2022.09.22

ファッションNFTの「未来予想図」とは? THE DEMATERIALISEDの創業者が描く世界

ファッションNFTで注目を集めるTHE DEMATERIALISEDザ・デマテリアライズド)。創業者Karinna Nobbs(カリーナ・ノブス)とMarjorie Hernandez(マジョリー・エルナンデス)は、ファッションNFTに特化する背景にどのような企業戦略を持っているのか、NFTをどう分析しているのか。

以下の前回記事に引き続き、今回はその「未来予想図」までカリーナさんに語っていただいた。

ファッションNFTを購買する3つのグループ

NFTは、多くの人にとって新しい概念だと思いますが、どのような人々が現実的な商品でなく、仮想の商品を選ぶのでしょうか?

購買層は、大きく3つにグループ分けできます。

第1のグループは、「暗号ネイティブ」と呼ばれる層です。既に他の暗号を保有、取引、売買の経験があり、「暗号ファッション」というよりは「暗号アート」への投資と考える人たちです。

次のグループは、「ファッション業界のお客様」で、当社のNFTマーケットプレイスのみならず、デジタルファッションを扱う競合他社も含めて、初めて購入される方が多いというのも特徴です。

最後は「ゲーマーのグループ」ですが、そこは少し偏りがあるようです。ゲーム業界には既に膨大な数の人々とプラットフォームがあり、それぞれの仕組みやゲームエンジンなどが異なるため、従来のゲームオーナーはNFTがあまり好きではないようです。「NFTを我々のプラットフォームに統合することに興味はない」と。

しかし過去に否定的であったTim Sweeney(ティム・スウィーニー、EPIC GAMES 創設者かつCEO)が、今では肯定的な意見に変わったように、このグループにも動きが出ているようです。

暗号ネイティブ、ファッショニスタ、ゲーマーは、それぞれ異なる目的でNFTを購入しているのでしょうか?

購買層によって、購入の動機に共通点と相違点があるようです。

クリプト(暗号)の顧客は、目利きやコレクターとしての要素、そしてNFTを購入して将来的に何が得られるかを確認するという投資家としての考えがあると思います。

ファッションの顧客にとっては、実験的な要素が強いようです。Web3のURL環境の中では、物理的な障壁もなく、自分がなりたいものになることができます。つまり、メタバースやデジタル環境でお金を使う、オフラインの自分とオンラインの自分という二重人格が存在するようなものです。多くの人が、「メタバースのクローゼットは、日常のクローゼットよりも実験的でアバンギャルドだ」と言っています。

私たちがこれまで一緒に仕事をしてきたブランド、レベッカ・ミンコフやカール・ラガーフェルドのように、特定のスペースで何かを最初に所有することで、そのコミュニティの一員であること、ブランドへの忠誠心を示すためにNFTを購入する人も多くいます。

ブランド側としても、真のコミュニティ価値を創造するために、私たちと一緒に仕事をすることにとても意欲的です。カール・ラガーフェルドはトップクラスのお客様をパリのイベントに招待し、レベッカ・ミンコフは手書きのメモとギフトカード、そして彼女の作品やインスピレーションについて話すための招待状を全員に送りました。

ゲーマーのグループは、その環境内で目立つようなアイテムを身につけたいと考えるのが起点のようです。特に高級品であれば、ステータスや目利きなどを示すこともできるし、自分のスキルレベルのアピールもできるのでしょう。もちろん、コミュニティとしての要素もあります。ブランドやスタイルを身につけることで、特定のグループに属することができるのです。

画像: Athena by Rebecca Minkoff
Athena by Rebecca Minkoff

ファッションNFTを知ってもらうために

まだファッションNFTを知らない人たちに、もっとこのマーケットを知ってもらうための戦略はありますか?

マーク・ザッカーバーグがFacebookをMetaにブランド変更することを発表して以来、人々の心は動き始めています。Meta環境で、さまざまなアバターの姿が見られるようになって、面白いですよね。

私の夢のひとつは、自分の好きなヴィンテージファッションをホログラムとして家に飾ることです。その商品をより身近に感じ、骨董品のコレクターと同じように、自分がどれだけその分野に詳しいか、目利きを発揮できる資産として考えるのです。

ファッション業界の顧客は、まずはデジタル製品を身に付けるための場所を必要としています。例えば、バーチャルギャラリーやメタハウス、ARといったように、自宅やオンラインで商品を展示できる場所があれば、多くの牽引力とムーブメントが生まれるはずです。

ARメガネは、携帯電話やZOOMで見るよりもっと簡単な方法なので、誰もが固唾を飲んでその進化を待ち望んでいます。今は厚化粧や洋服を重ね着したかのように、まだ少し不恰好な技術ですが、そう遠くないうちに、多くのお客様に興味を持ってもらえるかたちになっていくと思います。

最近のニュースで、ナイキとアディダスのNFT売上ランキングをご覧になった方も多いと思いますが、認知度の高い、いわゆるメインストリームブランドで、お客様が購入しやすいような商品を作ることにより、NFTもニッチからメインストリームになっていくでしょう。

この未来に期待する人がいる一方で、メインストリームのファッション誌がNFTのローンチについて記事を書くと、「ハードコアファッション」のオピニオンリーダーは否定的な意見を寄せてきます。こういった人たちを改心させることも、私たちのミッションです。

「ファッション」x「NFT業界」の可能性

ファッション業界では、ブランドへの忠誠心が重要な要素だということですが、THE DEMATERIALISEDの背後にあるブランドメッセージはどのようなものですか?

私にはビジュアルマーチャンダイザーというバックグラウンドがあるので、様々なラグジュアリーブランドやメインストリームブランドと一緒に、購入したくなるような魅惑的な環境づくりを考えています。つまりコミュニティスペースです。

社会学に「サードプレイス」という用語があり、「第1の場所」は自宅、「第2の場所」は生活や仕事の場、「第3の場所」は余暇を過ごす場所です。従来の環境を考えると「第3の場所」はショッピングモールやアートなど、何らかのレジャーを楽しむ場所で、例えばラグジュアリーブランドは店内にアートやカフェを設置して、人々を「第3の場所」に引き込む工夫をしています。

ソーシャルメディアの進化に伴い、特にInstagram、TikTok、Snapchatといったソーシャルメディアが「サードプレイス」になっていることがわかります。Web3も同じですね。次世代ではこうしたメタバース環境が、いわゆるコミュニティ環境になっていくのでしょう。

つまり私たちは、ファッションNFTを発見し、体験し、利用するためのデスティネーション(目的地)を作りたいのです。今は2Dに少し3Dを取り入れていますが、将来はその中に入って、ウェブの4次元体験をしてみたいと思っています。

今後、NFT業界には、どのような可能性があるとお考えでしょうか?

今はまだニッチな世界なので、可能性は大きいと思っています。誰もが知っているわけではありませんし、懐疑的な意見も多くありますが、私の個人的な予想では、今後私たちが購入するもの、特に物理的にも購買意欲の高い家や車、絵画などは、ほとんどNFTになるのではないかと思っています。

私はNFTの長所を、2つの側面から考えています。お客様の視点からすると、サステナビリティ(持続可能性)と透明性、商品の出所がはっきりしているのはありがたいことでしょう。誰が作り、誰が所有しているかという情報がすべて公開されているため、史上最高の「領収書」になるということです。NFTにメタデータを埋め込むことで、素晴らしい可能性が生まれるのです。

一方、デジタルアセットのクリエイターにとって、NFTは「D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)」の延長線上にある、とてもエキサイティングなものです。ソーシャルメディアとeコマースが普及したこの10年間を考えてみると、アーティストも、ファッションデザイナーも、シンガーソングライターも、自分の作品を最終消費者に直接、効果的に販売することができるようになったわけです。

NFTは、それを実現するための手段なのです。NFTは私たちが顧客に販売するという一次的な販売だけでなく、その後、各々が販売し合うことができるのが魅力です。それによって、クリエイターがロイヤリティを得る可能性もあるのです。

かつてファッション業界、すなわちコンセプトストア、百貨店のバイヤー、そしてファッションエディターにとっては、「どのブランドが成功するかは広告主にかかっている」という暗黙の了解がありました。しかし「D2C」の方程式ができた今では、ネットワーキングのようなソーシャルメディアに長けていれば、マーケットプレイスで情報と顧客を得て、新しい収入源を作り出すことができるようになるのです。

加えて、ゲームやメタバース環境を関連付けようとする動きが始まっています。たとえば、NFTを買ってメタバースのイベントに行くと、トークンがもらえたり、見られていることでロイヤリティをもらえたりします。「身に付けているとご褒美がもらえる」というのは、とても面白いことでしょう。ARでもそのような方法が可能になっていくはずです。

画像: DMAT x Pepa Paris
DMAT x Pepa Paris
物理的な物に対して、バーチャルな物を作ることで、いろいろ可能性が広がりそうですね。

ええ。クリエイティブという観点からすると、フィジカル(物理的)に不可能なことでも、デジタルでは可能なことがたくさんあります。

伝統的なファッション業界にも、Iris van Herpen(イリス・ヴァン・ヘルペン)など、Central Saint Martins(セントラル・セント・マーチンズ)のようなファッション大学から生まれたアバンギャルドなデザイナーもいます。

彼らのデザインは「商業ファッション」の類ではなく、かつては、百貨店と契約して特定のコレクションとして売り出すこともできず、オーダーメイドで稼ぐしかなかったのです。

しかしNFT、デジタルファッション、メタバースによって、これまで不可能だった収入源を生み出すことが出来るようになりました。彼らにとっては完璧なツールが整ったというわけです。

歴史的にお金を稼ぐことができなかった人や、廃業したりしたデザイナー、または彼らのデザイン権利を所有している人も再生される可能性があります。アーカイブのデジタルファッションは、非常にエキサイティングなものになるでしょう。

ファッションNFTはメインストリームへ

伝統的なファッション業界で成功するのは難しくても、別の可能性があると。

そうですね。今のところ人工知能(AI)をファッションデザインに応用することはあまり見られませんし、その可能性についてはいろいろ議論されています。怖がっている人もいれば、興奮している人もいます。

ファッションNFTはジェネレーティブ(人間とコンピューターが共同で作り出すデザイン)、かつコンポスタブル(最終的に再生利用が可能な有機廃棄物)といえます。今はプラスの面だけ捉えて、「流行」が過ぎ去ってから手放せば、それで良いでしょう。メタバースには季節もないし、年齢相応の服もありません。新しいファッションの体験が実験できるのです。

新しいファッション文化のようなものですか?

ええ、その通りです。今のところ、ちょっとアンダーグラウンドな感じですよね。

現在のデジタルファッションは、少々「同じようなもの」に見え過ぎていると批判されています。そこで私たちは、サイバー、シャイニー、リキッド、ファイヤーといった概念の中で、特に「cyberpunk(サイバーパンク)」的な美学を取り入れていきたいと思っています。クリエイターが増え、ファッションスクールでも3Dをカリキュラムに取り入れるようになったので、ファッションブランドも本社に3D担当者を置くようになってきました。

3Dが、フィジカルファッションと、デジタルファッションの実践に組み込まれると、数多くの「デジタルファーストブランド」が誕生するでしょう。旧来のブランドは、生産工程に3Dチームを組み込んで、さらにレベルアップしていくでしょう。

これらは、ニッチからメインストリームへの道程で起こるべきステップです。とても楽しみですね。

画像: 左から:創業者Karinna NobbsとMarjorie Hermandez
左から:創業者Karinna NobbsとMarjorie Hermandez

******
今秋のニューヨークファッションウィークでは、「Keys to NYFW(ニューヨークファッションウィーク)」というNFTが話題になった。NFT購入者には「実際のファッションショーに参加する」、もしくは「ブランドの限定品を入手する」という2つのオプションが与えられた。すなわち、これまでプレス、バイヤーなどの業界関係者やごく一部のインフルエンサーのみに限られていたファッションウィークに、一般人のアクセスを可能にしたのだ。

まだまだ発展途上にあるファッションNFT市場がどのように変化を遂げていくのか、今後に注目だ。

(※トップ画像:IC-0 PHYGITAL DIMENSION HOODIE)

Text by Max Agency Co., Ltd
LINEでシェアする