2021.05.27

空間の熱の分布を可視化する「Wave of Warmth」:機能性と美を両立するテキスタイルへの挑戦

heroImage

ZOZOグループで初めてのテキスタイル開発であるProject Foil。株式会社 細尾ならびに東京大学大学院情報学環 筧康明研究室と共に取り組んだ「機能性と美を両立する新規テキスタイルの開発に関する共同研究」においては、伝統工芸と先端素材およびインタラクション技術を組み合わせた作品が生み出された。現在、開催中の成果展示「Ambient Weaving ── 環境と織物」 では、環境温度による色彩の変化、コンピュータ制御による 有機ELを織り込んだ生地の発光、紫外線照射による硬化など、5つの作品が公開されている。

今回は、熱によって色が変わるロイコ染料というものを用いた「Wave of Warmth」を紹介。作品のコンセプトや制作プロセスのドキュメンテーション映像を、お楽しみください。

#Smart Textile
LINEでシェアする