思います。歴史的に見ても、ファッションのバックグラウンドのない人がアトリエに招待され、共同クリエーターないしはデザイナーとして共に創作することはなかったように、ファッションは民主的なプロセスを踏んではきませんでした。そのため、この参加可能であるという側面からも新しいアイデアであり、私たちは慎重にこれを実行に移しています。

他方で、クリプトやブロックチェーンの世界で言われるような、分散化という価値観にはとてもよくマッチしています。ですから私たちは、クリエイティブな活動からトークンを使った活動まで、すべての考えを集約しようとしています。まだ流動性はありませんが、ガバナンストークンとなるトークン、FBRCコインを導入する予定です。
これには「The Fabricant Studio」に参加した人が、アーティストとして誰を参加させるか、どのようなデザインを追加していくのか、プラットフォームをどのように運営するかなどの意思決定に参加可能となることも含みます。初期段階では、プラットフォーム上での貢献や発明に応じてトークンが約1000FBRC与えられることになっています。そしてミントすればするほど、参加すればするほど、多くのガバナンストークンが付与され、私たちとともにプラットフォームの運営をすることができるようになります。

このように、私たちが「The Fabricant Studio」を通じてやろうとしていることは、ユーザーが私たちと一緒にデジタルファッションを共創していくだけでなく、プラットフォーム上で行う全てのことを共創していく環境を築いていくことなのです。

画像: null

そして、最終的な私たちの野望は、メタバースのすべての市民にデジタルウェアを着せることです。これは同時に私たちのビジョンであり、目指していることでもあります。ですから、全ての人が、というのはありきたりにも聞こえますが、「The Fabricant Studio」を通じて皆さんが服をデザインし、着用することができるようにすることが、私たちがメタバースのワードローブを作っている理由です。そして、その環境では、誰もが自分の選択した表現に応じて着用する衣服を選択することができるはずです。ビジネスの場面のようなプロフェッショナルなバーチャル体験の場合は、少し地味なものを選ぶかもしれません。しかし、デジタルコンサートなど、形式にとらわれないバーチャルな体験の場では、もっとワイルドに、表現を自由にして、物理的な世界では不可能なものを身につけることができるでしょう。この変化が可能になることは、クリエイティブな面でもとてもエキサイティングだと言えます。

その一方で、現段階ではメタバースに参加したり、NFTやブロックチェーン、クリプトに参加したりすることに、少し圧倒されている人もまだいるかもしれません。ですから、現在からより完全に実現されたメタバースまでの間にデジタルファッションの可能性が開花し、誰もが参加できると感じられるようにしていく必要性も感じています。だからこそ、私たちは手段を提供することで誰でも参加でき、それが今すぐ可能であることを明確に示していきたいと考えています。

世界初のデジタルファッションハウスとして、今後どのようにこのスペースを先導していきたいと考えていますか。

私たちは、この分野をリードする際立った存在でありたいと考えています。独裁的になることなく、私たちの視点や信念を伝えつづけていきたいとも考えています。私たちが2018年に活動を始めたとき、デジタルファッション業界は存在していませんでした。それだけでなく、このことについて話す相手もいませんでした。
ですから、この領域を切り拓いていくことは、明らかに私たちの意図したところでもありました。そして私たちは創業し、自分たちが存在するための業界を作り、今では多くの人の参入やその成長を見ています。

私たちは現在、ファッション、ゲーミング、ブロックチェーン、クリプト、クリプト・アートの世界で活動していて、新しい生態系の一員であると考えています。もちろん彼らは皆、デジタルファッションに対して異なる考えやアイデアを持っていますし、The Fabricantはそのなかのひとつの美学にすぎません。会社が違えば、まったく違う美学が生まれます。言い換えれば、全てのプレーヤーが探索できる幅があるということです。
私たちはこの業界を先導していくことに責任を感じてはいませんが、この分野のリーダー的存在でありたいと思っています。最近では多くの若い企業からメールをもらい、自分たちも会社を立ち上げると報告を受けるのはとても嬉しいことです。繰り返しにはなりますが、独裁的ではなく、誰もが参加できるような貢献をしていきたいと考えています。

Text by Hanako Hirata

#3DCG
LINEでシェアする