Fashion Tech News symbol
Fashion Tech News logo
2023.03.09

Timberlandの「イエローブーツ」と共に歩んだ50年を探る

Timberland(ティンバーランド)」といえば、1973年に発売され、今年で50周年を迎える「6インチ プレミアム ウォータープルーフ ブーツ」、通称「イエローブーツ」が有名だ。まさにブランドを代表するアイテムと言える。

長い歴史のなかで、Timberlandを語る上で欠かせない3つの揺るぎない定番アイテムを、VFジャパン株式会社のティンバーランドマーケティングエグゼクティブである大木文太さんに、ブランドのルーツを交えながら紹介してもらった。

「Timberlandは、アメリカ・ニューハンプシャー州で1973年に創業しました。創業者の『ネイサン・シュワーツ』は、1950年代に『アビントン・シュー・カンパニー』という会社を買収し、そこから靴屋を営んでいました。そして、『イエローブーツ』が発売されたのと同じタイミングで、Timberlandというブランドもスタートしました。

この『イエローブーツ』は、完全防水ブーツとしてリリースされました。1970年代に完全防水をうたったブーツというのは、世界初の革新的なアイテムだったことは間違いありません。その後、1978年に社名もTimberlandへと変わっていきました」

画像: null

唯一無二にして定番中の定番「イエローブーツ」をさらに深掘り

「土地柄、『イエローブーツ』は山用のワークブーツとして需要が多く、生活では欠かせないアイテムとなっていまして、そこが原点になっています。

創業者が強い意志を持って、防水でなるべくタフなものを作りたいと考えた結果、このブーツはヌバックにシリコンを染み込ませ、防水効果を高めるという独自の方法で開発されました。

さらに、インジェクション製法といって、底材となる液状の原料を金型に注入してソールを成型するとともに、アッパーに圧着する製法を採用しています。この作りは手縫いの靴のように水が侵入する恐れがないという特徴があります。

インナーにはPrimaLoft®(プリマロフト®)という保温性に優れた素材を採用し、シューレースを締め上げて履くと暖かさも確保できる構造になっています。

春夏の透湿性、秋冬の暖かさという側面を合わせ持ち、そもそもシリコンを使った手法の防水ブーツというのは他にはなく、唯一無二のアイテムといえます。

その後1990年代に入ると、HIPHOPシーンで『イエローブーツ』が爆発的にブームとなり、Wu-Tang Clan(ウータン・クラン)、Gang Starr(ギャング・スター)、Nas(ナズ)、2pac(2パック)、Eminem(エミネム)など、世界的なスターたちがこぞって履いてくれました。

ブランドにはファッションアイコンとしての存在が不可欠ですが、Timberland愛用者には音楽に精通している方々が多く、ブランドとしてもそのルーツを大切にしていきたいと思います」

日本でのブームが印象的な「3アイレット」

Timberlandを語る上で欠かせないのが、ボートシューズの「3アイレット」と呼ばれる「スリーアイ クラシックラグ」だ。この「3アイレット」シューズには、「イエローブーツ」とは異なるストーリーがある。引き続き、大木さんにお話を伺った。

「1970年代、海辺や港で使う靴として、ボートシューズは必要とされているアイテムでした。Timberlandでもオリジナルでレザーシューズを作れないか、ということで最初は一般的な2アイレットの『2アイボートシューズ』というアイテムがリリースされました。

その後、よりTimberland独自のアイテムを作りたいということで、『イエローブーツ』と同じオリジナルソールを使った『3アイレット』というアイテムが1978年にリリースされました。

『3アイレット』は、もちろんアウトドアやワークシューズとして十分通用するアイテムなのですが、ファッションアイテムとしても評価が高く、特にここ最近は人気が再燃しています。

もともと日本では1990年代の渋カジブームというものがありまして、紺のブレザーにフレアデニム、それに『3アイレット』を合わせるというスタイルで人気が出ました。最近では、シティボーイ的なテイストで紹介されることが多いです。

モカシン部分は手縫いで縫っており、オイルドレザーを使っているので、履くほどに味が出るアイテムです。

現在、このシューズはもちろん世界中で販売されていますが、最も特筆すべき点は、日本でのヒットが世界的な成功につながっているということだと思います」

「フィールドブーツ」ビーブロという通称のきっかけ

Timberlandで3つ目に注目したいアイテムは通称「フィールドブーツ」と呼ばれる「ウォータープルーフ フィールド ブーツ」だ。

このアイテムは、「イエローブーツ」と同じイエローヌバックを使ったカラーもあるが、今回お話してもらうのは「ビーブロ」と呼ばれるカラー。このアイテムは先の2つとはまた違うきっかけがあり、話題となったアイテムだという。

「このビーブロという通称は、ニューヨークのアンダーグラウンドでヒップホップをやっている人たちが『ビーフ&ブロッコリー』と言い出したことから始まりました。加えて、その後アメリカのチャイニーズレストラン、パンダエキスプレスの人気メニュー『ビーフアンドブロッコリー』とカラーリングが似ていることからさらに広まり、通称として定着しました。

それを日本で広めてくれたのが、吉祥寺のセレクトショップ『The Apartment Tokyo』(ジ・アパートメント・トウキョウ)のオーナー、大橋高歩さんという方です。

ニューヨークのファッションカルチャーに精通している彼が、日本でビーブロという通称を広めてくれたのです。

もともとは定番色のイエローヌバックが、マカロニチーズという通称で呼ばれていたことも、ビーブロが浸透するきっかけの1つとなりました。このビーブロは日本では復刻されることがなかったのですが、去年15年ぶりに限定販売されました。リクエストは根強くあったので、待望の復刻として話題となりました。

もともとのブランドのバックグラウンドとしては、ワークとアウトドアというキーワードがあるのですが、こちらのモデルもHIPHOPカルチャーというものが切り離せない存在になっているところがあります。『イエローブーツ』と同じようにシリコンで防水加工されたレザーやTimberDry™、PrimaLoft®を使っており、防水性と快適な履き心地を体感できるアイテムです」

画像: ウォータープルーフ フィールド ブーツ 19,800円(税込)
ウォータープルーフ フィールド ブーツ 19,800円(税込)

「イエローブーツ」誕生50周年を記念したプロジェクト「FUTURE 73」

ここからは「イエローブーツ」50周年のお話を伺った。

「今年1年かけて行われる『FUTURE 73(フューチャー 73)』とは、『次の50年に向けて新しいことをやっていこう』という試みで、6人のデザイナーやアーティストを招き、それぞれが独自の視点で再解釈した全7種類の『オリジナルイエローブーツ』を展開するコラボレーションプロジェクトです。

参加デザイナーはSamuel Ross(サミュエル・ロス)、Edison Chen(エディソン・チェン)、Humberto Leon(ウンベルト・レオン)、Nina Chanel Abney(ニーナ・シャネル・アブニー)、Suzanne Oude Hengel(スザンヌ・オーデ・ヘンゲル)、Christopher Raeburn(クリストファー・レイバーン)というメンバーです。

先日、この6人をニューハンプシャー州にある本社に招待し、発表させていただきました。この特別な『イエローブーツ』は3月から発売され、徐々にリリースされます。そのほか、日本でも独自でこの50周年を盛り上げる施策をいろいろと考えています」

画像: FUTURE 73に参加する6人のデザイナー、アーティスト
FUTURE 73に参加する6人のデザイナー、アーティスト
画像: FUTURE 73のためにデザインされたオリジナルイエローブーツ。現在は6パターンが公開されている
FUTURE 73のためにデザインされたオリジナルイエローブーツ。現在は6パターンが公開されている

「イエローブーツ」は現在もディテールはほぼ変わっておらず、白ステッチやハニーソールと呼ばれるオリジナルのソールも、基本的には1973年のそのままのものを作り続けている。今も昔も愛されている名品だ。

50年という歴史の中で、アメリカや日本はもちろん、世界中で愛されるシューズブランドに成長したTimberland。今後も注目したいブランドである。

PROFILE|プロフィール
大木 文太(おおき ぶんた)
大木 文太(おおき ぶんた)

VFジャパン(株)テンバーランド
Marketing Executive/Energy Marketing
1991年生まれ。大学を卒業後、アパレル商社で5年ほど営業を経て、2019年にVFジャパンに入社。入社当初はWhole Salesチームとして営業を担当していたが、2021年よりEnergy Marketingに異動。CollaborationプロジェクトやPR案件の担当をしている。

LINEでシェアする